アンタレス付近




新しい赤道儀「EQM-35 Pro」を手に入れたので 6月12日午後9時 使い方はまだわからないままに
とりあえず電源を入れて恒星追尾モードで手でクランプを緩めてカメラをアンタレス付近へ向けた
薄雲があるが全体的には晴れていた

カメラは改造済みEOS6Dで レンズはキャノン300ミリF4をF4.5に絞り感度3200
露出は80秒で 30枚ノータッチガイドでどう写るか初めて試してみた
露出1枚が80秒なので30枚でもそんなに時間はかからない9時40分で撮影を終わった

アンタレスが山の上に出たばかりで高度は低いが容易にカメラに入るので 初めての試験撮影をしてみた
ところが薄雲があちこちにありアンタレスなど輝星が滲んでいる
0290003045.jpg

あまり滲んでない13枚だけをコンポジット合成したのが下の写真である
30枚すべてをコンポジットした写真より13枚だけの方が良かった
0290003046.jpg

自分が使っている300ミリレンズは昔のレンズでゴーストが出る アンタレスのゴーストが暗黒帯にはっきり出たので
画像ソフトで消した

わずか80秒露出なので 星の流れはほとんどない SWATと同じように写せるので一安心した
そのうち 自動導入やオートガイドにも挑戦してみよう

SynScanコントローラには4万もの天体が登録されているそうだが 2行しか出ない液晶画面では
探しにくいだろう 是非パソコンの天文ソフト「ステラナビゲーター」で画面をクリックして見えない天体を導入できるか
試してみたいのだ

せっかちな性分なので結局昨夜試してみた 昼間は雲一つない青空だったが夕方から薄雲が出たがどうにか実験はできた
まだ写真は見ていない




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数