FC2ブログ

HDR合成に挑戦




この記録は自分の記録として残すために作っている 自分しか参考にならないと思う

最近時間をかけてオリオン座の大星雲M42を撮影した
15秒露出20枚 30秒露出20枚 90秒露出20枚 240秒露出13枚撮影し
天体処理ソフト「ステライメージ」でそれぞれのコンポジット画像を作成した
その4種類の画像を加算平均でコンポジットしても思うようにいかない

HDR処理をするのがいいらしいが 自分は今までやった事が無い
露出が少なめの画像から多めの画像まで用意してそれをHDR合成して白とびや黒つぶれの
少ない画像を生成するのがHDR処理だ これに挑戦してみようと思った
マニュアルを読むのが苦手なのだ 読んでも理解するのが難しい 今まで感でやっている
ペイントショップの方はウィンドウズライクなソフトで感で操作できるのでそればかり使っている

フォトショップエレメントは難しいので使う事がないがパソコンには入っている
普通使う画像ソフトは「ペイントショッププロ」だが これもレイヤーとかレイヤーマスクは
普段レイヤーは使う事がないから使っていない 使っていないからどちらでも同じだ

マニュアルがあった Photoshop Elements ではじめる
天体写真レタッチテクニックという本の124ページを見ながら フォトショップエレメントの操作を記録して
自分で使えるように このブログに書き留めてみる

とにかくステライメージであらかじめコンポジットの自動位置合わせした画像4枚を保存しておく
それをフォトショップエレメントで開く
0290003351.jpg

マニュアルではすべて開いて重ねるとあるが マニュアルのように並んで開く事が出来ない
とりあえずコピーして240秒露出の画像にペーストしたらレイヤーとして貼り付いた
0290003352.jpg

その調子で他のもペーストした
0290003354.jpg

マニュアルでは上に重ねた画像のレイヤーにレイヤーマスクを設けるとあるが
これが1時間かかっても なかなか見つからない やっと画面隅にマスク作成ボタンを見つけた
0290003355.jpg

ALTキーを押しながらマスク作成を押して各レイヤーにレイヤーマスクをやっと設けた
0290003356.jpg

次からがまた大変だった
マニュアルでは3種類の画像だ
まず3種類でやって見た
0290003361.jpg

自分のは4種類の画像である ここでもつまづく 
周辺部画像を中間部画像のレイヤーマスクにコピーペーストするとある
ここもかなり迷ったり間違ったと思うがとりあえずマスク画像(モノクロ画像)をペーストした
このマスクにペーストが何故だか失敗しやすいのだが原因不明何回もやってみてやっと出来た
0290003357.jpg

レイヤーマスクに画像のペーストが終るとこのような画面になった
0290003358.jpg

不透明度のスライダーを操作するとあるが ここが難しい非表示のマークは
どんな時に使うのかまだよくわからない
0290003359.jpg

まだこれまでの操作が間違えている可能性も多いがとりあえず 今までの操作を
思い出せるよう このブログに記した

HDR処理し最終的に作ったM42画像である
0290003379.jpg

ついでに先日撮影したM31もHDR処理してみた
0290003377.jpg

真剣にマニュアルを見るのは久しぶりだった




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数