FC2ブログ

M20とM21




オートガイダーMGENが最近というか今年初めからうまくいかない事がわかった
赤道儀を変えても駄目だった 結局以前使っていたSWAT-350ポータブル赤道儀に戻した

600mmレンズでEOSXを使った場合 ノータッチガイドで3分なら流れるが1分半(90秒間露出)にして感度を2倍の
6400にしたらまあ見られる天体写真が撮影できるのではと考えた

夏は夜は短い撮影できるのが午後9時くらいからであるし 自分は12時までには寝ていたいので
撮影時間は短い方がいい

ノータッチで散光星雲M20と散開星団M21をシグマ望遠ズーム150-600の600mmで撮影した
時刻は丁度午後9時開始 レンズは開放のF6.3 ISO感度を6400にして90秒露出を
20枚撮影したカメラはX7iである 午後9時半終了で撮影時間が30分で済んだ

その画像が下 少し星は流れているが気にならない範囲だ
0290003120.jpg

赤い散光星雲が3つに裂けたように見える事から三烈星雲と呼ばれる 上が青いのも特徴的だ
その上にまばらな星団M21が写っている
今後はISO感度6400で撮影する事にしよう
このすぐ後 近くのM17散光星雲を撮影したが 次回に掲載




カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数