739枚を連続で

凧から空撮するのに 普通は静止画(約5秒間隔のインターバル撮影)で撮影します
画像をパソコンに保存するとき まあ良く写っただろうという写真だけ保存しています

今回の実験は全部保存してこれを雲の動画のように パラパラ動画にしたら見られるかという初めての実験

番匠川の河口の干潟が一番出る時間を狙って凧を歩きながら干潟の端から端まで歩いて凧揚げです
約1時間かかりました ドローンなどではふつう最高でも20分くらいしか飛ばせないませんが
凧は自然の力で浮いていますから風さえ良ければ何時間でも揚げていられます
暑くて熱中症にならないよう1時間でやめましたが何時間でも揚げられそうな日でした

02865754154.jpg


普通雲の動画は1秒間に15枚くらいの写真を使いますが それではあまりにも景色が
瞬間で分からないだろうと 1秒間に4枚の映像を使っています

それでは 下の動画をクリックしてご覧ください


以前ドローン用のジンバルを使って安定した水平が傾かないのを撮影実験したことがありますが
なかなか成功する日が無く 今回は簡単に回転リグに搭載しただけです
揺れていますが これでも安定したほうです

最初から最後までの静止画4分の1秒間ずつの映像でした




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数