FC2ブログ

自分用に天体カタログ作成




今日の天体ショー 皆既月食を楽しみにしているが ちょっと天気が心配だ
赤い月食中の月と星を同じ画面に撮りたいのだ 天気よ良くなれ!

今日の予報より
0290002269.jpg

最近天体写真にはまっているが 写したい天体をカメラに収めるのは結構難しいのである
そこで 明るいすぐ判別できる主な恒星の位置を経度と緯度の数値を記入したものを作って見た
緑色で書いたのが星の経度の数値 青い文字が緯度の数値で赤い文字は赤道より南という意味だ
0290002265.jpg

もし赤い満月が今日見られるなら 午後10時過ぎに上の図の「レグルス」と書いた文字の”ス”の上当たりのはずだ

全天でこの16個の恒星を基準星とした
これら明るい基準星はカメラのファインダーで十分に確認できるし 導入が簡単だピント合わせにも使う

0290002268.jpg

次にエクセルで自分が写したい天体のカタログを自分専用に作って見た
130くらいの自分用天体カタログを作った それを全部印刷してみた 3枚に収まった
赤経は何時何分までの単位 赤緯は北側が+ 赤道より南が-で 10分の1度の単位までとした
0290002267.jpg

赤経と赤緯の数値を記入したので 基準の恒星との位置の差を計算して撮影目的の位置を
赤経と赤緯目盛りで今後は導入しようと思ったからだ

ポータブル赤道儀の赤緯の目盛りなど1目盛りが2度だが 秒の単位を省略した これが結構面倒な作業であった




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数