東北3大桜「弘前」「角館」「北上展勝地」を周遊



退院後 記憶があいまいになる前に今回の旅行をブログに毎日少しづつ書いてみた
今回東北ツアーに参加させる気になったのが この某旅行会社のチラシである
0290001461.jpg

4月24日出発の旅を妻と二人参加で申し込んでいた
ところが24日出発当日の朝熱がでてしまった もうキャンセルも間に合わない
車は妻に運転させて早朝6時自宅から大分空港へ向かう 大分空港は佐伯市から遠いので不便だ
一番の羽田行きJAL便で大分空港を定刻に出発 天気は晴れ
0290001463.jpg

宇和島市
0290001496.jpg

高知市
0290001497.jpg

御前崎
0290001498.jpg

富士山が左に見えた
0290001464.jpg

東京湾アクアライン 東京に近づくと大分県に比べ空気も水も汚いのが良く分かる
0290001499.jpg

0290001500.jpg

羽田空港
0290001501.jpg

九州・山口・四国から参加したツアー客参加40人が羽田空港に集合午前10時バスで出発した
最初に着いた景勝地が三春滝桜である
福島県三春町の樹齢千年以上のシダレザクラの大木であった
0290001469.jpg

写真ではよく見るこの桜の前に来たのだ
0290001470.jpg

0290001473.jpg

0290001474.jpg

最初の宿泊地宮城県秋保温泉のホテルに到着 食事はほとんど喉を通らない 舌の味覚がおかしい
0290001475.jpg

ところがここのホテルの暖房施設が旧式でコントロールできず全然寒い 結局押入れの中のふとん全部引きずり出して
ひっかぶって寝たのだ
0290001476.jpg

翌朝ホテルの裏を見ると磊々峡という渓谷だった
0290001477.jpg

ホテル近くのこけし工房を見学
0290001478.jpg

0290001504.jpg

バスはどんどん北へ遠くの山並みは雪で真っ白だ
0290001479.jpg

岩手県北上展勝地で桜見物 こんなに長い桜並木は初めてであった
0290001480.jpg

盛岡市である
0290001502.jpg

盛岡市内の昼食会場である
0290001482.jpg

ここでは名物盛岡わんこそばを食べた このソバだけは12杯食べる事が出来た
0290001481.jpg

ついに本土最北の青森県の弘前市に到着である

満開の桜のトンネルを歩く動画


なんで青森に広島の屋台が出ているのだろう
0290001483.jpg

弘前城の桜も満開だった
0290001484.jpg

脚が重かったが天守閣にも登った
0290001485.jpg

天守閣から津軽富士
0290001505.jpg

0290001503.jpg

弘前城にはいろんな桜が植えられていた
結局この2日目に歩いた歩数は16000歩に達した きつかったはずだ
0290001486.jpg

弘前を後にしホテル安比(あぴ)グランドに暗くなって到着
売店でバッファリンを見つけて飲む ここはシーズンが終わったスキー場のようだった
ここでも全く食欲が無かった 空調設備はここが一番良かったがホテルが広すぎた


翌日角館の桜と武家屋敷見物 あいにくの雨だった
0290001487.jpg

桧木内川堤防の2kmの長さの桜のトンネル
0290001494.jpg

角館から最後の宿泊地蔵王温泉へ ここのホテルも暖房設備が駄目だ 音がうるさいし暑すぎて止めると寒い
ここのホテルもやはりスキー場の傍だった
0290001488.jpg

最終日 置賜桜回廊の一つ烏帽子公園に向かう 少し小高い場所だった
0290001489.jpg

もう羽田空港に戻るだけだ 途中のサービスエリアが変わっていた
鬼平江戸処という昔の関所を真似して作ったサービスエリアであった
0290001495.jpg

0290001490.jpg

やっと東京に戻って来た 推測だがバスの移動距離は4日間で1700kmくらいはあっただろう
北海道一周より長くバスに乗っていた気がする
0290001491.jpg

