EOS6Dを天体用に改造




立春とはいえ寒波がすごい 昨夜も寒かった
1月に友達のMさん方に遊びに行った時の事
Mさん愛用のペンタックスデジタル一眼カメラを今天体用に改造に出しているというのだ

自分は今まで改造済みのキャノンEOSX7iを使っている
でもデジタル一眼は他にも持っていてほとんど全く使う事が無かった新品同様の5年前購入した
キャノンEOS6Dを持っている これは小型だが映像素子がフルサイズ 今までのX7i はAPS-Cサイズで小さい

最近分かったのだが天体マニアに一番使われているのが EOS6Dと知ったのだ
そこでMさん方から帰ってすぐ Mさんに聞いていたカメラ改造してくれるところにすぐカメラ本体を送っていた
それが改造が終わって自宅に届いた 改造料金は税込みで32400円+送料だった

改造する理由
普通の一眼カメラは画像のカラーバランスを人間の色感覚に基づいて自然に整えるため
撮像センサー自体のカラーバランスを調整するための特殊な色調整フィルターを内蔵させている
この色調整フィルターを取り除くと撮像センサーに入射する光がカットされなくなるため有効感度が上昇し
特に赤く輝く散光星雲などから放たれるスペクトル領域(Hα)付近の感度が大幅にレベルアップする その為
改造専門のカメラ工房にフィルターを外す作業を依頼して改造するのだ

せっかちな自分は昨晩この新しい改造されたEOS6DをSWAT赤道儀に搭載し夜を待つ
0290002284.jpg

最初は雲が多かったが だんだん晴れ間が広がった
0290002285.jpg

撮影開始はジャスト午後7時
レンズはキャノンのEF70-200F2.8 レンズは絞りを3.2にしてISO感度は3200
どのくらいがいいか分からないが100ミリにしたらオリオン座のベテルギウスもリゲルも入るようだ
露出時間は今までの経験で60秒とした 撮影枚数は連続で55枚撮影 その後ダークファイルも6枚撮影
気温は最初丁度0度だったが-2度まで下がった ノータッチガイドであるからテレビを見ながら待つ

初めてのEOS6Dで撮影したオリオン座の中心部
ステライメージ8でコンポジット合成である 100ミリでの撮影
オレンジ色の巨星ベテルギウスの右上の大きな赤い散光星雲はエンゼルフィッシュ星雲と呼ばれるらしいが
エンゼルフィッシュ下半分だけ写っていた
0290002286.jpg

ここで 比較の為昨年12月17日撮影した X7による画像と比較してみる
これはレンズは同じだが70ミリで撮影 ただし感度は1600で 露出は80秒 枚数は50枚の合成
0290002287.jpg

昨夜は家の真南にあるイチゴ栽培ハウスの電気照明が灯らなかったのがラッキーだった
やっぱり フルサイズカメラとはっきり違う事が自分で証明できてうれしい
X7iより若干ボディが重いだけだが 天体用にして良かった




コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしいですね。
天体少年だった大将は大いにくすぐられています(@@;)

No title

へんろ路大将さん コメント有難うございます

折角持っていながら使っていない フルサイズカメラこの際
天文用にフィルターを外して肉眼で見えないはずの色を写るように
東京のカメララボで改造してもらいました
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数