FC2ブログ

究極の電源

最近数回天体写真を撮っていて困ったのは キャノンのEOSデジイチの電池の持たない事です
特に最近夜は冷え込んでバッテリーがなんと1時間半も持つことがありません
EOS50Dのバッテリーは3個も持っていますがどれもすぐ使い切ってしまうのです
何故かというと常に長時間バルブ撮影だからです キャノンの説明では新品でも最高の
条件で2時間少々しか持たないけど これは仕様だから仕方ありませんとの説明です

納得いきませんが仕方ありません 自宅ベランダでの使用の際にはカメラをAC電源で動かしていました
キャノンの純正アクセサリーとしてACアダプターキットとDCカプラーという製品を使って
自宅のAC電源でカメラの電池として使う方法があります

外で赤道儀を使う場合AC電源などありません バッテリーグリップも電池2本しか持ちませんから
野外で星座撮影には使用できません

結局自分で自己責任で改造するしかありません 
探していたら 大容量のモバイル充電池を見つけましたそれが下の写真の電池 自宅でAC電源から充電します
0284437.jpg

フル充電で15000mAhという大容量電池です
USB充電端子2個あるのは普通ですが出力電圧9Vまたは12Vに切り替えてDC電源を取り出せる優れもの
0284438.jpg

これこれすぐ購入しました これをキャノン純正のDCカプラーにつなげばいいかも
0284439.jpg

DCカプラーのコードを途中で切ってDCミニプラグを2個取り付けます
0284441.jpg

DCカプラーは電池の形をしていますこれをカメラのバッテリーとして使うのです9Vの出力側で使います
0284440.jpg

DCカプラーと並列につないだ線9Vの電圧は赤道儀を駆動する電源として使うのです
またUSB電源は5V出力ですからレンズ露除けヒーターの電源として使います
これで一石三鳥の使い方 一つの電池で赤道儀もカメラもヒーターもと欲張ったのです
容量15000mAhと大きいので一晩楽に持ちそうです
0284442.jpg

凧揚げ空撮写真も天体写真もいろいろ工夫する事で今まで不可能だった事が実現できるのが
とっても面白いのですという訳で 毎日が工夫とアイデアを出す実践の場なんです
これら改造は自己責任です 電圧が純正バッテリーより高くなっていますから故障しても
修理対象外です キャノンが製品として販売してないのですから作るしか方法がないのです

今日はこれから凧友Kさんと福岡に行きます 明日日曜日の福岡の凧揚げ大会に参加するためです
2日前から風邪気味だし腰もぎっくり腰が痛いしきょうは大変だなあ 凧揚げ参加は今年で最後にしよう

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数