FC2ブログ

SX60HSの撮影実験



昨年12月にキャノンパワーショットSX60HSを購入している
光学ズームで65倍デジタルファインで130倍ズームという高倍率が魅力のデジタルカメラだ
月面写真や野鳥の撮影に威力があって重宝しているカメラだ

最近ではアゲハチョウなどの連続撮影にも使う
0286572847.jpg

先日テレビで「ビートたけしの知らないニュース」という番組を見た
その番組で 世界一高倍率のビデオカメラとして このSX60HSが紹介されていたのだ

先日ガングリオンと膝腰などの診察を受けた整形外科で貰った痛み止めを飲んで最近膝の痛みが和らいだのだ
この調子ならあきらめていた城山に登れるかもしれない 登れるなら登ってみようと城山に行った
もちろん この高倍率ズームカメラの試験撮影の為である

一番楽な独歩碑の道をカメラを持って歩く
0286572845.jpg

頑張って頂上に達した 標高約140mである 時々左膝ががくっとなる事があったがゆっくり時間をかけて
登山と下山がどうにか出来たのだった

残念な事は数年前より木が成長したのか市役所より手前は見えなくなっていた
自分が住んでいた仲町商店街のアーケードも見えなくなっている 視界が悪くなっていたのは残念だ
0286572844.jpg

同じ場所から市役所を高倍率で撮影するとこのように
0286572846.jpg

たぶん市役所の位置くらいなら人を写せば誰だか分るほどである すごい

動画モードでこの高倍率を実験として撮影した

動画を再生してご覧ください


自分が建てた大日寺の我が家の墓の文字まで城山から撮影出来たのにはびっくりだった
あらためて高倍率のデジカメの威力に驚いた 一眼レフなら相当大きな重い望遠レンズがいるだろう
最大倍率での撮影は手持ちでは難しい 三脚が無いとビデオ撮影は無理なようだった

毎週膝に溜まる水を抜きに来なさいと先生から言われている 昨日行けなかったので
今日両ひざの水を抜いてもらおう

市民の憩いの場である城山頂上からの眺めがどんどん視界が狭くなるのは非常に残念なことだ
以前城山に市街地が一望できる展望所を作ったらいいのではと佐伯市役所に提案した事があるが
「城山は自然のままに残すのがいい、展望所は作られない」と佐伯市からこの意見はつぶされてしまった
東から西の市街地までパノラマ写真で撮影する場所も今は無いのが現状だ
佐伯市の観光を考えるのなら 城山からの景観を生かすべきと思うのだが
観光客も立ち寄らない箱モノばかり作りたがる 歴史資料館 国木田独歩館 平和祈念館など
どれだけの費用と売上があるのか知りたい
それより城山からの景観を売り出す方がはるかに費用は安く効果があるのに
佐伯市役所は何もわかっていない

城山からのパノラマ クリックしてページをご覧ください

狭くなる景観 ←クリック

この前の事だ 竹田市の首藤勝次市長から自分に電話があった 
「今 岡城の石垣が見えやすいように邪魔になる木を切ったり つたなどを切っている 市民の中には反対する人も
いるんだが どう思いますか?」という話だった
私は竹田は岡城で持っているんだから 岡城の石垣をもっとどこからでも見えるようにするべきでしょうと
話をした

今は佐伯市の中心市街地から城山の石垣はほとんど見えないのだ 昔は少しは見えていた
石垣が見えたら佐伯市も立派に観光地となるのに お役所はそんな事には頭が及ばない
自分が責任者になってあとで文句を言われるのが怖いからだ ただただ平穏無事に退職まで
その職や地位だけ守ろうとしかしないからだ

昨年は竹田市首藤市長よりこんな電話を貰った事がある
大船山に初心者でも登りやすいように 途中をバスで運ぶ計画があるというのだ
牧場用の私有地を通らせてもらえれば大船中腹まで小型のバスならいけるから交渉中との事だった
今日の毎日新聞に その登山バスが無料運行する事が載っていた
竹田市首藤市長の行動はすごい 頑張っているなあ
0286572848.jpg




カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数