最終の大分空港行へ搭乗する
0290001492.jpg

夜景が写るか試したが コンデジではぶれて駄目だった
0290001493.jpg

結局帰りも妻の運転で自宅に帰り着いたのは午後11時45分だった
翌朝すぐ病院へ 肺炎と診断されそのまま入院となったのだった

3月頃から 今回の旅はおそらく自分の人生で最後の旅となりそうな予感はしていた
それでも熱があるのにツアーに参加したのは 一度は東北の桜をこの目で見たかったから 
桜に関しては満足だった 九州では見られない風景だった ただ東北も九州も田舎の風景はどこも一緒だった
雪の多い地方は瓦屋根の家が無い事くらいが違いのようだった
熱の為食事がほとんど食べられなかったのが残念だが 九州の方がご馳走が多いと思う
18日間の入院生活でやっと自宅に帰ることが出来た 脚の筋肉も衰えてしまった しばらくは自宅療養だ
階段はきついが ほとんど寝ていたので腰の痛さは今は無い 月末にもう一度肺の検査をする事になっている





続きを読む

死にかけていた

入院中のベッドで、NHKガッテンを今見た。
健康寿命の話で、血液検査項目のCRPの数値の話だった。
先月末の自分の数値は22.9だった、今日主治医の先生から、本当に死にかけていたと聞かされたのだが、大げさと思ったのだが、番組を見て本当に、死の一歩手前だった事を知った。
もう少しで退院できそう。
ドクターのおかげで過去何度も命を助けてもらっています。

入院中

只今このブログを、更新できない
4月末から肺炎で入院中です。
しばらく休みます。

新緑が素晴らしい




4月23日 山が光り輝いている
自宅裏の田んぼから21日空撮した時は曇り空だったが 全くこの日は違った快晴でしかも空気が澄んでいる
風は不安定だが どうしてもこの新緑を記録しておく為に空撮してみた
0290001443.jpg

凧が不安定で画像がぶれるが 緑色が最高にきれいだった 山が輝いていた たぶん紫外線が多いはずだ
0290001444.jpg

0290001445.jpg

0290001446.jpg

0290001447.jpg

0290001448.jpg

0290001449.jpg

0290001450.jpg

0290001451.jpg

0290001452.jpg

0290001453.jpg

0290001454.jpg

0290001455.jpg

0290001456.jpg

0290001457.jpg

0290001458.jpg

0290001459.jpg

0290001460.jpg


前日撮影した佐伯市蒲江の名護屋湾の周りの新緑も綺麗だった
新緑の名護屋湾パノラマ写真 ←クリック
nagoyawan2.jpg

堅田八幡社前からパノラマ ←クリック
katatahatiman.jpg





自宅周辺空撮




1年で最も季節が輝いてみえるのは今頃だ
山に新緑が目立ち田に水が入り美しい

4月21日 我が家裏から凧揚げし周辺を空撮した
天気は曇りだが 今まで牧草が生えていたのが綺麗に刈り取られていたから凧揚げに入ってみた
0290001425.jpg

0290001426.jpg

0290001427.jpg

0290001428.jpg

イチゴの栽培ハウスだ
0290001429.jpg

オーナーに聞いてみたら6月いっぱいまでイチゴは収穫できるそうだ イチゴの収穫できる時期はすごく長い
0290001430.jpg

0290001431.jpg

真ん中付近の紫色はそろそろ咲き始めた桐の花だ
0290001432.jpg

0290001439.jpg

0290001433.jpg

0290001434.jpg

0290001435.jpg

0290001437.jpg

0290001438.jpg

0290001436.jpg

翌日22日には 凧揚げに入った土地は耕され水が入っていた 飼料米をこれから植えるのだろう
0290001442.jpg

いいタイミングで空撮できたのだった 一日の期間だけ凧揚げ出来たのだった




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数