空撮トラブル

しょっちゅう凧揚げ空撮していると トラブルも時々発生します
最近ではカメラを落として壊すという事は無くなりましたが カメラの電源が入ってなくて
降ろしてみると写ってなかったり 回転リグの電源が入っていなかったりとか
いまだに単純なうっかりミスもあります

自作の糸巻を使っていますが ベニヤ板とボルトなどだけで作ったチャチな木製ですから 時々壊れます
ハンドルを回す時の力がかかりボンドが剥がれてしまったり ボルトが緩んでしまったり
02864040.jpg

凧糸は一番多く使っているのがポリエステルラインの100LBという凧糸です
この糸は引っ張りの強さで45kgまで耐えられるという事ですから 強風で揚げなければ普通は大丈夫です
でも毎日のように使っているとあちこちの箇所が毛羽立ったりしてきます
02864041.jpg

いずれ切れるかもしれないので点検してその場所は切ってつなぎ直します
02864042.jpg

空撮を始めた最初の頃 凧揚げ大会で子供が揚げる木綿の糸が絡まって急に糸を引っ張られ
私の糸は切られて凧は山へ吹き飛ばされ無くなり カメラなど大破した事もあります

02864043.jpg

下の写真は六角凧の縦骨の押さえです このようにしておくと簡単に縦骨を取り付けられます
凧もあちこちが痛んできます マジックテープ(面ファスナー)を縫い付けた力布が縫い目までほつれてしまって
はずれそうになったので ピンクのマジックファスナーに取り換えてみました 今度は2重に縫いました
02864044.jpg

とにかく 凧で空撮するには毎日の点検とメンテナンスが重要になります
布はこすれに弱いので いつの間にかリップストップナイロンが薄くなって破れてしまう事もあります


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数