FC2ブログ

子持ち銀河M51




4月5日おおくま座のη星の西にある 子持ち銀河として有名なM51を撮影した
M51は地球から3700万光年先の銀河で 渦巻の片方の腕に小さな銀河があるので
子持ち銀河と呼ばれる午後7時45分頃から午後9時半まで撮影した

これから大小二つの銀河が衝突すると思われている珍しい姿だ
3700万年前の姿なので 現在は既衝突していると思うのだが

撮影したのはポータブル赤道儀SWAT350とシグマ望遠ズームレンズの600ミリ
カメラはEOS X7i レンズ絞りはF7.1 露出時間3分 ISO感度3200
M-GENオートガイダーを使用 少しガイドが失敗のもあったが29枚をコンポジットした
春は遠くの銀河が見やすいのだが 遠すぎてカメラレンズでは小さくしか写らない
そのM51
0290004047.jpg

ちょっと小さいのでトリミングしたのが下の写真
0290004048.jpg

口径10cm以上もある望遠鏡や 2軸ある本格的な赤道儀は持っていないが
カメラ用の安いシグマ望遠ズームレンズだけで 渦巻の様子が分かるのが嬉しい
銀河同士が衝突するとどうなるのだろうか 未来の人類はその姿をみられるのだろうか




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数