水郷日田の旅

平成25年8月24日 大分学研究会では
 第7回おおいた魅力体験ツアーを実施いたしました
会員24名が参加いたしました
今回のツアーは「水郷日田の魅力を探る旅」です 水郷は「すいきょう」と読みます

日田は江戸時代九州の中心で栄えた町でした 博多や長崎に入った物資を運ぶのには危険な関門海峡を通らず
日田を経由し豊後から船で大阪に運ぶ方が有利だったからです
天領日田と良く云いますが天領とは明治になってからの言葉で昔は御料所と呼ばれたそうです
いつもは8時半大分駅前を出発ですが 夏の日田は暑いし 夕方の屋形船での夕食を楽しみたいと
今回は大分駅前を午後12時半大分を出発です
そういう理由で今回はゆっくりと午前9時6分佐伯駅発のにちりんで大分へ
いつもは 駅前の大友宗麟公の銅像前に集合ですが 現在工事中で入れません
集合場所は以前の駐車場があった東の場所でした

駅のホームから見た大分駅前です
0281745.jpg

大友宗麟の銅像が立っていた台座が壊されていました
0281746.jpg

大分駅前の今のパノラマ クリック
ekimae4.jpg

今回もシティ観光さんのバスです
0281747.jpg

日田は寅さん映画「男はつらいよ」の第43作「寅次郎の休日」の舞台になった場所です
日田市長の石松氏が毛筆で「拝啓 車寅次郎様」の手紙を出してロケ地誘致が実現しました
行きがけのバスの中で この「寅次郎の休日」の大分のロケの部分だけをビデオで見ます

寅さんの甥の満男君のガールフレンドは後藤久美子演ずる泉ちゃんです
泉ちゃんのお父さんが日田市で働いている事を知って泉ちゃんと満男君が日田を訪れるシーンです
0281774.jpg

山田監督としては 泉ちゃんのお父さん(寺尾聡)が小鹿田焼きの弟子として働くというようにしたかった
のですが 小鹿田焼では弟子は取らない方針ですから映画と言えどもできないという事で 映画では結局
日田の製材所で働いてるというようになりました
この「寅次郎の休日」でのマドンナ役は泉ちゃんのお母さんになる色っぽい夏木マリです

由布市を過ぎると雲行きがあやしくなり 日田では雨になりました
0281748.jpg

小鹿田に到着です
0281749.jpg

こちらは結構雨が降ったのでしょう川の水が濁って勢いよく流れています
0281750.jpg

是非動画を再生してご覧ください動画です再生してご覧ください


窯元の黒木史人さん方を訪問します
0281751.jpg

0281757.jpg

0281752.jpg

ここでは大分学検定の上級認定者に副賞として贈呈される特製の皿を作ってもらっています
0281753.jpg

0281754.jpg

0281755.jpg

0281756.jpg

こちらは大作の大皿です
0281758.jpg

私は 小皿を5枚買い求めました

足でろくろを蹴って回し 成形していきます この技術は朝鮮から伝わり今も昔のままの製法で
完成させます 小鹿田地区は狭い場所なので一子相伝でこの伝統は守られてきました
絶対弟子はとらないそうです 現在窯元は10軒ありますが 増える事は今後ともありません
0281759.jpg

近くの山から採った土は水力利用の唐臼で砕いていきます 「ギーカターン」という音は日本の残したい音百選です
0281760.jpg

資料館へも行ってみます 資料館は新しくなっていました
0281761.jpg

小鹿田焼は昭和初期民芸運動の創始者の「柳宗悦」氏によりその名が全国に知れ渡りました
0281762.jpg

0281763.jpg

世界的な陶芸家である「バーナード・リーチ」氏も小鹿田焼を広く世界に紹介しました
バーナード・リーチ氏の作品です
0281764.jpg

以下の集合写真は必要な方はクリックしてパソコンに保存して印刷などしてください
集合写真1
0281765.jpg

集合写真2
0281766.jpg

0281767.jpg

ここは皿山と呼ばれる地域です
0281768.jpg

0281769.jpg

小鹿田を離れ日田市街地へ 豆田地区の薫長酒造前で日田市観光協会の用松さんが出迎えてくれ
豆田地区の歴史など地区を案内してもらいます
0281770.jpg

0281771.jpg

杉玉って毎年作りかえていたのを恥ずかしながら今日しりました
緑の玉の時は新酒ができたよという合図で だんだん色が茶色になって酒が古酒の味わいに変化している
看板だったんです
0281772.jpg

今回は寄りませんでしたが この薬局屋さんのお家がすごいんです 日本の軍隊に飛行機を贈呈してるんです
隠し部屋があったり 長さ10mの幅広い1枚の松の木の廊下があったり上には展望台があるんです
私の父親も薬屋をしていたので昔懐かしい薬屋関係の道具を見ると家にあったので本当に懐かしいのです
0281773.jpg

