常設赤道儀

自宅ベランダでどうしてもSWAT赤道儀を使いたい自分は毎日その為に工夫をしている
夜になって 赤道儀を据えてみる 極軸を合わせておくのだ
02865754532.jpg

外付け極軸望遠鏡でだいたい北を合わせて置いた
02865754533.jpg

その脚の場所に印をつけた 緯度経度はグーグルマップで調べた
02865754534.jpg

下の写真2枚は97年11月とあるから19年前の若かりし頃の写真だ
当然その頃インターネットはしてないしデジタルカメラも持っていなかったが
自宅を新築した その数年前から木立の山中に土地を買って20cmのタカハシ製反射望遠鏡を
据え付けた天文観測所を持っていたのだが その天文台は台風で屋根が吹き飛ばされ 置く場所がなくなり
仲町商店街のプラザ倉庫に保管していたMT-200だ それを自宅を建てたのでこのベランダで組み立てたのだ
02865754535.jpg

もうその自宅を建てた頃天体写真は撮っていなかったし 置く場所がないのでベランダに出しておいたのだ
当時54歳だったが これは重くてとても簡単に出し入れがきつく 若い当時でも出来なかったのだ
結局自宅建築資金が不足で天文台を建てていた土地も小屋も売り MT-200も大型赤道儀NJPもピラー脚など
その後馬鹿みたいな大安値で処分してしまった

この自宅では このMT-200で写真撮影はしなかったが 山裾に買った土地のスライディングルーフの小屋では
FC-76をガイド鏡600倍にして 目視しながら十字の交点にガイド星がずれないよう手動で
星を追いかけていた ガイド星を見つけて20分も追いかけるのはたいへんつらい作業だった

今思えば時代はまったく変わり デジタルで星を追いかけるのだからすごい 一度やって見たかった
02865754536.jpg

当時この望遠鏡にはいつもカバーを被せていた そのカバーはあるはずで探してみた
あったが内側が湿った感じがするので干している
02865754537.jpg

赤道儀にかぶせてみた 当然大きすぎる
02865754538.jpg

自宅を塗装し直した時人工芝を剥がしていたのでそれも両面テープで貼りなおした
これを貼っておかないと冬になると薄く霜が氷になって床に貼りつくため滑って危険だからだ
02865754554.jpg

9日の夜上弦の月である 12時には月が沈むだろうと極軸だけを合わせておいた
02865754539.jpg

10日0時過ぎ目を覚ましてしばらく星が見えるのを待つが星が見えない
02865754540.jpg

午前3時にも起きてみたが ほとんど空は雲ばかりで駄目であった そのままにしておく

朝6時半ベランダに出てみるカバーもびっしょり濡れている
02865754541.jpg

望遠レンズもスポットファインダーもすべて露がついている
02865754543.jpg

M-GENガイド鏡レンズも露がついている
MT-200用のカバーで広すぎるから 中の空気も多く湿ってしまうのだろう
02865754555.jpg

カメラやM-GENしすてむだけ普通は外しておいてポタ赤道儀はいつもこのベランダに出しておこうと決めた
それなら無駄な体力を使わずにすぐ撮影したいときできるから いちいち極軸を合わせる必要もない
02865754545.jpg

ホームセンターで大きなポリ袋を10枚買ってきた これでぴったり大きさの赤道儀カバーを作るのだ
02865754546.jpg

丸くなっている針金をまっすぐ伸ばすのは難しいが やっと一辺66cm正三角形に近い形を作る
それにこのポリ袋を両目テープで貼り付ける
今までの凧造りの技が役に立つ
02865754556.jpg

ポリ袋は二重にしようと2枚重ねている
02865754548.jpg

02865754549.jpg

これを常設する赤道儀カバーにするのだ
02865754550.jpg

ぎりぎりでちょうどいい大きさだった 濡れた誠報社製の望遠鏡カバーは干してまた保存しておこう
02865754551.jpg

上の方を縛っておけば飛んでいくこともないだろう
02865754552.jpg

この日からベランダには常設赤道儀が据わった事になった
この部分は下からも板をねじ止めし補強している
02865754553.jpg

ポリ袋の大仏様が今後ベランダに居座る事になる
そして再びそのままで夜が明け11日の朝である 外側のカバーは夜露でびっしょり
02865754557.jpg

カバーを取り外しても大丈夫だ水滴は全くない
02865754558.jpg

昨日 見ていたら針金は真っすぐならなくて隙間から風が入るので 改良 下の針金をアルミ板の棒で作り直していたのだ
02865754559.jpg

多分これで ベランダに赤道儀専用保管場所ができたようなものだ
02865754560.jpg

友達のMさんは自分だったら車庫に赤道儀や三脚を保管しておくというが 車庫は雨が降るとどこからか
雨が染み出し床が雨でびっしょり湿気が多いから自分はここには保管したくない
ここは屋上なので 昼間はすぐ太陽光で乾燥する ベランダ上の保管場所が出来た
カバーを取るだけですぐ使える 面倒くさがりやの自分にはピッタリ

雨が降ってびしょ濡れでもこのまま赤道儀はベランダにほったらかしである
02865754564.jpg

未だに600ミリレンズとSWATとM-GENでオートガイドは成功していないが もうできたも同じことだ
しばらく月が大きくなるので観測も実験もまたお預けである 簡単に成功しないのも面白い
快晴が続けば必ず成功すると信じている




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数