FC2ブログ

簡易赤道儀改良

先日作った簡易赤道儀では単眼鏡使用なので中心が分からず北極星を利用して真北を正確に合わせる事はできません
これがこの前作ってみた星野撮影架台です
0283796.jpg

3cmの一般的なファインダーでは十字線があるので中心を参考に大体真北に合わせられます
今回はファインダーを使った極軸望遠鏡付の星野撮影架台を作ってみました
杉角材やベニヤ板端切れの木材を加工し ファインダーの筒はボール紙で作った筒で支えます
0283890.jpg

ファインダーを取り付けます 回転軸は直径12ミリのボルトです
最初上下左右に動くようにしてファインダーが平行になるよう調整し平行になったところで
ボンドで固定しファインダーが動かないようにしますが この作業が難しいんです
0283891.jpg

6ミリボルトのハンドル回転駆動部分です 時計の秒針と同じ速さで回して星を追尾します
0283892.jpg

極軸望遠鏡です 木材や紙の工作ですからとても精度が悪いです
回転軸のボルトと完全に平行になるように作るのは自分の工作技能ではとても無理でした
このファインダーは倍率6倍で視野が8度あります
0283893.jpg

完成した星野撮影用簡易赤道儀架台
多分真北に合わせたつもりでも1度くらい真北からずれるくらいの誤差はでそうです
0283894.jpg

やっぱり手製の架台では精度が出ないので 誤差1度以内の工作は何度やっても難しい事がはっきりしました
これでも1度くらいの誤差であれば標準ズームレンズ以下の単焦点のカメラだと5分間は露出できると思います
最近は月が大きいのでそのうち月の無い日に試してみます


コメントの投稿

非公開コメント

ドリルガイド

多分、垂直に穴あけするのに難儀されてるのかと思いますが?
ネットで調べてみると”ドリルガイド”たるものがあるようですよ。

No title

鳶凧さん コメント有難うございます
そういう事です 正確に垂直に開けるのは難しいです

木材に垂直に穴を開けるのは昔購入したボール盤を使っていますが
それでも垂直に正確にはなっていないのです 僕らの持っている道具では
10分の1ミリ単位の仕事は難しいですね

ボール盤をお持ちでしたか、

私も現役のころボール盤を日々、使いこなしていましたがこれでも垂直に穴を開けられないのではお手上げですね。
逆の発想でボール盤の底辺の修正(ボール盤自体の修正)とかズレを計算しての設定などは無理なのでしょうか?
素人の発想ですが、
ズレの方向さえ解れば解決は早いのでしょうが、(広い台を作りその下に薄い紙を敷いたりして芯出しはできると思いますが、
現役の頃、回転物の面の芯出しに薄い紙を挟み込んでダイヤルゲージで10ミクロ(1/100ミリ)までの芯出しをやってた事を思い出します。

No title

鳶凧さん お早うございます
ボール盤昔買った安物です ベルト自体もガタがきています


また昨日細い檜の角材を購入して作り直しています
極軸望遠鏡をこの中心になる太いボルトと完全平行にするのが
いろいろやって微調整するのですが これが一番難しいところです
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数