ポールマスター(PoleMaster)購入使ってみた

電子極軸望遠鏡ポールマスターQHYCCDが届いた 注文して翌日には届くのだから便利だ
注文した時点でノートパソコンに ドライバーとソフトをこちらからダウンロードした
ソフトの最新バージョンは Ver1.3.2.5 である

それからベニヤ板の切れ端と購入してきた長さ91cmの細い角材で高さの高い簡単なパソコン台を作った
膝や腰が痛くてかがめないので極軸望遠鏡を覗くのが実は大変なのだ そういう理由もあり
今回電子極軸望遠鏡を取り入れたのだ パソコンも立ったままで操作できる台が必要なので自作した
02865754407.jpg

天板は奥行き30cm幅48cm高さ92cm 重さはわずか3000gしかないので軽く片手で運べる
注文したポールマスタにSWAT用接続アダプター付きで税込み34500円だった

USB接続ケーブルとインストールプログラムと動画マニュアルのDVD付きで日本語マニュアルもある
天文ハウスTOMITAが日本語に翻訳したようだ
02865754408.jpg

昨日まだ明るいうちにと早めにベランダで組み立てる
02865754410.jpg

今までは外付け極軸望遠鏡を上に伸ばして北極星を入れていたが ポールマスタ取り付け位置は
回転盤の中心なので今までの高さだと北極星が自分ちの屋根に隠れて見えない
三脚の足を20cm以上伸ばし高くした これならどうにか見えるだろう

ノートパソコンとマウスもいる(ノートパソコンは滅多に使わないのでタッチパネルで操作できないマウスが便利)
Windows7のパソコンだ Windows10にアップグレードはしなかった
02865754435.jpg

この時まで晴れていたがすぐ雲が広がり始めた
02865754412.jpg

ポールマスターは前の日作っていたテーパーキャッチャーへ納めるこの時USB接続部分を左にしておく
02865754413.jpg

02865754436.jpg

02865754437.jpg

午後7時半すぎると肉眼では土星火星アンタレスが南に見える
02865754414.jpg

パソコンを起動
02865754415.jpg

ノートパソコンの液晶の灯りに小さな虫が気持ち悪いほど集まって来て画面上を這い回る 殺虫剤スプレーを吹き付けたら
べとべとして画面上に虫が貼りついちゃった

雲が覆ってきたやばい
02865754416.jpg

せっかちな自分はそれでも初めての極軸合わせに挑戦 ソフトを起動
02865754417.jpg

接続をクリックしてポールマスターが接続されていればOK
パラメーター設定画面だ 起動したら日本語を選んでおくといい
この画面で露出とゲインを適当にその日の夜空の状態でセットする
ポールマスター自体が夜空専用に作られたビデオカメラだ 星が写るだいたい真北近くに合わせて
いたので北極星が真ん中付近に写っている
02865754418.jpg

露出を100ゲインを70にしてみた ウィンドウは画面最大にしておいた方がいいみたい
02865754419.jpg

多分北極星が一番明るい中央付近の星なのでこの星をダブルクリック
02865754420.jpg

マウスを置いた周辺が拡大されて左上の丸い枠の中に出ているようだ
02865754421.jpg

基準星に丸い枠(スケールパターン)がでてくるので これが星にぴったり合うように回転スライドバーをスクロール
この回転スライドバー上にマウスを持ってきてマウスのホイールを回す方が操作しやすい
02865754422.jpg

星と合わさった状態である
02865754423.jpg

基準星をどれか選んで望遠鏡の赤経軸を40度くらい回転させる 星も動くはずだから見失わないように
02865754424.jpg

最初は縦だが
02865754529.jpg

クランプを緩め30度から40度くらい右に手で回す
02865754530.jpg

同じ操作をもう一度繰り返す
02865754425.jpg

更に手で右に回した写真
02865754531.jpg

マニュアルでは緑色の円が表示されるとあるが 実際は白い線だった
赤経軸を戻してこの線上を星が戻るか確認する これで赤経の中心軸が正しく検出された事になる
02865754428.jpg

再度北極星をダブルクリックして星のスケールパターンを表示させる
02865754429.jpg

スケールパターンだ
02865754430.jpg

このパターンをマウスのホイールで回転させて写っている星と同期させる
02865754431.jpg

小さな輪があるのでそこに手動で赤道儀本体の上下左右の微動装置を操作して
北極星を輪の真ん中にやれば 極軸が合うという事だった
更に極限まで追い込むには気流が安定していないとできないそうだ

極軸の粗調整が終わったら ソフトのメニューの切断をクリックしてから ポールマスターを
取り外す パソコンも終了し邪魔にならない場所へ

実際に極軸が合ったか撮影して確かめたかったがそのころから雲で全天覆われ全く星が見えなくなり
午後9時過ぎ撮影はあきらめ今回の実験は終了した 証拠はないがたぶんこれで極軸合わせは良かったとは思う
M-GENのテストはまだまだいつできるか分からない 
とにかくノートパソコンに集まる虫も迷惑だった あまり体をかがめなくて出来るのが良かった
マニュアルは見ないでも ほとんど操作手順が画面に示されて良かった感でできる
M-GENは操作手順が本当に難しい 雲がいつも出て来て ガイド星を見失い
LOST STAR が出てしまう 雲に隠されてしまうからだ 
今回のポールマスター実験も何回も雲で遮られてパソコン上から星が見えなくなって苦労した
とにかく晴れないと駄目だ




コメントの投稿

非公開コメント

極軸合わせについて

はじめまして。いつも拝見させて頂いてます。polemasterを使うとき赤経を40度程回転させる必要がありますが、この操作はSWATでは高速回転ボタンもしくはリモコンで操作するのでしょうか?それともターンテーブルを粗動回転させておられますか?

極軸合わせの件

takuさん こんにちは
高速ボタンやリモコンは要りません

手でクランプを緩めて回転させるだけです
戻す時も クランプを緩めて元に戻します

すると円がパソコンに描かれ その円に沿って
自分が選んだ基準星が戻っていくのを確かめるだけです

ありがとうございました

ご回答ありがとうございました。手で回すことでブレなど生じないかなと危惧しておりましたが、今度試してみたいと思います。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数