星図に自分の写真を貼り付ける



パソコンにインストールして使う天文ソフトに「ステラナビゲーター」という天体シュミレーションソフトがあります
最近友達のMさんが購入して今のソフトは良いというので
自分もバージョン10の最新版を購入してみた

Mさんが新しい機能の「画像マッピング」を教えてくれたので 自分でもやってみた
自分が撮影したカメラとレンズを選択すると枠が出てくる
その中に自分が撮影した星の写真をサイズを合わせてパソコンのソフトの画面上にドラッグして
持ってきて あとは画像をクリックしたメニューで「自動位置合わせ」を選ぶと画像が星図に貼り付くのである

下の図でグレーの枠の中にM45が元々入っている星図の画像である
自分が撮影したM45の画像をドラッグして近くに持ってくるサイズも大体合わせるこれはオレンジの枠である
0286573154.jpg

オレンジの枠をスライドさせ大きさも星図と合わせる
0286573155.jpg

持って来た写真の中央を右クリックして出るメニューで「自動位置合わせ」があるので自動位置合わせをクリック
0286573156.jpg

すると貼り付けた画像が正しい位置に移動するのだ そこで位置を固定するとオレンジの線は消える
0286573157.jpg

自分が貼り付けたマッピング画像の管理画面だ 必要な画像だけを出しておかないとメモリー不足になる
0286573158.jpg

下はカメラをキャノンX3にレンズを280ミリにした場合だ
0286573152.jpg

初めに説明した方法で正しい位置に来るので後はメニューから固定を選ぶと星図に自分が撮った写真が貼り付く仕掛けだ
貼り付かせたM8とM20
0286573151.jpg

冬の写真も貼りつかせてみた バラ星雲である
0286573150.jpg

オリオン大星雲も
0286573149.jpg

貼りつけられるのはJPG画像だが大きなサイズを貼り付けるとパソコンのメモリー不足で
貼りつけられなくなる その場合マッピングした画像を非表示にすればOKだ

また星図の表示モードを「赤道座標モード」にして投影法を「心射図法」にしておくとよい
0286573153.jpg

何回かしてみるとすぐ理解できる 星図ソフトに自分が撮影した天体写真を貼り付かせられるのだ




コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数