立体写真の実験2



先日別府の城島高原パークで使った立体撮影架台はカメラを横置きにして撮影するものだった
今度は その手持ち台にベニヤ板で作った2個のL型のカメラ取り付け台を取り付けてみた
0286574334.jpg

カメラを取り付けてみる
0286574335.jpg

正面からだと
0286574336.jpg

このカメラ空撮用に買っていたものだが 今空撮にはキャノンのEXYばかり使っていて出番がない
それで活用方法を考えているのだ

こうして縦構図で撮影すると 赤青メガネで見る立体写真(アナグリフ写真)では 下の写真になる
0286574337.jpg

赤青または赤緑のメガネで見ると簡単に立体視できるが 欠点もある それは赤などの色が黒く汚れてしまう事だ

それを解消するには裸眼で立体視できるように目を訓練してもらうことだ
交差法といって 右の目で左の写真を 左の目で右の写真を見てもらうと 自分の鼻の先を見つめるようにする
慣れると簡単に真ん中に立体写真が浮かび上がるから 試してほしい
交差法
0286574338.jpg

人によっては平行法(右の目は右の写真 左目で左の写真を見る)のほうが見えるという場合もある
下が平行法だ これは人により違うから裸眼で立体視する場合 自分はどちらか知っておくといいと思う
0286574339.jpg

最初のうち 裸眼で立体視はむつかしいが 練習すれば大概の方が裸眼立体視できるから
練習してみてください これで立体視するとどんな色も正常に見えるのでとても不思議で楽しいのだ

ブログなどに載せる場合2枚の写真を使うので 画面の大きさを考えると縦構図のほうがいいので撮影の手持ち台を
今回カメラを縦にして取り付けられるようにしたのでした

私のホームページ「立体写真デジカメで遊ぼう」 ←クリックしてご覧ください
いろんな立体写真があるので ぜひご覧ください


コメントの投稿

非公開コメント

No title

久しぶりの平行法、交差法の3Dですね。
私は交差法で直ぐに焦点は会うのですが、平行法は交差に比べて大きく映るのですが時間がかかります。
自分でも時折、交差法で立体映像を取り観ることがあります。

No title

鳶凧さん おはようございます
自分も交差法のほうが見やすいです それに交差法は大きな画面でも大丈夫ですが

平行法は目の幅より広がると見えないという欠点があります
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数