FC2ブログ

星のクロス


時々星の写真を見ると 星が十字に写っている写真がある
反射望遠鏡などで星を撮影すると斜鏡を支えている金具の回折現象で明るい星がクロスに写る

カメラのフィルターの中には「クロスフィルター」という明るい光の点を十字に輝いて見えるようにするのもある

カメラレンズを絞ると絞り羽根の形で少し輝いたように写る場合もある
自分のカメラレンズの前に十字の線を置けばクロス線が出るという事で

昨日早速作って見た 紙を丸めた輪にテグスを十字に張っただけである
0290003494.jpg

これを自分のシグマ望遠ズーム150-600のフードに被せるだけだ 後方は自作露除けヒータ
0290003495.jpg

これは自作した十字線をフードに取り付けて撮影した昨日の1枚の写真
0290003497.jpg

下は11月6日撮影コンポジットした写真だ
1枚では散開星団とわかるが 画像を多数重ねてコンポジットしてみたいが なかなか周辺の星雲が淡くこれを
出そうと強調して画像を処理して 小さい散開星団が恒星のように写ってしまう
ο星の下にあるのがそうだ クロスフィルター無しの場合
小さなIC348やngc1333は恒星かと間違うように写っている これを防ぐためクロスを付ける事にしたのだ
0290003496.jpg

今回昨夜 もう一度この十字線を張ったのを取り付けてコンポジットしたのが下の写真
恒星だけ十字線が出ていた
0290003498.jpg

クロスの方向は考えずそのまま撮影したので画面としてはおかしいが 恒星と散開星団や星雲の白いガスは
十字が現れず 実験は成功だった

ただ 自分のシグマ望遠ズームは値段も安いレンズで星の描写は良くない点にならずどうしても
星像がおおきくなるので こんなものだ 周辺の散光星雲は大変淡く 自分の簡単な画像処理技術では
描き出せない 難しい これ以上できなくても自分では満足だ

撮影データは 撮影日11月9日20時15分くらいから22時40分まで SWAT-350で撮影M-GEN使用
レンズはシグマ望遠ズームを400ミリにして絞りは開放の6.3 ISO感度3200
3分間露出を58回したのだが 雲がでたりして 使えたのは32枚のみだった


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数