馬頭星雲とM42

昨日 14日は月齢16でほぼ満月であるが まだ月が山の上に出ていない時間に実験した
簡易ポータブル赤道儀ナノ・トラッカーで250ミリの望遠レンズを90秒露出してきちんと追尾撮影できるか
撮影実験した 最初の実験は45秒露出で明るい月が真上にあった 今回が2回目の実験になる

撮影時刻は19時23分~19時38分までかけて 90秒露出を10枚撮影しコンポジットした
レンズは55-250ズームの250ミリで絞り6.3 ISO感度1600である
今回ピントが正しく出ていなかった
0290001026.jpg

最初月が真上に在って大きかった時の写真を下において比べてみる
0290000993.jpg

250ミリ望遠レンズでは大体90秒露出までなら少し流れるが 大体写せる事がわかった
簡単な構造のポタ赤だが 結構使えそうだ


ひぐまのごんべ様より 質問を頂きましたので 以下でお答えします
今後は質問などある場合は メールアドレスを書いて投稿お願いします
板切れにカメラネジタップの穴をあけます 反対側は6ミリの穴です
それを持っていたパノラマ雲台にねじ込みます パノラマ雲台は360度自由に回転できます
0290001027.jpg

0290001028.jpg

三脚にパノラマ雲台を取り付けます
0290001029.jpg

パノラマ雲台を回すと回転しますし 6ミリの穴は長いボルトとスプリングワッシャーでこれも自由に回転できます
0290001030.jpg

これにファインダーなど十字線のある望遠鏡(極軸望遠鏡の代わり)を付けます
0290001031.jpg

1kmくらい以上の遠くに目標を決めて どこに回転しても十字線交点が同じところに向くように調整するしかありません
0290001032.jpg

これが面倒でとても難しいので お勧めできませんが 私はパノラマ雲台や極軸望遠鏡を持っていたので
何回も何回も微調整しながら垂直になるよう調整しました

極軸望遠鏡としてポラリエ用などで売られているのを買うのが一番簡単です
こんな面倒な事を試みる人はいないだろうと この件に関しては記述していませんでした




コメントの投稿

非公開コメント

No title

星空の撮影いつも参考にさせてもらってます。
当方もナノトラッカーで200mm望遠レンズを使ってますが、なかなかうまく極軸が合いません。

記事にある極軸望遠鏡は、どのようにしてナノトラッカーの極軸と合わせているのでしょうか。
ナノトラッカー用架台にどちらも垂直ということで合わせているのでしたら、
極軸望遠鏡はどのようにして垂直にセットするのでしょうか。

過去の記事を見落としていましたらすいません。

極軸合わせの件

ひぐまのごんべ様へ

いつもご覧くださいましてありがとうございます
200ミリだと ただ穴に北極星を入れるだけでは難しいでしょうね

このページに写真を追加しましたのでご覧ください

既製品を買われるのが簡単だと思います 自分はこんな事が好きなので
いろいろやっているだけです ご参考になれば幸いです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数