FC2ブログ

豊後高田の魅力を探る

大分学研究会 第14回のツアーは10月26日実施されました

今回の旅は 悲劇の武将吉弘統幸から昭和の町まで-豊後高田の魅力を探る- でした 

午前8時半大分駅北口を出発し 別府からの方も乗っていざ豊後高田へ
02864467.jpg

途中車内で昨年放送された 故辻野先生が語る武将吉弘統幸のビデオ鑑賞しながら
02864468.jpg

今回同行説明くださったのは大畑雅英会員です
大畑先生は高校の教師でもあった方で豊後高田の栄法寺のご住職で歴史に詳しい先生です
02864469.jpg

平安時代からの田んぼが今も残る田染の荘園を進みます
02864470.jpg

バスから眺める屋山(標高543m)です
02864471.jpg

最初に訪れたのは 屋山中腹にある長安寺です
屋山の頂上に城を築いていたのが吉弘統幸だったのです 黒田官兵衛が中津城主となった時代です
吉弘統幸は主君の大友義統に東軍に付くよう勧めますが大友義統は聞き入れず
別府石垣原の決戦で黒田軍の井上九郎右衛門との一騎打ちで破れます
黒田家譜には「吉弘がごとき真の義士は、古今たぐいすくなき事なり」と絶賛しており
吉弘統幸を祀る神社は石垣原にあります

長安寺に到着
02864472.jpg

02864473.jpg

大畑先生のお話を聞きます
02864474.jpg

02864475.jpg

眺めのいい場所へ
02864476.jpg

02864477.jpg

石の仁王像があります
02864478.jpg

02864479.jpg

02864480.jpg

紅葉時期もいいでしょうね
02864481.jpg

長安寺のシャクナゲパノラマクリックしてご覧ください
tyouanji3.jpg


長安寺ご住職に重要文化財の収蔵庫の中を見せてもらいます
02864482.jpg

1130年作成された古い木像の太郎天像など
02864483.jpg

銅に法華経を刻んだ板
02864484.jpg

02864485.jpg

裏の境内には宝篋印塔などがありました
02864486.jpg

屋山の頂上までは歩いて30分あまりだそうです
02864487.jpg

吉弘統幸の首を洗ったという言い伝えが残る吉名川
02864488.jpg

吉弘統幸の墓がある金宗院跡の前です
02864489.jpg

ここで待っていてくれたのが豊後高田の市長である永松博文市長です
02864490.jpg

一緒に案内したいのだがイベントが多く市長は豊後高田を楽しんでとここでご挨拶して他へ移動されました
02864491.jpg

ここで市長を囲んで記念写真 後方に屋山が
02864492.jpg

02864493.jpg

金宗院跡の前
02864494.jpg

02864495.jpg

02864496.jpg

羅漢さんもここでは悲しそうに見えます
02864497.jpg

02864498.jpg

02864499.jpg

02864500.jpg

立派な国東塔
02864501.jpg

02864502.jpg

吉弘統幸の墓
02864503.jpg

02864504.jpg

02864505.jpg

02864506.jpg

実はもっとたくさんの墓や塔があったのですが墓ドロボウに盗られて減ってるのだそうです何と罰当りな
02864507.jpg

こんどは天念寺へ
02864508.jpg

修験の場として有名な峰歩きの山が天念寺の裏山の崖です
渡るのがとても恐ろしそうな無明橋が見えます
02864509.jpg

この辺は岩山が多いところです
02864511.jpg

ここで記念写真
02864510.jpg

天念寺耶馬パノラマ クリックしてご覧ください
tennenjiyaba.jpg


02864512.jpg

鬼会の里に入ります
02864513.jpg

国指定の12世紀前半頃の作と伝えられる木像阿弥陀如来像があります
02864514.jpg

天念寺は崖の下にあります
02864516.jpg

02864515.jpg

ここで開催される修正鬼会は1000年以上も前から続いており国の重要無形民俗文化財に指定されています
02864517.jpg

大たいまつです
02864518.jpg

02864519.jpg

02864520.jpg

川中不動です
02864521.jpg

午後1時料亭梅の屋さんで昼食です
02864522.jpg

02864523.jpg



02864524.jpg

カニは滅多にたべないので私は食べ方が下手くそですが とても美味しかった
02864525.jpg

02864526.jpg

02864527.jpg

新波止漁港から漁船とクルーザー船3隻に分乗します 私はこの漁船へ
02864528.jpg

救命胴着を着けて
02864529.jpg

02864530.jpg

02864569.jpg

長崎鼻を海から眺めるのは今回が初めてです
02864532.jpg

船長さんの左手のコントローラで操船できるのだそうです
02864533.jpg

長崎鼻です
02864534.jpg

02864535.jpg

02864536.jpg

長崎鼻の先端です
02864537.jpg

02864538.jpg

船は酔うからと乗らなかった方は岬先端で手を振っています
02864539.jpg

02864540.jpg

船からのパノラマ1クリックしてご覧ください
nagasakibanaumi.jpg

船からのパノラマ2←クリックしてご覧ください
umanose.jpg


02864541.jpg

02864543.jpg

こちらは島です 馬ノ瀬です
02864544.jpg

引き潮なので陸地と今はつながっています干満の差は3mあるそうです
02864545.jpg

姫島が向こうに見えます
02864546.jpg

02864547.jpg

02864542.jpg

これが岬ガザミ
02864548.jpg

02864549.jpg


豊後高田市の街へ 出迎えてくれたのは昭和の街の仕掛け人金谷俊樹会員です
02864550.jpg

豊後高田も他の地方都市でも昭和30年台にピークを迎え昭和40年台には衰退の道をたどります
そんな時商工会事務局の金谷さんの豊後高田を愛する熱血が商店主の考えを変えさせ
今まであった外装を取り払わせ 昔の家の姿のままを残して「昭和の町」と名付けて一躍有名にしたのでした


02864551.jpg

古くさいけど懐かしい町を歩きます
02864552.jpg

02864553.jpg

昔行商で使っていた車がここのお宝展示
02864554.jpg

7代目店主の持っている足袋は4代目のおかみさん5代目のおかみさんと2代にわたって
履かれた足袋で 大きな店でありながら 質素な生活をしながら商売を続けてこられたのがもう一つの宝
02864555.jpg

02864556.jpg

古くから使っていた道具がお宝の金物屋さん
02864557.jpg

昔みな使っていた肥後の守もいまでも店の大事な商品です
02864558.jpg

古い電気屋さん
02864559.jpg

昭和の三種の神器がウィンドウに
02864560.jpg

小さな手芸店
02864561.jpg

今でも昔の足踏み式ミシンが一番と愛用されています
02864562.jpg

昔のミシンは何でも縫えるそれは自動車メーカーが作っていたから
今のミシンは電気屋が作るだからストレッチとか厚い布地とか皮は縫えないが
昔のミシンは針と糸さえ変えれば何でも縫えるのだそうです そうです昔の方がモノづくりは良かった
02864563.jpg

お茶屋さんで
02864564.jpg

お茶の入れ方はぬるいお湯で入れるのが一番と
02864565.jpg

昔の蓄音機です
02864567.jpg

こちらのお肉屋さんでは
02864566.jpg

やっぱり手で回して肉を切るのが一番だそうです
02864568.jpg

古き良き時代 昭和のあの時代を思い出す旅でした


豊後高田市のパノラマページ ←クリック



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数