豆田を跡にしてこんどは広瀬淡窓が開いた塾「咸宜園」へ行きます
咸宜園パノラマ クリック
kangien3.jpg

0281775.jpg

館長さんが詳しく説明してくださいました
0281776.jpg

tansou.jpg

塾生は士族もいましたが僧侶や町民などが多く日本全国から集まりました
この広瀬淡窓が開いた咸宜園で学んだ塾生は後の世を動かす重要人物になりました
この塾で一番成績の良いと言われた人物は佐伯出身の中島子玉ですが惜しくも若くして亡くなりました
0281815.jpg

開塾から閉塾までの92年間に10名の塾主がいて5000人を超える門下生が育ちました
そのなかに小栗布岳がいます 小栗布岳が描いた西大分かんたんから別府までの図がこれ
パノラマ絵図があります クリック
hugakuema.jpg

上の長い絵図を見ると海岸沿いの道は難所だらけだった事がわかります
通常は高崎山の裏側の山道を通って大分と別府間を行き来していました



0281779.jpg

0281778.jpg

集合写真3
0281780.jpg

集合写真4
0281781.jpg

広瀬淡窓は長男で家業の跡取りでしたが病弱で 家業は弟久兵衛に譲りました 久兵衛の子孫が今の広瀬勝貞大分県知事です
病弱な淡窓は14歳の時初めて旅をします 幼少の時に師であった松下筑陰先生が佐伯藩の
四教堂に移られたので先生を慕って佐伯まで旅をします 淡窓にはそれが一番の長旅でした

広瀬淡窓14歳の佐伯行き ←クリック
 

次に向かったのは三和酒類株式会社の「いいちこ日田蒸留所」です
0281782.jpg

「いいちこ」と言えば誰でもしっている「下町のナポレオン」のキャッチフレーズが有名です
0281792.jpg

原料の二条大麦はオーストラリアからだそうです
0281783.jpg

0281784.jpg

0281785.jpg

0281786.jpg

試飲コーナーです
0281787.jpg

試飲コーナーパノラマ クリック
iitiko.jpg

飲めない私は麦酢を買い求めました

0281788.jpg

大分学検定のポスターを貼ってくれていました
0281789.jpg

大分学検定は11月3日開催されます ふるってご参加ください
0281790.jpg

団体会員の三和酒類株式会社さんから宇佐市では安心院ワインをお土産にいただきましたが
今回日田では「いいちこ 全麹」をみなさんに頂きました 本当に有り難うございました

日田蒸留所を後にし いよいよお楽しみ 亀山亭へ向かいます 残念ですが辻野会長は
来客があるそうで 日田駅でバスを降り列車で別府へ戻られました ホテルでは女将の諌山さんがお出迎え
0281791.jpg

昔テレビでよく見た人気者(ウーパールーパー)が水槽にいました
0281793.jpg

三隈川です 屋形船が何艘もあります 食事を舟まで運ぶのが大変そう
0281794.jpg

0281795.jpg

0281796.jpg

0281797.jpg

今まで千葉県に住んでいたそうですが今回大分県に転勤になった西さんご夫妻
大分県はいいところですよ 永く大分にいられるといいですね
0281798.jpg

食事の準備が整ったようです 乗り込みます
0281799.jpg

0281800.jpg

0281801.jpg

雨に降られると濡れるのでカーテンを閉めます
0281802.jpg

0281803.jpg

雨になるとビニールカーテンを閉じ
0281804.jpg

雨がやむと開きます
0281805.jpg

0281806.jpg

鵜がやって来ました 今は鵜飼時期が終わったのかな 鵜を見せるだけです
0281807.jpg

0281808.jpg

0281809.jpg

0281810.jpg

雨で増水し上流の大山ダムの水を放水すると水かさが増し川の中ほどは流れが速くなり
船が流されます みな岸に近い流れの緩やかな方へ船を移動させ始めました
0281811.jpg

塩手さんが自慢の詩吟を披露 広瀬淡窓の漢詩を詠います
0281812.jpg

『朝日新聞』記者の新宅さんも最後にご挨拶 
0281813.jpg

0281814.jpg

三隈川と屋形船パノラマ クリック
yakatabune1.jpg

屋形船パノラマ1 クリック
yakatabune2.jpg

屋形船パノラマ2 ←クリック
yakatabune4.jpg

屋形船からパノラマ クリック
yakatabune3.jpg

屋形船宴会360度パノラマ クリック
yakatabune360.jpg

雨の降る中での屋形船は貴重な経験でした
佐伯市の自宅に帰り着いたのは翌朝0時半した

日田市のパノラマ写真頁 ←是非クリックしてご覧ください


日田散策の立体写真 ←クリック


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数