空中アクアリウム

先日初めて友達になった「サカナハウス」の岩田さん方に遊びに行ってみました
アクリル樹脂の箱とパイプを組み合わせて水路を作ったのが 岩田さん独自開発の「水槽革命」
02865754616.jpg

02865754617.jpg

金魚も熱帯魚もこの立体迷路水槽の中で住んでいます
02865754618.jpg

水が高く上がっているのは箱の中の空気を抜いているから大気圧で水面が上がるのです
02865754619.jpg

壁には工作道具が 商品化して販売したいのだそうです その小型に作った商品見本
02865754620.jpg

水槽の中はいつも水を流しています これによりいろんなメリットがあり特許を取得できるそうです
この部屋は6台のポンプが稼働していましたが 普通は1台のポンプでできるそうです
02865754621.jpg

夜青色LEDなどで照明するときれいなんだそうです
02865754622.jpg

02865754623.jpg

底には水草を敷くそうです
02865754624.jpg

水槽に貼り付いているのは苔を食べてくれるアマゾン産の魚です
02865754625.jpg

目の高さで泳ぐサカナ
02865754626.jpg

02865754627.jpg

岩田さんは東北大震災の時は福岡にいたのですが その後生まれ故郷の佐伯市に戻ってきました
今は絶対に津波が来ない直川に住んでいて 小さい魚を洗面器で育てていましたが それから
どんどんアクリル樹脂の箱を繋いだりして飼い始め 試行錯誤でここまでなったそうです
多分かかった費用は500万円以上でしょう 今後は生活の為この「空中アクアリウム水槽」を世の中に
売り込んでいこうと日夜努力しています

餌やリの方法とか水面を高くする方法とか 苔がつかない方法とか 手が入らない横のパイプの中でサカナが死んだら
どうしてその死んだサカナを回収するのかとか 何年も考えて研究してきたのです

自分もお金にならないのにパノラマ写真をたくさん作ったり 立体写真をつくってきたり
その為の機材にすごく金を投資しました おそらく自分も遊びに500万円くらいは使ったでしょう
今も年金暮らしなのに 趣味の天体写真を撮るため機材確保に投資しています
凧からの空撮写真を撮るためのいろんな工夫努力してきましたが 5年必死で頑張れば
日本一になれると思うし いろんなアイデアが大体まとまってくるという事を
自分も岩田さんも同様いろんな実験で気付いたようです やっぱり電波高校卒業の技術屋魂の人間でした
自分は趣味ですが 岩田さんはまだ若いので生活の為事業にしたいと思っています 是非協力できる方が
あれば 資金面・販売面・製造面などでパートナーを探しているそうですから興味のある方は連絡してみてください

自分もそうですが 中学から熊本の高校に行った人間は地元の高校に通っていないので
同級生友達が佐伯市にいないという友達や知り合いが大変少ないのです お魚好きな方いませんか

明日はこの水槽の動画をアップしたいと思います お楽しみに




コメントの投稿

非公開コメント

後輩の起業

立体化した水槽で魚を飼育する方法を考えるとは、すごい発想ですね💖さすが、カラスの目さんの後輩です😘商品化して、販売ルートにのせて利益を得ることが大変ですね💝今は、ネットがあるので、上手く商品化できるかも知れません😊頑張って欲しいですね😍

No title

凧男さん おはようございます

面白そうな事はとことんやってみる性格が僕と同じですね
大震災後仕事をやめて 何かしていこうと それまでサカナを飼うことは
全くやったこともないのに パイプを伝わって縦や横に動けるようにした
事 今までになかった水槽を真空にして上まで水があがるとか
特許がいくつも取れる発明です これからは販売ルートに乗せる事ですが

ネットだけでは販売できないでしょうね 回って歩いて営業努力が今後大変だと
思います

僕もいろんな発明工夫をしましたが特許とっても売れないようなマイナーな
事ばかりです
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数