FC2ブログ

素通しファインダーを2.5倍に




いろいろ実験した結果 パターン入りの等倍ファインダー自作は難しい事がわかった
以前高倍率ズームコンパクトデジカメを買い野鳥を撮ろうと試みた事があった

この野鳥など空を飛んでいるものをコンパクトカメラで撮影するのは難しいのだった
ドットサイト照準器というのがあるので買った 値段は1800円くらいだが今は使っていない
これも野鳥を狙うのは難しくほとんど使えなかったが 照準のパターンが4種類あって色が赤と緑の2色だった
昼間用なので明るい照準ポイントが夜間には困る

またこれもジャンク箱に入っていた 2.5倍のミニ単眼鏡がある 1200円くらいで購入していたガリレオ式だ
この2種類の小さなパーツを使って2.5倍の素通しファインダー兼バランスウェイトを作って見た

出来上がった完成品 小さなミニ単眼鏡をボンドで接着固定 夜露除けヒーターも作った
0290002192.jpg

0290002193.jpg

これの電源は CR2032 3Vのボタン電池でどこにでも売っている
電池を使わずどうせ5VのUSB電源があるからそれから電源を取ろうとリード線を半田付けしたが
まったく半田がのらない半田付けはあきらめ無理やり厚紙とセロテープで電線をくっつけたのだ
0290002194.jpg

透視型ガラススクリーンなので夜露はすぐ着きやすい 露除けにヒーターが要る
ニクロム線を適当な長さに切って細長い厚紙に巻いて作る
0290002195.jpg

ヒーターは5Vでちょうど良い熱を出す問題は 照準器のLED電源電圧である ニクロム線の途中から
やっと点灯するくらいの電圧の低いポイントを探してリード線を結ぶ ニクロム線も銅線など半田付けできないので要注意だ
ペンチなどで圧着して線を出す USBのケーブルは50cmの充電用が100円ショップで売っている
0290002196.jpg

左右のバランスを調べている大体いい 右はオートガイダーM-GENのガイド鏡
0290002197.jpg

視野が狭く顔を近づけて目をすぐ後ろにやるため少し位置を下げた
0290002198.jpg

最近一番使うシグマの望遠ズーム150-600である
0290002199.jpg

シグマの望遠ズーム用の露除けヒーターも自作である ヒーター関係は全部5VなのでAC100VからUSB用で供給
赤道儀本体裏に接着している
0290002200.jpg

雨が止んだので取り付けてみたが 晴れないと使えるかまだ分からない
0290002201.jpg

この照準ファインダーはガラスが前も後ろも突き出てるので このまま対策をしなかったら絶対夜露で使えない
ここは湿気が多いからだ
0290002202.jpg

この今回作ったファインダーまだ実際には使っていないが 視野は狭いガリレオ式単眼鏡であるが2倍~2.5倍なので
全くの素通しより暗い星が見えるかもしれないと期待している 照準のパターンが選べるのがいい




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数