アサギマダラ



アサギマダラという蝶がいます 最近の調査では東南アジアからはるばる最長では2000kmも
海の上を移動して涼しい日本の北の方で夏を過ごすそうです

有名なのは大分県の姫島で春の今頃数千頭のアサギマダラが飛来して長旅を姫島で休む様子が見られるのです
佐賀関半島でも見られるそうなので 佐伯市でも見られるのではと佐伯市米水津空の公園に行って探しました
望遠レンズを付けたデジタル一眼でアサギマダラを撮影しようと思ったのです

ある場所で見つけました 「アサギマダラ」です
02865753527.jpg

飛んでる飛んでる
02865753528.jpg

下の写真で1頭にマーキングされています 写した時点ではわかりませんでしたが
連写して数多く写真を撮ったのでその中にこのマーキングされた蝶が写っていたのです
02865753529.jpg

上の写真をトリミングしてみました KOー9 とマーキングされています
02865753530.jpg

こちらも
02865753531.jpg

トリミングしてみると
文字は違うので違う個体ですが 片側の羽根に「ヨノウヅ」と読めます
02865753532.jpg

おそらく米水津のアサギマダラを守る会の方々が ここでマーキングしたのだと思います
マーキングした事で どこから飛んできたか調べる事が出来るのです
02865753533.jpg

アサギマダラの名は色の名前にある「あさぎ色」という色から来ています
薄い水色のような色が日本では古来あさぎ色と呼ばれています
浅葱色(あさぎいろ)とは、葱藍 たであいで染めた薄い藍色のことです
浅葱とは薄い葱 ねぎの葉にちなんだ色で、平安時代にはその名が見られる古くからの伝統色
02865753534.jpg

02865753535.jpg

02865753536.jpg

02865753537.jpg

02865753538.jpg

02865753539.jpg

02865753540.jpg

02865753541.jpg

02865753542.jpg

02865753543.jpg

02865753545.jpg

米水津アサギマダラを守る会がやはりあったのです
02865753546.jpg

私ハンドル名「カラスの目」も優しく見守っています
02865753544.jpg

1000kmも海を越えて渡ってくる小さな蝶の意外な力に驚いたのでした この日多分30頭くらいはいました
蜂やカラスもこの花が好きなのか 花の名前はなんだろう?
02865753548.jpg

02865753549.jpg

02865753550.jpg

アサギマダラの会が植えたのでしょう

下の写真は農業公園で昔撮影した写真で同じくらいの大きさで「オオゴマダラ」という蝶です
02865753551.jpg

このオオゴマガラのさなぎが本当にきれいで金色なのです
02865753552.jpg

自然界でこのようにきれいな黄金色は珍しいですが羽化すると半透明になります
02865753553.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数