大分学研究会第19回例会

7月26日大分県立図書館視聴覚ホールにて
大分学研究会 第19回例会が開催されました

今回のテーマは
大友宗麟と黒田官兵衛を考える~「親子で読む大分偉人伝」刊行記念~

下はNHKのポスターです
0286277.jpg

テーマが今話題の人物なので会員以外の一般の方の参加も多く 94名の出席でした
0286273.jpg

0286274.jpg

最初に牧達夫会員(NPO法人大友氏顕彰会)の講話で
「大友宗麟とその周辺の人物を考える」です
0286275.jpg

大友氏は1200年から1600年の400年間も栄えたのだそうです
大友宗麟は21代目です 九州六か国の領主でキリシタン大名で ヨーロッパにも一番知られた人物です
大友宗麟は大名として初めてザビエルを豊後(大分)に招へいしました
当時の世界地図には九州全体がBUNGOとして描かれています

引き続き
松本達雄会員(豊前国中津黒田武士顕彰会)の講話
「黒田官兵衛とその周辺の人物を考える」です
0286276.jpg

松本達雄氏達の活動が実を結び今年の大河ドラマは「軍師官兵衛」になったのです
0286278.jpg

黒田武士顕彰会で作成したカレンダー
0286285.jpg

会場からの質問に答える松本氏と牧氏
0286280.jpg

歴史というものは後の人が都合の良いように書き換えてきているので 大友宗麟についても
キリシタンを嫌った徳川時代の歴史家が史実を曲げて伝え大友宗麟を良くない人物と評価する方がいるが
決してそんな事はない偉大な人物だったというお話でした

その他会員だよりでは
塩手会員が辻野先生を偲ぶ詩吟を披露
0286281.jpg

野村会員が大友宗麟が始めた鶴崎踊りの案内といよいよ「勝海舟と坂本龍馬像」を建てる会が軌道に乗った事
9月14日には勝海舟の玄孫が鶴崎に来られて講演をするとのお話
0286282.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数