FC2ブログ

木製やっとこ作成




脚の方は毎日ウォーキングはしているが 最近腕や指の力もかなり衰えた

指や握力が無くなったことで 時々困るのが物を握る力が無いため瓶のねじる蓋が取れないとか
望遠鏡のクランプを十分に締め付け出来ないとかである

また工作するのに充電インパクトドライバーや電動ドリルのバッテリーを一人で外せない事である
これらは滅多に使わないので使おうとすると大概の場合バッテリー切れで充電する必要があるが
このバッテリーをつかむ力が弱く 手も小さくきゃしゃなので どうしても一人ではバッテリーを外せられない
0290003619.jpg

どうしてもう少し弱い力でも取り外せるようにしてくれてないのか これらメーカーに苦情を言いたい
0290003620.jpg

指で挟んで押さえこんで電池を押し出すのが難しい
0290003621.jpg

挟んで指の力で押さえて引っ張るというのが自分ではもう力が無く出来ないのだ
ネットで道具がないか調べて探したがこのような目的に合う道具は無い

無いものは自作するしかない コンパネの端切れで適当に作って見る事にした
0290003622.jpg

糸ノコで切り取った これを6ミリのボルト&ナットで取り付けて一体化
0290003623.jpg

これだけ広がるヤットコは無いので自作するしかないのであった
本物のやっとこ類は鉄だが電池を挟んで引っ張るだけだから木でいいと思ったのだ
0290003624.jpg

インパクトドライバーのバッテリーは大きく体も使う必要があるが自分の力だけで取り外せた
充電ドリルの電池も挟めるし 充分使える
0290003625.jpg

最終的に片手で挟めるような開きにした
0290003628.jpg

別に特許を取るつもりはないので 誰でも真似して作っていい 作っておくと便利だ女性でも使える
百円ショップの商品を作っているメーカーの方 作って販売しませんか

来年度の国の予算は101兆円だそうだ 無駄遣いは止めてと国に強く言いたい
知恵のある政治家はいないのか




コメントの投稿

非公開コメント

馬頭星雲の撮影について

こんばんは、カラスの目さん

お元気に工作をされているので安心しました。全く、電動工具のバッテリーは固くて時々頭に来ることがあります。特に、日立工機のバッテリーは大きく「馬鹿じゃないか」といつも思います。便利グッズが安く手に入れば助かります。

ところで、カラスの目さんの過去の作品を見てみたら馬頭星雲が見つかりました。これほど鮮明に撮影された作品を見たことがありません。よろしかったら、撮影の条件をもう少し詳しく教えてもらえませんでしょうた。例えばM-GENを使用しない場合の作例とか、絞りを変化させるとこうなるとか。 よろしくお願いします。

馬頭星雲

キジトラさん今晩は

どの写真を見たのか分かりませんが http://tentai.site/batouseiun.html
でしょうか?
これはシグマ望遠ズームレンズ150-600の600ミリで撮影しました
カメラは天体用に改造したキャノンX7iです 絞りは開放で6.3ですから
1段絞ってF7.1です
M-GEN使用して3分露出を30枚ステライメージ8でコンポジット合成しています
M-GENを使わないとこの写真で多分3mmくらいは流れて 駄目でしょう
絞りは開放6.3でも7.1でもそんなに変わらないでしょうが 開放だったら2分~2.5分の
露出でいけると思いますが M-GENを使わないとポータブル赤道儀SWAT350ですから
点像にするのは難しかったと思います
今年の冬はまだこの付近は撮影していません 天候に恵まれません

馬頭星雲の撮影について

カラスの目さん、早速の返信ありがとうございます。

馬頭星雲の写真はその写真です。詳細な条件など、ありがとうございます。
トリミングは行われたのでしょうか。色合いや、鮮明さが最高だと思います。

馬頭星雲

トリミングは若干していると思います

そんなに褒めるような作品ではないと思います

元の1枚のみの大きさは この画像の写っている範囲です
https://blog-imgs-124.fc2.com/t/a/k/takosyasin/0290003629.jpg
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数