スカイメモSを高級赤道儀に その2



昨日の続きの工作である

スカイメモSで星を撮影する場合 普通には自由雲台で好きな方向を写せばいいのだが
少し大きなレンズを使うとバランスが崩れる場合がある そこで木でアリガタプレートとカメラ台座を作った
今回は明視野装置も使えるように考えたのだ
0286573939.jpg

アリガタプレートもベニヤ板にアルミ板を貼り付けて作った
0286573940.jpg

バランスウェイト用のシャフトは直径19ミリのステンレスパイプで自作
0286573941.jpg

つなぐと
0286573953.jpg

自由に向きを変えられる台座は既製品である 滅多に売れないので値段は高いが 自作不可能だ買うしかない
0286573943.jpg

バランスウェイトはこの前作ったものだが
0286573944.jpg

アリガタプレートに丸い穴を開けた位置を極軸望遠鏡に合わせて留める
0286573945.jpg

広角や標準レンズなどでは向きが変えられないがこの装置があると便利だ
0286573946.jpg

簡単にカメラの向きを縦や横にとか斜めでもできる優れものだ
0286573947.jpg

三脚のスカイメモSに取り付ける
三脚下の丸いものは百円ショップで買った植木鉢の皿だ
0286573948.jpg

明視野装置がちょうど入る
0286573949.jpg

望遠レンズは重くて今までのバランスウェイトは軽すぎてバランスが合わない
そこで ホームセンターで安いハンマーを探した 赤いハンマーを買って柄の部分でノコで切断
できたのが このウェイトである
0286573950.jpg

重さは約1Kgだった
0286573951.jpg

これなら重たい望遠レンズでもバランスを合わせられる
これで重さ4Kgだ スカイメモSの搭載可能重量は5Kgだから どうにか可能範囲に収まった
0286573952.jpg

これで 入門機のスカイメモSが高級ドイツ型赤道儀に変身である
工作の途中で見に来たMさんが どうせなら「タカハシ」の色に微動雲台を塗ればというので
白と緑を混ぜたら違う色になっていまった


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数