FC2ブログ

大分魅力体験ツアー

大分学研究会では10月28日の日曜日第2回目となる おおいた魅力体験ツアーを実施しました
テーマは『恩讐の彼方に』の「青の洞門」と蘭学のメッカ中津を巡る旅です

午前8時半貸切バスで大分駅前を出発 途中別府で辻野先生など乗り込みいざ 中津へ出発
バスの道中では辻野先生が黒田孝高(官兵衛・如水)の戦国武将として最強だった話
豊臣秀吉が最も恐れた武将で中津の町を作った大名でありその息子黒田長政は福岡城主となる話
などいろいろな歴史の話をしてくださいました 博多という町の名前が福岡になった理由ですが
黒田家はもともと備前(岡山県)の福岡村に住んでいたので、博多に城を作ったとき福岡城と
名をつけたそうです それで武士が住む地区が福岡で商人の町が博多になったんです
024366.jpg

2014年度のNHK連続大河ドラマは豊前(大分県)の中津で初めて本格的な戦国大名になった
黒田官兵衛を主人公とする軍師官兵衛に決まりました
024384.jpg
これは 中津の松本達雄会員がもう早くからNHKや関係者に働きかけ運動してきた結果決まった事で
急に松本氏は忙しくなりは当日も行事があり参加できません 中津駅前のバス車内で
10分ほど豊前国中津黒田武士顕彰会の今までの活動などを簡単にお話くださいました
車内でお話しする松本会員
024365.jpg

次の訪問地は羅漢寺です 耶馬渓の入口にある名勝です バスが羅漢寺前に到着
024367.jpg
階段をあがってリフト乗り場へ
024368.jpg
羅漢寺の説明
024369.jpg
リフト乗り場
024370.jpg
024371.jpg
024372.jpg
崖に作られた寺 羅漢寺へ向かいます
024373.jpg
024375.jpg
五百羅漢とは
024422.jpg

羅漢寺の五百羅漢パノラマ
500rakan3.jpg

羅漢寺本堂前で集合写真1
024374.jpg
024423.jpg
024424.jpg

再び頂上までリフトで昇ります 展望台が頂上にあります 少し紅葉が始まっています
024425.jpg
024376.jpg
024377.jpg
今日は少し遠方がもやっていて阿蘇山までは見えませんでした
024378.jpg

羅漢寺山の展望台からパノラマ
rakanji8.jpg

下りのリフトからの耶馬渓の岩山の眺め
024379.jpg

本耶馬渓支所では新そばまつりが開催中です
024382.jpg
ここで好きなそばを各自注文します
024381.jpg
中津の當所ご夫妻
024380.jpg
今回もシティタクシーグループさんのバスをお借りしています
024426.jpg
車窓から見えたこの夏の豪雨で欄干が流された日本一長い8連石橋 耶馬渓橋(別名 オランダ橋)
024429.jpg

以前撮影していた耶馬渓橋
yabakeibasi3.jpg

本耶馬渓支所での祭りパノラマ
honyabasisyo.jpg

食事が終わって青の洞門を歩きます
024383.jpg
昔作られた最初の明り取りの窓
024427.jpg
洞内にある禅海和尚の像
024385.jpg
古い禅海が掘ったトンネル
024386.jpg
024428.jpg
青の洞門は菊池寛の小説 『恩讐の彼方に』で有名になりました
024421.jpg
この広場には禅海の銅像があります 実は今年の夏の集中豪雨の氾濫で水はこの高さまで達し
流木にあたって銅像の両腕が流されていたのを最近発見 本日めでたく 両腕がつながったのでした
私たち一行が到着するちょっと前に「禅海像修復除幕式典」がこの前で開催されたようでした
024387.jpg

この禅海の銅像前で集合写真2
024388.jpg

青の洞門と山国川
024389.jpg
せっかくの岩山が見えなければ耶馬渓らしくないのでいくらか木を伐採して風景が良くなっています
024390.jpg

青の洞門前の広場パノラマ
aodoumon3.jpg

青の洞門という青は 洞門が青いのではなくて ここの地名が青なんです
024391.jpg
中津名物 いまでは全国に有名になった中津からあげをこの店で買いました
024392.jpg

