FC2ブログ

自動導入の実験




購入したばかりの スカイウォッチャー販売の小型赤道儀「EQM-35Pro」で自動導入が出来るか実験した
高級なポータブル赤道儀を持っていながら この安い10万円以下の中国製の赤道儀にした理由は

600ミリ以上の望遠レンズでは視界が狭く 紙に印刷された星図を広げて目的の天体を撮影するには
かなり時間がかかり 星図と見比べて天体を探すだけで立ったりしゃがんだりでそれを何回も繰り返す
膝が痛く腰も疲れてしまうのだ

しかも暗いので大概1枚撮影するのに数分かけて撮影してみてそれに写っているか 外れているか確認を数回繰り返す
この一番やっかいな作業をコントローラーやパソコンで目的の天体を入れる事が出来るのが自動導入だ
今回一番値段の安い赤道儀を買ってみたのだ 目盛環を使っても計算で出来るがこれが実際には難しい

6月13日やや薄く雲があるが 実験は出来そうなので 午後9時から実験開始した
三脚の手前の脚に取り付けているのがSynScanハンドコントローラーだ
0290003084.jpg

3個の明るい星でアライメントして コントローラーでM13を指定して導入してみた
ギーと大きな音がしてモーターが回って多分M13の方向を向いた
カメラはEOS6D レンズはシグマ望遠ズーム150-600で600みり 絞り開放の6.3 ISO3200
写っているかどうか確認もせず オートガイドもせずそのまま2分間露出してみた
真ん中ではないが画面の中にM13球状星団が写っていた

続けて撮影してみた 全部で14枚撮影しコンポジットしたのが下の写真
クリックして大きくして見られます
画面内に納まっていたので安心した
0290003085.jpg

やっぱりノータッチガイドなので星像は若干流れている

次に シリアルUSBケーブルでノートパソコンとつないでパソコンソフト「ステラナビゲーター」を開き
接続後M20で検索しM20を導入した 時刻は午後10時15分だ
1枚撮影してみると 南東の山の上に出たばかりのM20とM8が同じ画面に写っていた

最初のM13の写ったあたりにM20が写っていたので構図を変える為
ハンドコントローラで若干赤道儀を動かして今度は露出を3分にして15枚撮影してみた
あとで見ると雲に隠されたりして駄目なのもあり 8枚だけコンポジット合成した

そのM20とM8が写ったコンポジット写真が下の写真だ
0290003086.jpg

このときはオートガイドも試そうとM-GENも取り付けて撮影したのだが すっかり忘れていたのが
ポータブル赤道儀は1軸駆動だったが 今度の赤道儀は赤経と赤緯の2軸がモータードライブになる
それを忘れていたので オートガイドは設定ミスで失敗だった でも少し流れているだけで3分間露出で
少しの星像の流れで撮影できたので良い方だ パソコンでもハンドコントローラーでも自動導入出来たのだった

値段は安いが使える赤道儀であった
今後は アライメントをもう少し正確に出来るよう考えよう 今回の撮影実験で問題点も見つかった
オートガイドもそのうち実験する予定だがまたしばらく天気が悪そうだ 次回は梅雨明けを待つ




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数