4本と5本どちらがいいか



微風の時用に軽いゴミ袋を熱溶着して作った翼面積最大の六角凧を作ったのだが これは4箇所糸目糸をつけている
縦骨は260cmの長さがある 直径7ミリのカーボンパイプだ 横骨は長さ191cm太さ5ミリ径
縦骨も横骨も真ん中付近でパイプに挿して接続している
0286573674.jpg

縦骨が持ちこたえるか心配になった そこで縦骨に5本目の糸目糸を結ぶ事にしたのだ
0286573677.jpg

これが5本の糸目糸の結んだ箇所である
上の横骨と下の横骨の間隔の上から3分の1弱の位置に5本目の糸目糸を結んでおく
0286573675.jpg

4本の糸目糸しかない場合は 縦骨がまっすぐだった 縦骨と横骨は接触していない
0286573687.jpg

5本目の糸目糸を結ぶとこうなる 縦骨は糸で引っ張られて曲がるので横骨に接触しているように見えるのだ
0286573686.jpg

その後ある日少し風のある日に5本糸目糸で揚げていたら 心配してた縦骨ではなくて下の横骨が真ん中の接合部分で
ぽっきり折れたのだ アチャーである
0286573676.jpg

他の凧の骨を外して再び横骨を作成 敗れた箇所も修理したのだ
横骨の太さも前と同じ直径5ミリのカーボンパイプである 修理終わって またまた試験の凧揚げをする
0286573678.jpg

車に凧糸のリールを結びつけて凧を揚げた
0286573679.jpg

横から縦骨の曲がり方を撮影するためだ
0286573685.jpg

多分糸目糸の長さはこんなもので良かろう
0286573680.jpg

0286573681.jpg

0286573682.jpg

デジカメもぶら下げて見ました
0286573683.jpg

0286573684.jpg

多分弱風での空撮なら静止凧になり最高に高性能な空撮凧と思う


コメントの投稿

非公開コメント

5mm径は

細過ぎると思います。過去に私も亀甲六角で5mm径の下側横骨が折れたことがあります。
今は6mm径の骨にしています。

No title

そうですねえ そのうち6ミリ径の骨(カーボンパイプ)を購入しようと思います

どうしても真ん中のつなぎ目が弱くなりそこで折れるようですので

1本で191cmの長さ6ミリ径の骨で横骨を予備用に作っておこうと思っています

邪道と言われますが…

このような大きな六角凧の場合には縦骨を守る?ために5本糸目にするのは良い方法です。大きな六角凧の場合に横骨を守るために上面の横骨と下面の横骨を3本糸目、凧の中央にも1本糸目を付けて合計7本糸目にします。この方法は室岡先生が空撮で実際に使っていた糸目です。(「手作り人工衛星・カイト・フォト」NTT出版P89)伝統を守る凧族には「邪道」と言われますが私なら六角凧の中央部分に上下の横骨より弱い横骨を入れます。

No title

凧男さん お早うございます

縦骨に糸を結ぶのが縦骨の保護につながるかまだ分かっていません

横骨の真ん中に糸を結ぶのはその理論でいけば横骨の折れ対策にいいかもしれません

今度 このままで横骨真中に上下2本の糸を結んでみます アイデア有り難うございます
糸を2本追加するだけで骨対策になるのなら簡単なものでそんなに重くはならないからです

5本糸目の大型六角の飛翔の姿を動画モードで撮ったのでそれをアップしました 
弱風以下の風ではとても安定した凧で安心して揚げられます
少し歩くだけで風が無くなり落ちそうな時でもすぐ揚がるので デジカメを落とす心配がありません
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数