親切な天体友達

天体友達のMさんが使っていると知って 自分も使いたいとM-GENオートガイダーを7月初めに購入しました
Mさんは自分より数か月前からSWATのポータブル赤道儀を使っていた友達です だからいろいろ詳しいのです
自分のホームページの中で M-GENの使い方 ←クリック というページを作成しています
これは自分が理解する為作ったのですが こんなページに誰も気づきませんが
この僕のページを知っていて見てくれるのはMさんだけくらいでしょう

昨日Mさんが来られて 「ケーブルを掛けている場所が悪いケーブルの重さでバランスが崩れ
オートガイドが失敗している」と親切にも忠告してくれます リモートタイマーもこんな場所に掛けては駄目と云うのです

この写真の事ですがこれは 単にHP用に解り易くするため写真を撮っただけなのです
赤いジャックのコードがガイドカメラとハンドコントローラに挿入していると見せる為このように撮影したのです
mgen089.jpg

M-GENに挿してある赤いジャックのコードの事です 確かにこのケーブルは太くて長くて重いのです
実は このコードはLANケーブルでいいのです 実際に使う時は
短く軽いLANケーブルを使っています このM-GENを買った時から使う時はこの軽い1mのLANケーブル
を使い重さで負荷をかけないようすべてしています
ただ 付属品だったのでわざとこの写真ではセットの赤い付属ケーブルを取り付けて写真を撮っただけなのです
02865754246.jpg

黄色いジャックのケーブルは電話コード(FAXなどで使うコード)らしいのですが
こちらでは 6極6芯の短い1mくらいの電話ケーブルは手に入りません
電話ケーブルは6極4芯が多く 6芯で短い1mくらいのケーブルが売っていないのです
仕方なく これは付属のケーブルで使っています それにこちらは三脚の足にしばりつけたコントローラに
挿入するだけで重さの負荷は与えていません 他の露除けヒーターのコードも実際にオートガイド使用中は
重さの負荷がかからないようにしています

下の写真はリモートタイマーですが 左が純正のキャノン製ですが 自分が天体用に使う昔のカメラX3に合うピンジャックを
取り付けていますが 純正リモートタイマーより ネットで買った安い中国製の方が便利なのです
こちらもコードを長くしてつないで重さに負荷をかけない工夫をしています
02865754247.jpg

中国製の安いのは 作り方がかなりボロでチャチです 本体とコードの付け根が外れそうなのでボンドで固定しました
緑の絶縁テープを巻いた部分
この安い中国製が便利な理由は 作動中は赤いLEDが点灯する事と残り枚数が何枚か分かる事です
キャノンのカメラはタイマー作動中はカメラ本体に赤いLEDが点灯しますが
カメラがこちら向きだと裏側になり見えないのでタイマーのLEDで確認できタイマーが終了したとか
カメラの裏側を見に行かなくとも判別できるのです

  便利な反面 中国製はタイマーとしての時間はかなり狂っていて 60秒露出しても58秒とか57秒とか短くなります
キャノンの純正はタイマーの時間が正しく作動しています1分で2秒も狂っていてタイマーとしては駄目です

ネットで販売されている多くの商品が中国製です 今のキャノン一眼用のリモートタイマーも購入しましたが
最初に買ったのは全く駄目商品で コネクターのサイズが少し太くキャノンに合わないのです
これは返品しましたが バッテリーの偽の安いものはこれは使っては駄目ですね 持続時間も
短いし そのうち剥がれてバッテリー自体が壊れてしまいます バッテリーだけは純正が一番

その他自分はいろいろ工夫するのが好きなので 天体写真が撮れなくても工作が好きなのでのめり込んでいます
これはアルカスイス型のプレートなど利用する方法を工作してみた写真です
結局アルカスイスは大型のレンズには弱そうだし ついうっかりネジを緩めて大事なカメラやレンズを
落としそうだと思ってこの案はやめました
02865754248.jpg

木でこのような枠を作ってそれにガイド鏡を載せることも実験しました
02865754255.jpg

02865754257.jpg

その後もっと薄くしようと角材の枠にベニヤ板を張って
02865754249.jpg

杉角材とシナベニヤ板ですが 結構見かけよりしっかりした作りなんですよ
02865754251.jpg

でもガイド鏡が中心よりかなり外側なのでバランスウェイトが重くなるのでこれも中止
02865754250.jpg

その他使わない時はガイドカメラを外せるようにガイド鏡をクリップで挟んでとめるという方法も試験しました
02865754252.jpg

ケンコースカイメモSに取り付けた例 価格の安いスカイメモSだがオートガイダーの端子がついている 夜になると
星がでなくなって実験はできていない
02865754253.jpg

でもクリップで挟んでいるだけですので 夜真っ暗だといつの間にか方向がずれている事があるという事に気付きました
02865754254.jpg

結局重いアルミのアリガタプレートとアルミ板に取り付けるのが一番安定しているなどわかって来ました
それがこれ重いけれど一番しっかりしています
02865754256.jpg

天体写真撮れなくてもこういう工作をする方が自分には楽しいのです 常人には解らない楽しみ方です
いろいろ天体写真撮影にはいろんな工夫が必要な事を昨日に引き続き 今日このブログに記述しました

凧揚げて空撮する場合も凧にいろいろ工夫して安定して揚がるようにしたり
空撮リグを軽いけれど安心して空撮できるように 自分なりに工夫するのが面白い
空撮も天体写真撮影も 自分の機材に合う工夫をしなければ駄目と思うのです

親切なMさんの教えのおかげでそのうちバッチリした天体写真を撮れると思っていますが
毎日最近空には雲がでていて 未だにオートガイド成功していないのが実情です
使い方は自分用に M-GENの使い方 ←クリック というページを作っています
興味のある方はご覧ください
天気が悪くオートガイダーの本来の撮影実験は実践できていません




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数