軽量空撮用六角凧の製作



つい先日蒲江の高山海岸での実験で弱い風では小さくたためるフローフォームカイトではうまく風を受け止めて
空気室が広がり飛行機の翼の断面のようにきれいに広がらず カイトの用をなさない事がわかった

弱風ではやはり骨で翼面を張ってあったほうが有利のようであった
最近アルミ蒸着防災シートを使った六角凧を作ったばかりだけど これは防災シート1枚で作れる最大凧だ
自分の車の後席を倒せば大きな凧を運べるのだが 後席を倒さないでトランクルームに納められる最大の
六角凧を作りたかった この前の防災シートの横幅は130cmで作ったのだがもう少し大きく出来そうだ
少しでも大きければ空撮凧として利用できるのだ

つい先日完成したフローフォームカイトは薄い半透明の90リットル用のポリシートの袋を使ったカイトだが
この薄いポリシートの袋を2枚使って六角凧を作る事にする

横骨は147cmにして 縦骨は先日作った防災シートの六角凧の縦骨を兼用で使う事にする これは2本の骨を
つないで合計で200cmの長さにしている
横骨の1本は未使用のカーボンパイプを使い147cmが確保できたが もう1本横骨がない仕方がないので 他の凧を壊して
73.5cm2本をつないで147cmにする事にした 17cm防災シートの凧より幅が広くなる
そうして作り上げたのが下の写真である
0286573327.jpg

この写真のアルミパイプのつなぎ目は結局弱かった 試に上げたら案の定真ん中の継ぎ目から折れてしまったのだ
0286573335.jpg

その後すぐにもっと太いステンレスパイプと交換し改良した 写真は改良前の写真
0286573328.jpg

横骨はシートに両面テープとセロテープで固定接着している
0286573329.jpg

縦は2m 幅147cmの中型六角凧である
ポリシートがちょっとこのサイズの凧には薄すぎたと思うがもうここまで出来たのでこれを使うしかない
翼面積は2.35㎡なので空撮に使えるだろう 重さは約200gのとても軽い六角凧の完成だ
翼面荷重は0.9を切る超軽量凧だ 重さはこの前作った骨なしカイトのフローフォームとほぼ同じになった
0286573330.jpg

最近作ったアルミ蒸着防災シート1枚の六角と大きさ比べ 幅が17cm広い 縦の長さはどちらも同じだ
0286573332.jpg

縦骨を分割し心棒にしてくるくる巻けば これだけ
0286573331.jpg

妻に頼んでいらない布きれで長さ150cmの長い収納袋を作ってもらった
0286573333.jpg

どうにか後席を前に倒さずにこれで 斜めにトランクにいれれば このまま運べるのだ
0286573334.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

新作続々…

カラスの目さんの創作意欲が高まり次々と新しい凧を作られる様子を毎日、楽しく拝見しています。今度の凧も市販品にない高性能な六角凧ですので弱風空撮で活躍してくれることでしょう。

No title

凧男さんへ

本当はリップストップナイロンで縫った大型六角が最適なんですが 後席を倒さないと
長さが2m近くいるので なるべくぎりぎりに後部トランクだけで収納できる大きさにしました

ポリシートがあまりにも薄いのですぐ破れてしまいそうなのが気にかかりますが
これで10回以上は空撮したいと考えています
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数