ドブソニアン望遠鏡売ります

昔自作した直径25cmの凹面鏡を使ったドブソニアン望遠鏡を屋根裏に保管していました
昔は子供たちにこの大型望遠鏡を覗かせていたのですが 膝関節症と腰痛の私にはもう動かして
持ち運べません 丈夫に作っていたからです そこで薄いコンパネ(厚さ約12ミリ)の板と軽い
アルミアングルで作り直してみる事にして 昔のドブソニアン望遠鏡は解体しました

反射鏡と自作のセル部分です 反射鏡は約15年も前熊本のヨシカワ光器で買いましたが
値段は10万円以上したと思います 現在このような厚さのある反射鏡を手に入れる事は不可能です
02865173.jpg

反射鏡は直径25cm厚さが5cm近くある上等なものです 今では自作する方もほとんどいないので売っていません
焦点距離は1420ミリと長く惑星の観察にも向きます この厚さのガラスですから重いのですが
この凹面鏡を使う事にします セル(反射鏡を収める部分)もこのまま使用します
02865174.jpg

凹面鏡の下はプチプチを敷いています
02865175.jpg

カラーコンパネを買ってきて電動ノコで必要な大きさの板を切りだします
02865176.jpg

基本的には接眼レンズ部分と この反射鏡の部分と31cm角の二つの箱を作る事になります 
02865177.jpg

短い接眼レンズ部分の箱です
02865178.jpg

接眼レンズの部分はピントを合わせるのに長さを自由に出し入れできる事が必要です
ここは贅沢にもキャノンのヘリコイド式の鏡筒を使います ここだけで数万円
02865179.jpg

セル部分です
02865180.jpg

板は二重構造になっており 引きネジと押しネジで高さを調整し光軸調整が出来るようにしています
02865181.jpg

横から見ると構造が理解できるでしょう
厚さ15ミリのベニヤ板と8ミリボルトのみで自作したものです
02865182.jpg

主鏡は表面にメッキした凹面鏡になっています 光がガラスの中を通りませんから色収差が無いのが利点です
レンズだと光が屈折する時光の波長で屈折率が違い色収差がでます ですから大型望遠鏡は
1面だけ磨いた反射望遠鏡を使うのです レンズだと何枚も組み合わせるので磨くのが大変なのです
02865183.jpg

こちらは斜鏡といって斜め45度に置く平面橋です こちらは平面の厚さ1cmのガラス板にメッキしています
主鏡も斜鏡も自分で中心に光軸あわせの為マジックで点を描いています
02865184.jpg

主鏡の箱と 右が斜鏡の入る箱
02865185.jpg

斜鏡はここに取り付けます
02865186.jpg

箱の内側は黒のスプレーで マスキングしてないので外も汚れています
02865187.jpg

二つの箱をアルミアングルでつなぎます
02865188.jpg

ファインダーと接眼部を取り付けます 下の横に丸い円板も
02865189.jpg

こちらは木で作った台です
02865190.jpg

中心にボルトを差し込んでくるくる自由に回転できるように支え箱を
02865191.jpg

箱に載せればOKです 自由にフリーストップで見たい方向に動かせます
とても簡単なただ置くだけで観測できるシンプルな構造の天体望遠鏡です
02865192.jpg

真横から真上まで軽く回転できます この望遠鏡の重心は円形板の真ん中です
02865193.jpg

斜鏡はここにあります
02865202.jpg

02865195.jpg

02865196.jpg

光軸調整はここも重要な場所となります
02865194.jpg

02865197.jpg

昔この形のドブソニアンを作った時 雑誌「天文ガイド」から私の愛機というプレートを貰いました
02865194.jpg

円板にはしきい滑りを貼りつけて良く滑るようにしています
02865198.jpg

後方から見ると
02865199.jpg

組み立てが終わったら光軸調整とファインダーの調整をして完成です
見る位置は天頂附近でも私の目の高さしかありません
02865200.jpg

このドブソニアン式25cm望遠鏡欲しい方に売りたいと思います
02865201.jpg

3日間の作業で完成しましたが やはり重さは以前と比べ数キロ軽くはなりましたが
私にはこれを持って段差を上がったり下がったりするのは難しい 普通の大人なら 手軽に運べます

ということで 誰か近く九州の方でこれを欲しいという方に6万円~7万円で売りたいと思います
接眼レンズは24.5ミリのタカハシ製のオルソスコピック25㎜を1個付けます 25㎜で見るのが
一番扱いやすく見やすい倍率の57倍となります 瞳径は4.4ミリなのでとても明るいです
私が自分で車で運んでもいいし 佐伯市の我が家まで取に来ていただいてもいいです ご連絡ください
取り扱いは簡単です 集光力は肉眼の約1300倍あり とても明るく良く見えます 絶対お買い得です


コメントの投稿

非公開コメント

情熱に感動しました

ドブソニアンの自作を考えていてここにたどり着きました。
すごいですねぇ~
しかも、貴重な材料をふんだんに使って、
今ではもう、こんな仕様で作ることは難しいでしょう。
何より、これを作られた情熱に感動いたしました。

No title

コメント有難うございます
よくこのような記事を見つけてくださいまして有難うございます。

40歳代のころ自分で作ったのを少し軽くならないだろうかと 2年前作り直したものです
ところが 脊柱管狭窄症や変形性膝関節症で まったく動かすのも出来なくなり
最近では 小型ポータブル赤道儀で 自宅から星空をカメラで撮影しています
ホームページはhttp://tentai.site/
ですので良かったらごらんください。

処が 今年の春から体がさらに不調になり 肺炎で入院したり
今度は心臓弁膜症もわかり 手術をそのうち受ける予定で
もう 星空観察もあきらめなければいけない状態です。

とにかく コメント有難うございました。

No title

初めまして、山梨県に住んでいます。還暦を迎えましてたまに昔好きだった星空をまた見たくなりまして、
反射望遠鏡自作の所からたどり着きました、素晴らしい、ドブソニアンですね。まだ、ございますか。?
しかしながら九州ですのでとおかりしです。、
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数