赤道儀ハウス作成

腰や脚の膝関節が悪く 三脚や赤道儀などを動かすのが大変なので自宅ベランダに固定しています
大きなビニール袋で覆っているのです
0290000199.jpg

これでも役に立つのですが もう少しスマートにしようと考えました
ホームセンターで購入してきたのは3cm厚の定尺サイズの発泡スチロール4枚です
軽いのですが広いので階段を持って上がるのはかなり大変でした
0290000200.jpg

これで 天体撮影システムをすっぽり囲う箱を被せたらどうだろうかと考えたのです
カッターナイフと定規で切断します なかなか直角に切るのは難しいアルミの粘着テープでコーナーをとめます
0290000201.jpg

接着はコンクリートボンドを使いました  木工ボンドは水にぬれると溶けるので使えません
0290000202.jpg

一人で作るのですから大変でした わざと文字のある方を表面にしました
0290000203.jpg

どうにか組み立てて置いてみます
0290000204.jpg

0290000205.jpg

結構大きくなりました
0290000206.jpg

荷物を絞めるバンドを買ってきて吹き飛ばないように
0290000207.jpg

大きさはかなりありますが 発泡スチロールなのでどうにか一人で外せます 断熱も大丈夫でしょう
この小屋を持ち上げるとき 自分側に傾けて外そうとするので天板に溜まった夜露などの水滴をもろに自分の頭にかぶります
改良の余地あり
0290000214.jpg

0290000209.jpg

外から見るとベランダに簡易トイレを設置したように見えます
0290000210.jpg

天体ドームは買えないので 自作した発泡スチロール製マイ天文観測室の完成でした
14日はスーパームーンだとか世間では騒いでいましたがこちらは小雨全天雲でまったく見えませんでした
昨日の月を撮影してみましたが月のコンポジット合成方法はまだ勉強していません
ステライメージというソフトで10枚ほどをコンポジット合成したのが下の写真です午後8時頃
0290000213.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

No title

立派なお宅の全景写真、拝見しました。
3階なんですね。凄い!
それに、発砲スチロールで、接着して箱にするアイデア凄いです。(木工用の接着剤は駄目なんですねメモメモ)
我が家は、築48年のボロ屋(一部2階建て)です。
設置場所が、高い所と言うのか、夜露なんかには強い(影響受けにくい)ですかね。
【昨日、仮組したピラー脚の以下URL」

http://www.dokkoi.info/?Astronomical/equ./2016-11-15/CGEM%E7%94%A8%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%BC%E8%84%9A%E7%B5%84%E7%AB%8B

本体だけでも重く、赤道儀も付けたり・外したり、自分の体力じゃ出来ないことが解り、庭の隅に1m四方位のコンクリートを打ってそこに置こうと思います。
どうも、赤道儀も付けっ放しを考えなければならないので、アイデア参考にさせていただきます。
雨の日を除いて、24時間365日、FANを回して風を循環させるか、ごみのビニール袋に包んで確り縛るか、少しテストしてみようと思ってます。
早速、市内のDIYに売ってるかリサーチします。

No title

オヤジ様へ

コメント有難うございます 立派な赤道儀ですね
新しいピラー脚も拝見しました 相当重そうですが ピラー脚ならこのくらい
いるのでしょうね

自分の家は下の庭だと空が狭いので このベランダにしました

庭があれば少し高くしたコンクリートの基礎を作って置いたらいいでしょうね
その時 このようなハウスを置くのだったら 基礎にアンカーボルトでハウスが
風で吹き飛ばされないように固定する場所を工夫しておいたらいいでしょう。

No title

成る程、アンカーボルトですね。
コンクリートの打ち直しはできませんからね。
台風とか、梅雨時は、赤道儀を家に避難させますが、普段は、除湿機能も必要か、、、、等と、色々考えてます。
基礎には、ステンレスで、何か棒を出して置くようにします。
防水シートになるかもですが、何れにも必要ですからね。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数