日本凧発祥の地

3月2日五ヶ瀬川で凧揚げし空撮していました
その時 「凧発祥の地は日向市にあるんです」と教えてくれた方がいたのです
世界中では凧の発祥地は中国が定説です 日本では?

日本の発祥地は知りませんでした その石碑もあるというので 早速石碑を見に行ってみました
古事記によると今の日向市の美々津海岸が神武天皇一行が東征に大和に向け出発した地というのも定説です

美々津にある「日本最初の海軍発祥の地」碑
028656106.jpg

028656107.jpg

神武天皇は美々津を出た後東征の途中佐伯市の大入島に立ち寄りましたが島には近くに水はありません
神武天皇が矢を打ち浜を掘ったら浜から真水が湧きだしたという伝説が佐伯市にあります
明治時代の写真と思いますが 大入島の「神の井」です 浜に井戸があるのです
028656126.jpg

今でも満ち潮になると沈みますが飲まれるきれいな真水が不思議に湧き出ているのです
今は島を周る道路の内側ですが本当に海の傍なんです
028656127.jpg

神の井伝説 ←クリック


多分私の推測では神武天皇が美々津を船出する前に凧(旗)を揚げて風向きを見たのではと思います
地図で示しますと この碑と凧発祥の地はすぐ近くなんです
028656108.jpg

凧発祥の地の石碑はここにあります
028656100.jpg

ここはサンパーク温泉です この日は施設は休館日でした
028656101.jpg

体育施設の管理人に聞いても道の駅ひゅうがの方に聞いても「凧発祥の地」がなぜここにあるのか知りません
ここの海は柱状節理が少し壊れかかったような海岸です
028656102.jpg

柱状節理とは溶岩が地下から吹き出て冷えて固まる時柱状になる地形で日向に多いのです
028656128.jpg

028656129.jpg

028656103.jpg

028656104.jpg

弱風で海からの風が安定していたし 誰も来ない休館日なので凧揚げ空撮しました
028656105.jpg

以下の写真は凧からの空撮写真ですクリックすると少し大きくなります
028656109.jpg

028656110.jpg

028656111.jpg

028656112.jpg

028656113.jpg

028656114.jpg

028656115.jpg

028656116.jpg

028656117.jpg

028656118.jpg

028656119.jpg

028656120.jpg

「日本凧発祥之地」石碑はここにあります
028656121.jpg

028656122.jpg

028656123.jpg

028656124.jpg

028656125.jpg

日本凧発祥の地で凧揚げしかも空撮できて嬉しい
神武天皇がここで東征前の風を凧を揚げてみたのでしょう 凧発祥の地間違いないと信じます
美々津の海岸では毎年凧揚げ大会をしているそうです

 ↓ここに日本最初の凧である由来が書いてあります
神武天皇東征 ←クリックしてご覧ください


コメントの投稿

非公開コメント

発祥の地

九州は「神話の国」と聞いていましたが「凧発祥の地」が日向市にあることを初めて知りました。どんな由来で「凧発祥の地」になったのか(認定されているのか?)ぜひカラスの目さんに解明していただきたいです。

No title

何故ここに「日本凧の発祥地」の碑があるのか当然 ここサンパークが経営している
道の駅ひゅうがの係りや 体育施設の管理人など数人に聞きましたが
誰も石碑がある事すら知らないとか石碑のあるう事は知っていても
由来や理由などは知らないという方ばかりでした
毎年海岸で凧揚げ大会はしているという事はわかりました

帰ってすぐ 日向市市役所総務課 と日向観光協会に 早速メールで問い合わせていますが
まだ返事はありません

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数