撮影機材が重い

今年の春 ユニテックのポータブル赤道儀を買ったのですが 実際に使うにはいろいろ付属品が大変です
今日は曇っています この三脚を今までの中型三脚から重い三脚に変えたので外で写真を撮って掲載します

これが今回取り換えた三脚です 重くないと簡単に動いてしまうので再び重い方に変えました
赤道儀とは微動装置を介して取り付けています
02864603.jpg

このようなパーツにカメラを搭載します バランスウェイトを取り付けるのは自分で作りました
02864604.jpg

望遠レンズで撮影しようとするとバランスウェイト(重さ2kg)が必要なのです
望遠ズームレンズは70-200ズームに2倍のエクステンダーを取り付けた場合
ズームレンズもエクステンダーも中古品で購入しました
02864605.jpg

星をきちんと追いかける為極軸望遠鏡が必要になります
02864606.jpg

今までは3Vの電池ボックスに赤色LEDをつないで極軸望遠鏡を覗いていましたがスマートではありません
そこで昔買ったビクセン暗視野照明装置を持っていたのでこれを使えるように改造しました
02864607.jpg

02864608.jpg

極軸望遠鏡にはめます
02864609.jpg

赤い光が極軸内視野の照明です
02864610.jpg

最近作ったファインダーの照準器ですが 使って見たらカメラのファインダーを覗く時頭が当たって
使いずらい事が判明
02864611.jpg

これも改良して前に出ておでこがぶつからないようにしました
02864612.jpg

これで大丈夫でしょう まだ試していません
実際に星を撮影しようとすると極軸望遠鏡がぶつかって外さなければなりません
02864613.jpg

そこで これも昔の3cm6倍の普通のファインダーを取り付ける工夫をしました
02864614.jpg

赤道儀本体の裏にネジで留めます
02864615.jpg

先ほどの暗視野照明装置を逆向きに差し込んで使います
02864616.jpg

ファインダーに暗視野照明装置を点灯させた場合
02864617.jpg

実際にはこれ以外に 露除け防止のヒーターと電源、 キャノンのカメラの電池が持たないので
外部バッテリー電源 およびポータブル赤道儀駆動の電源などが要ります
  02864618.jpg

私が持ち運ぶ天体写真撮影の為の機材一式です
02864619.jpg

約27kgも運ぶのです 大変です 車を停めて近くならいいのですが何回も運ぶのは老人にとって
大変です このほか飲み物や椅子星図とかも運びます

ポータブルでさえこれだけ必要なのです 素晴らしい天体写真をネットでいろいろ見ますと
遥かに良い機材で しかもオートガイダーを使っているようです
それらの方々はこの2倍以上の重さのものを運んでいるんでしょう 本当にご苦労様


カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数