FC2ブログ

人生は想定外




最近 同世代 老後破綻の話を聞く
自分の人生もいよいよ破綻するかもと危機を感じるようになった
以下に事実を書き留めておく 作り話ではない 実際に起こった本当の出来事だ

ブティックと子供服店の2店舗を20歳代から田舎の商店街で永らく経営していた
写真は婦人服トップメーカー「イトキン」 ルイ・ジョーネのオンリーショップをしていたころ
0290003548.jpg

自分は日本の有名ブランドベビー&子供服店を経営していた
0290003549.jpg

商店街でかかし祭りの時 あの頃若かった毎日頑張っていた365日年中無休で働いていた
0290003558.jpg

平成の初め頃 会議所を通して国・県・市に騙される


今後商店街の小規模店が生き残れるのは 今後のモータリゼーションに適合した
自前の駐車場などとコミュニティの場が必要になると何回も話を聞く
自分たちが自前の駐車場を作れば今後大丈夫と思っていた

当時通産省が全国に「コミュニティ事業」構想を推進していた それに乗っかったのである
結局国の高度化資金を借りて土地は借りて立体駐車場を建てた 5年据え置きの20年払いだから返済できそう
当時はこれで 安心だと思った プランを計画し立体駐車場を持つ「仲町プラザ」を完成
国から借りた高度化資金2億円以上 自分の返済すべき負担金は2店舗分の700万円を越えていた
当時はまだバブル時代常に1000万円くらいの借入金はあり 土地も店舗も借金の担保で抵当に入れていた
700万円なら25年もあれば返済できると思ったし 駐車場ができればお客が増えると思った

ところがこの「立駐プラザ」が出来たとたん 大型ショッピングセンターが郊外に出来る事になった
我々商店街は反対運動を起こしたが 佐伯市自体が誘致したのだと思う 郊外の農振地区に出店が決定

今度は大型店に騙される

当時大型店問題が起こった頃 大型店が田舎の都市に出店した場合今までの街を壊す事は
広く知られていた 大型店出店審議会(商業者代表・消費者代表・学識経験者・地元首長)も何回も開催された
この審議会では大型店出店を佐伯市に許可すると許可しないの両論併記されたものが最終提出された

ところが意見が分かれた場合地元の首長の意見が最優先されるのである 結局審議会自体が無いに等しい
佐伯市の大型店出店希望地は農業振興地として指定されていたので商業者は安心していた
市長は職権で突然農振地区指定を解除し 大型店が突然開店するのである もう無茶苦茶な政治だ

当然市長は再選ならず 我々の押す他の市長になったが その市長になって市長はすぐに病死
信用金庫理事長で商工会議所会頭は我々商売人の考えを無視し この大型店に支店を作ったが その後
この信用金庫はすぐ倒産した

当時ベビー子供服店は大型店内に入らないと絶対生き残れないとメーカーから聞いて十分知っていた
大型店が実施した出店説明会で地元の店の希望者は出来る限り入店できるように配慮する説明があった

そこで大分市内の本部に出向き 出店を申し出たが あなたは出来ないと断られた 大型店に騙されたのである


結局郊外に大型ショッピングセンターなどが出て来た為ついに自分の子供服店は閉店
オープンしてびっくり 自分の店が取り扱っていたブランドがすべてメーカー直営で出店していたのである
自分は廃業した大きなストレスにより潰瘍が多発小腸から出血・下血し手術で小腸の3分の2を失った
これら直営店は佐伯市では採算があわずそのうち大型店から退出
単に自分の店を潰すのが目的で開店当時自分が扱っていたブランド品をわざと入れたのだ
今はこの大型店のベビー子供服売り場はつまらない安物の商品の店ばかりになっている
田舎向けの安物を扱う売り場に変わってしまった 高級品は置いていない 大分に行けという事だ

大型店は羊の皮をかぶった狼である

0290003547.jpg

バブルがはじけてしまって全てが崩壊


その後徐々に商店街は衰退婦人服店は家内一人で数年間頑張ってもらったが売り上げは下がる一方でこちらも閉店
時々店舗を借りてくれる方もいたが 家賃を下げても借り手が無い時代になった
仲町プラザを建てた時の自分の負担金は苦しい生活の中からやっと全額返済し終えたばかりだ
土地と店舗を手放す事にこの夏決定
今年3月に固定資産税の通知と一緒にこのような紙切れが
0290003559.jpg

空き店舗登録しても今の世借り手はない
建物を壊すのには金がかかる 「空き家除去促進事業」とあったので少しは壊すのに補助金がでるのか
直接市役所へ行ってみた 駄目だった
これは住宅地で人様にかなり迷惑をかけて今にも壊れそうな建物を対象とした事業であり
商店街の空き店舗は対象外だった

土地建物があるから当然固定資産税を払っているし 無駄な高額な火災保険にも何十年も入っている
建物が傷まないよう時々窓をあけて風通しもしたり 裏の雑草を手入れしたりしてた
これらが自分が老いてかなり負担に感じて来た 個人商店だったので収入は国民年金だけだ

国民年金が市の不手際で減額されていた ←クリック

来年から消費税も10%になる 解体費には消費税がかかる
このさい すべてを処分する事にした バブル時代は田舎の商店街でも坪100万円で売れて実際に
百万円以上で土地の売買があった 今なら坪10万円~15万円で売れるかもと予想してた
あれから 20年以上経ち商店街の土地を買う人もいないし 土地を売るには建物を解体するしかない

思い立ったらすぐ実行 台風シーズン過ぎて 今年10月中旬から解体開始
0290003550.jpg

以下4枚の写真は解体が終って解体業者が作成してくれた写真アルバムから
アスベストは無かったようだ アスベストがあると解体費が高くなる
0290003554.jpg

これは住宅2階部分だな
0290003555.jpg

店舗だったので蛍光灯などは多い
0290003556.jpg

0290003557.jpg

解体を初めて1か月間で全部解体終了 約90坪の商店街では広い更地になった
0290003551.jpg

0290003553.jpg

0290003552.jpg

11月の末 ついに土地を手放す事にした
解体費用はアーケード内なので自分の予想を大きく超え消費税込みで500万円以上にもなる
不動産屋さんの仲介で解体量をわずかに上回る600万円で売ることができた こんなに安くしか売れないのだ
想定外だった 少なくとも更地にしたのだから1500万円以上で売りたかったのに 悔しい残念!
測量費・建物滅失登記や銀行の抵当権抹消など仲介手数料が数十万とこれまた多額になった
約90坪の面積なので昔なら
9000万円評価の土地が バブルがはじけて結局差し引きタダ同然になったのである

大きな大きな人生想定外の出来事だった
しかしこれで 自分の子供に負の資産を残さず処分でき 人生終活の一つを処理できた
今はほっと一安心だ 全国の商店街で同様に歯抜けシャッター商店街が増え続けている

国の補助金使った補助事業に騙されてはいけない
仲町プラザを建てる前は70件から80件近くの商店が狭い商店街にひしめいて元気があった
今営業してる店は十数件しかない 倒産して逃げた店からこのプラザの資金は返済されることは無い
という訳で 自分も逃げるように 商店街から出たのだが 国から借りた自分の借金700万円以上をやっと最近完済した

店も土地を処分したのは人生終活活動のひとつであった いつでも迎えが来てもいいが
もう少し孫の成長を見る為 残りを頑張って生きていくぞ




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数