FC2ブログ

NGC6357




5月11日M17を撮影後 さそり座の散光星雲NGC6357にレンズを向けた
この散光星雲はその形から彼岸花星雲と呼ばれる 今回初めての撮影だった
撮影時刻は1時50分から2時40分まで 湿気が多かった
撮影を初めてしばらくした時 南の空が突然明るくなった

肉眼では星が見えないのだが晴れていたのでカメラにはさそり座の形がわかるように写っている
0290004200.jpg

ハウスの電照が点いていない時と点いたときでこんなに違う
0290004201.jpg

光害がある時の1枚の写真 これが10枚撮影できてた
0290004202.jpg

電照が消えていれば この写真は8枚あった
0290004203.jpg

結局電照が無い暗い時に撮影できたのが8枚だったので その8枚をコンポジットした
撮影条件はM17と同じで600ミリF7.1ISO3200 150秒露出
合成画像は下のようになった 赤を強調したので結構はっきり写った
0290004199.jpg

暖かくなったのにまだハウスの光害がある たぶん今度は苗を育ててるのだろう
近くに出目金星雲というのもあるらしい 次回狙ってみよう
もうすぐ梅雨にはいるから7月後半から8月になりそうだ




M17散光星雲




5月11日真夜中午前0時22分から いて座の散光星雲M17を撮影開始
オメガ星雲とか白鳥星雲とも呼ばれる明るい散光星雲だ

撮影は0時22分から午前1時30分まで
いつものシグマ望遠ズームの600ミリで絞りはF7.1 カメラはIR改造済のX7i
赤道儀はSWT350ポータブル赤道儀にM-GEN使用 それぞれ露出時間は1枚2分30秒
28枚撮影した写真をステライメージ8でコンポジット合成した
0290004198.jpg

この後 あともう一か所撮影しようと試みたが イチゴ栽培ハウスの照明がついて南空が明るくなった
その映像は明日発表する




佐伯市市街地空撮パノラマ




凧から空撮した静止画はどうしても傾きがそれぞれ違うので横につないでパノラマにするのは
とても難しい技である

先日撮影したS90を使って撮影した空撮写真をパノラマ写真にしてみた 少し無理があるが
迫力ある空撮パノラマになったと思う
パノラマ ←文字をクリック
kpbanjyou5.jpg

これら空からのパノラマをまとめたページを見る事が出来る
空撮パノラマページを開く ←こちらをクリック




S90で撮影試験




長年空撮に使ってきたコンパクトデジカメが使えなくなったので
新しく 他のデジカメに交換した その撮影テストである

テストした日は天気はいいが靄がかかった日だった 遠くは霞んでいる

その写真からいくつか披露する 以前のIKXYより高級なPowerShotカメラなので当然写りがいい

画面中央は小さいが津波避難タワーである
10日には日向灘沖が震源の地震があった佐伯市は震度3くらいだった 昨日11日もその余震があった
いつかは 巨大地震が起きる事があるだろうが 
0290004190.jpg

0290004191.jpg

0290004192.jpg

0290004193.jpg

0290004194.jpg

0290004195.jpg

0290004196.jpg

凧はデルタカイトで試験した とても安定していた
0290004197.jpg

この日は空中に微粒子が多かったのだろう一日空が靄っていた





M101渦巻銀河




5月7日昼間は最高の青空だった 午後10時頃までこの天気は持ちそうだった
午後8時すでに北斗七星は天の真上にあった 時の過ぎるのが早く感じる

カメラレンズではなかなか撮影するのが難しい淡い渦巻銀河M101を撮影した
カメラはKissX7i ポータブル赤道儀SWAT350 M-GENで一軸自動ガイド
レンズはシグマ望遠ズームの600ミリで絞り7.1 2分30秒の露出を午後8時4分から
午後9時48分まで40枚撮影できた

その40枚の写真をステライメージ8でコンポジット合成した
0290004187.jpg

カメラレンズなので これが精いっぱいだ
渦巻部分をトリミングしたのが下の写真 正面をこちらに向けた銀河だ
0290004188.jpg




カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数