今度は黒田官兵衛が築いた中津城へ行きます
024393.jpg
024394.jpg
双葉山の化粧まわしがありました
024395.jpg
024396.jpg
磔(ハリツケ)になった鳥居強右衛門の掛け軸
024397.jpg
中津藩は医者の多い町でした 解体新書を翻訳したのは実は杉田玄白ではなく中津の前野良沢でした
1万円札の肖像になった福沢諭吉も中津で蘭学など勉学に励んでいます
024398.jpg
024399.jpg
徳川家康は子供を授かった側室だけでも16人も 驚きですね
ちなみに 黒田官兵衛と明智光秀は側室をとらなかったそうです
024430.jpg
この首取りの掛け軸すごい
024432.jpg
天守閣からの眺め
024431.jpg
中津城天守閣から眺める360度の世界←クリックして動くパノラマをご覧ください
nakatu361.jpg

中津城の隣にひっそりとした神社が
024433.jpg
024434.jpg

中津は医者・学者だけでなく多くの経済人など先哲を輩出しています
024400.jpg
024401.jpg
024402.jpg
024403.jpg
024404.jpg

村上医家資料館へ行きます
024405.jpg
ここで出迎えてくれたのは 中津で川嶌整形外科病院を開業していらっしゃる川嶌先生です
東京での学会の発表でしたが我々の為に急いで中津へ帰りわざわざお話ししてくださいました
024406.jpg
人体解剖のお話などから話題豊富でしゃべりだしたら 何時間でもおしゃべりが続きそうな先生です
024407.jpg
024408.jpg
日本で最初の人骨図
024418.jpg
そういえば 月に名を残した天文学者の麻田剛立も本業は医者でした
024419.jpg
今度は大江医家資料館で
024409.jpg
昔は天然痘に子供の3割がかかり そのうちの3割が死んだそうです そのため家の玄関に
病が移らないよう強そうな赤い鐘馗の絵を飾ったそうです
024410.jpg

前野良沢・杉田玄白・中川淳庵らは1771年中津藩中屋敷の前野良沢の住まいでクルムスの
解剖書「ターヘル・アナトミア」の翻訳に着手しました
024438.jpg
4年後に一応の翻訳ができ解体新書として刊行されました
024411.jpg

解体新書にはタヘール・アナトミアを訳した前野良沢の名前が載っていません
多くの方が 解体新書は杉田玄白が書いたと思っていますが 実は杉田玄白はまったく
オランダ語を読めなかったのだそうです 完全に翻訳されたかわからないので出版したい杉田玄白に
前野良沢はまだ出版には早すぎると止めたんですが 自分の名前で出版し冨と名声を我が物に
したそうです それで教科書にも解体新書を書いたのは杉田玄白という名前が教えられているのです
この哀れな前野良沢の事は福沢諭吉も知っていたそうです 最近になり 川嶌先生が昔の書物を
解読しながら この事実を広めようと頑張っていらっしゃいます

  024412.jpg
024413.jpg
024435.jpg
飛び出る解剖図ですね
024436.jpg

医は仁術(医は、人命を救う博愛の道である)と昔から言われますが そうではない
大江家の家訓では「医は仁ならざるの術 努めて仁をなさんと欲す」とあります
医者もたまには人の命を奪う事をしているという事だからでしょうか
024437.jpg
安岐町出身の田原淳は中津の田原家の養子となり 心臓は電気で動いていることを突き止めた学者です
いまなら当然ノーベル医学賞を受賞できる方です
024420.jpg
大江家の裏には薬草も栽培されています
024414.jpg
麻酔に使われたしびれ薬をつくる草 日本の麻酔術は諸外国より50年も早くやっていたそうです
024415.jpg

まだまだ川嶌先生のお話を聞きたかったのですが きりあげ 帰路へ
大分駅には6時20分頃到着し解散しました
024416.jpg

2度目の大分の魅力を発見する旅も面白かったですね 次回は12月23日(天皇誕生日)です
今度はクリスマスイブ前日の12月23日に「豊後キリシタン・ベルトを往く」のテーマで
大分市から竹田市まで、キリシタンの史跡巡りを致します

中津市のパノラマページクリックしてご覧ください



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数