ポリシートをミシン縫い



今年の7月からわずか1か月の間にいくつも凧を作って実験した
フローフォームカイトだけでも 最初アルミ蒸着シート1枚で作ったカイト
0286573435.jpg

これが上手くいったので 次に4枚のシートを使った4倍の広さのカイト
0286573436.jpg

これはバランスが悪かったので すぐゴミ箱へ

次に薄い半透明のゴミ袋を使って作ったカイト
0286573437.jpg

これは良かったのだが 空に浮かんでいると半透明で見えにくく面白くない
空撮にも使用してみたが 両面テープで各シートを貼りあわせているのでその接着が弱くすぐ剥がれるのが欠点だ
最近宮崎県北浦の海水浴場で揚げていたら剥がれてしまった
0286573438.jpg


今度は色つきのポリシートを空気室の横膜に使って 少し分かりやすくしようと考えた
更に 両面テープでは必ず剥がされてしまうのでミシンでポリシートを縫ったらどうだろうかと考えたのだ

ミシンで薄いゴミ袋を縫ってみる 半透明なので位置をきちんと合わせて縫える事がわかった
0286573439.jpg

ポリシートを縫ってフローフォームカイトを作る事にした
0286573440.jpg

カイト上面の膜をこうして縫って広いシートを作った
0286573441.jpg

側面はカラーポリシートである 凧友の鳶凧さんは空気室後ろは壁を作っていないというので
今回のカイトは空気室後方は一緒になるように仕切りのオレンジと緑は短くした
0286573442.jpg

こんどは 縫うのが難しい 最初に上の膜に全部の側面を縫い付ける
0286573443.jpg

広いので大変なのだ ポリシートをひきつらないように縫っていく 
0286573444.jpg

どうにか側面5枚を上の半透明ポリシート膜に縫い付けた
0286573445.jpg

これからが 大変だった 必死になっていて途中経過は写真にも納めていないが出来上がった
0286573446.jpg

こんな具合にミシンで縫っている 両面テープは使っていない 使うとミシンが縫えなくなるからだ
0286573447.jpg

たたむと小さくなるので持ち運びは楽だ
0286573448.jpg

やっぱり 下からだと側面の色がわからず 凧が揚がっていると分かり難い
0286573449.jpg

風が弱くなると空気室がひしゃげてすぐ落ちてくる
0286573451.jpg

0286573450.jpg

一応ポリシートもミシンで縫える事がわかっただけでも良かった
リップストップナイロンで縫うといいのだが高いし 布だと透けてみえないので縫う位置合わせが難しい
その点 ポリシートは透けているので縫いやすい


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ポリシートをミシンで塗ったことがありません。
(ブルーシートはありますが)
ミシンで縫うよりもハンダゴテで溶着した方が早く両面テープより強いのでは?
時折、ハンダゴテで溶着して凧を作っています。

No title

鳶凧さんへ コメント有難うございます

熱溶着も以前した事がありますが 結構難しかったので
今回はミシンで縫ってみました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数