EOS6Dでオリオン座中心部




昨日のブログで初めてEOS6Dで撮影したオリオン座を100ミリで撮影した写真を掲載した
その日2月4日 まだ月が昇ってくるには1時間あるので 引き続き 同じズームレンズで撮影した

オリオン座の三ツ星 馬頭星雲やオリオン大星雲とかM78星雲が収まるよう70-200ズームレンズの一番望遠側
200ミリ焦点で撮影した 赤道儀はSWAT350でノータッチガイドである
ISO感度は同じく3200 今度は露出時間を80秒間にしてみて40枚 20秒露出を6枚である
時刻は 8時20分から9時20分までかけた それら36枚をコンポジット合成した

200ミリで撮影した オリオン座中心部ほぼノートリミング
0290002288.jpg

この付近は馬頭星雲など浮かび上がらせる赤い散光星雲があり改造カメラの撮影試験に適している
また 自分が愛用する星図でどの範囲が撮影できるのか 透明なしおりを作って重ねて撮影範囲を
確認する為に この解り易い範囲を撮影し 下のようなプラスチック板に黒のマジックで撮影範囲を描いた
0290002289.jpg

200ミリだと黒い線の中が撮影できる範囲になり
100ミリではこのしおりの透明な部分が全部大体だが撮影範囲になる
これがあると何処を撮影したら面白いか 星図に重ねて構図を考えられる

以前から使っている改造済みカメラのX7iで撮影した画像は全体に赤っぽく写っている
0290002290.jpg

今回改造を依頼して天体用に改造された写真は全体が青っぽい
0290002291.jpg

改造の方法もいろいろあるんだろうか 不思議である 最初から買った改造カメラの販売店は今はもう無い
今回改造を依頼したカメララボでは 普通の写真もほとんど色が変わらなく撮影できるようだ

前から使っているX7iは普通の写真を撮るとやっぱり赤っぽく写ってしまう
マニュアルで色調整したらいいのだろうが このせいで改造したら 普通の写真が全部赤っぽくなってしまう
と自分で想像して今まで改造には踏み切れなかったのだ




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数