FC2ブログ

名前が不明な散光星雲




8月31日に送られて来たデモ機のM-GEN試験をその日テスト撮影したが2枚しか撮影できなかった
それでも自分が持っていたM-GENは恐らく不良品と判断し 送られて来たM-GENを使う事にする
交換してもらうよう相談をしこのデモ機を貰い 自分の不良品は販売店に先日送り返した

それからデモ機をテスト撮影しようと待ったが天気に恵まれず やっと昨日9月10日にM-GENの実験をしてみた
ところが残念ながら雲が多い いちおう白鳥座のサドルを狙ったつもりだった
0290003228.jpg

M-GENのオートガイド実験撮影だから このまま撮影してみた
一応ガイド星を選んだM-GEN液晶画面である
0290003232.jpg

レンズはシグマ望遠ズーム150-600の600mm F7.1 感度3200で露出時間各5分でカメラはX7iである
露出開始は午後7時34分から12枚撮影してみたもちろんM-GEN使用している
I35ミリ換算で960mmでの撮影だ 雲が多く12枚中4枚だけしか雲が少ないのが無かった
0290003230.jpg

念のため良い4枚の各画像の端っこで星が同じ位置にあるか確認したら大丈夫だった
M-GEN不良の場合 端っこをみれば星が動いてずれていくのがわかる
0290003231.jpg

この雲のとぎれは午後8時14分から8時半までの撮影だ

自分では白鳥座のサドルとIC1318散光星雲を撮影したつもりが まるっきり違う星を写していたようだ
天頂付近にあったのでカメラのファインダーが覗きにくく 間違ったのだと思う
サドルとは全然違う星が写っていた たぶん輝星は白鳥座のη星だろうと今は思うが はっきりしない
大体北が上のはずだ 西に小さな赤い散光星雲が写っている 自分の星図にも載っていない

4枚をステライメージでコンポジットした どこを写したか 不思議だ誰か この星雲の名前を教えてください

追尾というか オートガイダーは機能しているのはこれではっきりテスト出来た
昨日の写真は薄雲を通しての条件の悪い4枚だから画質は悪い
0290003229.jpg

やはりM-GEN交換してもらって良かった 前から持っていたM-GENでは絶対ここまで点像にならなかった
各写真の位置が少しづつずれていたからオートガイド失敗は明らかだった 前からおかしいなあと思っていた

今まで600ミリでは星が流れて不思議でたまらなかったのがやっと不良品だったからだと理由がわかった
諦めずに 販売店と何度も交渉してよかった 普通ならこんな役に立たないものなのかとあきらめている
普通のパーツなら不良品はすぐわかるが このようなパーツは測定器などが使えないからだ

サドルと思っていた輝星は 実は白鳥座一等星のデネブとわかりました 狙う時間違ったんです
赤い小さな散光星雲は sh2-112 です 教えていただきました 有難うございます




カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数