M-GENガイド鏡の研究

赤道儀で星を撮影する場合内臓モーターだけでは星の高度など大気の屈折で位置が違うように見える為
オートガイダーというもので実際見える星によりモーターを制御して星を追尾撮影できる
自分も遅ればせながら今年の8月に「M-GEN」というオートガイダーを買ったのだが
最近まで天気が悪く実験できなかった ようやく晴れの日が続いたので 少しオートガイダーの
使い方がようやく少しだけ分かって来た

オートガイダーM-GENの使い方 ←自分なりに説明したのでクリックしてご覧ください

自分が購入したのはコーワの焦点75ミリのガイド鏡とCCDカメラとコントローラーがセットになったものだ
焦点75ミリだと星の像はかなり小さいはずだ 100ミリだと星像が少し大きいだろうが安い方を買ったのだ

今まで何回か撮影に使用してみた結果気付いた事がある それは撮影用望遠レンズと同じ方向に
向いているように固定して取り付けていたから ガイド星になるような適当な星が無い場合がある
その場合でも7等星くらいの星は空に万遍とあるから 星が全くない訳ではない
オートガイダーが自動でガイド星を選んでくれるからなのだが これが暗い小さな星だと失敗しやすい事が
やっとわかったのである いろいろ試した結果少し明るい星をガイド星に選んだ方が結果がいいのだ
写したい方向に明るい星が無い場合も多いのだった その場合でも少しずらせば見つかる場合がある

今までのオートガイダー取り付け位置はここ
0290000086.jpg

そこで考えた このガイド鏡を少し手動で動かしてガイド星を自由に適当なのを選べるようにしよう

いままでの取り付け方法はカメラを取り付けるアリガタマウントに固定だった
それぞれ人により取り付け方は違う 正解はないから自分で研究するしかない
0290000075.jpg

それを小型の自由雲台で動かせるようにしようと思案して作成したのが下の写真
0290000076.jpg

赤道儀に取り付けるとこのようになる 大体カメラレンズの方向を向けて設置
0290000078.jpg

0290000077.jpg

自由雲台なのでガイド鏡の向きを変えられる これは絶対便利だと思う「失敗は発明の母」である
0290000079.jpg



ところで このガイド鏡の写野はどのくらいあるのか説明書にも書いていない
試しに星の明るさや配列が解り易い「すばる」にガイド鏡を向けてみた

M45すばるの明るさは星図によると
0290000087.jpg

実際のハンドコントローラーの液晶画面 11月5日撮影
0290000080.jpg

星が多すぎるので ゲインを7から6に下げ 露出時間を1000ミリ秒から800ミリ秒に下げてみた
すばるの形が良く分かる 試しに赤丸の枠内の星を選択してガイド星にしてみた
星図で確認すると選んだ星は4等星だ 
0290000081.jpg

gui mask 画面ではこのくらいの大きさの星像になる
0290000082.jpg

これだったらガイド星として有効だろう
0290000083.jpg

構図は考えずに これでオートガイドした「すばる」である レンズは600ミリ望遠
ISO感度1600 露出5分間を6枚合成 総露出時間30分間
0290000084.jpg

カメラの写す範囲は縦横比は3体4であるし ガイド鏡の写す範囲はほぼ正方形なので 比較できないが
結構ガイド鏡が狙っている範囲は狭い事を初めてしったのだ
APS-Cカメラで500~600ミリ望遠レンズが狙ったくらいの範囲をガイド鏡は写していることが分かった

これさえ知れば 暗い星ばかりで明るいガイド星が画面に無い場合でも 自由雲台を緩めて
少し周りを探して3~4等星くらいの明るい星をガイドにすればいいだろうという事が分かったのだった
コントローラ画面には6~7~8等星の星が1ドットの点に写っているが 少なくとも2ドット以上の星で
ガイドするほうが良さそうだ これでどこでもオートガイド出来そうな事が実験できた
ガイド鏡の向きは少しくらい向きを変えてなるべく目的に近い明るい星を探しても大丈夫であろう

しかし まだこのオートガイダーM-GENの使い方はわからない事が多い 大体モードが0 1 2 とあって
どれがいいのかわからないし tol とか aggr とかどのくらいがいいのかこれから
試験撮影をこなして自分流を探すしかないようだ マニュアルを読んでもまったくわからないのだから
マニュアルには書けないのだと思う その時の星空の様子は地域・季節・光害・シーイング条件などで違うからだ




コメントの投稿

非公開コメント

M-GENの画角

いい雲台をおつくりになりましたね。
勉強になります。
一昨日、800mmの反射で撮ったPleiadesより、少し画角が広い感じですね。
M31を撮ろうとして、ガイド星を探していましたが、ゲインとか露出時間の設定がいい加減で、液晶画面に星らしきものが見当たらないことがありました。
感覚的に、画角が解りましたので、今後のオートガイドの参考になります。
ありがとうございます。
オヤジも、M-GENは解らないことだらけです。
もう少し早く買ってれば、ノンビリ夜空を見ながらオートガイドの勉強ができたのですが、寒くなりました。(笑)

No title

オヤジ様へ

投稿有難うございます
M31に向けると適当なガイド星が出ないですね

ガイド鏡はどのくらいの範囲が見えているのか知りたくなって
M45に向けてみました たぶんこれで今後の参考になるかもしれません

ゲインを上げるとノイズか星なのか分かりにくくなりますし
難しいですね
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数