FC2ブログ

大型帆船凧と不思議な縁

我が家の床の間には とても素晴らしい大型帆船凧を飾っています
ここにしか置く場所がないからですが 孫が来たときは何処に隠そうか
024725.jpg

帆の数もすごいです
024726.jpg

これって どこに糸を何本結ぶのか見当もつきません
024727.jpg

実はこの大型帆船の凧はつい最近譲り受けたものです
最近の事です 別府の従兄から電話がありました 「息子が作った帆船の凧があるけど取に来たらあげるよ」
えっ 帆船の凧? もしかして 3年前2010年の1月に大分市であった凧揚げ大会で優勝したあの凧かな?
予想した通りでした 私が凧を作り始めて最初の凧揚げ大会に参加したときの事です
当時女竹とゴミ袋で作ったデルタカイトで参加して入賞した大会の時の事です
024731.jpg

取材を受けている帆船型の凧を持って参加している方を見かけ写真に撮っていました
024729.jpg

この帆船凧が浮いています
024730.jpg

多分 この凧揚げ大会で優勝した凧だったんです
024728.jpg

これを作ったのは従兄の息子さんだったのです
従兄の息子さんとは もう遥か昔結婚式で会ったきりで この当時この作者が誰だか知りませんでした
顔なんて一度会った事があるだけで全く誰だか知りませんでした
写真を撮って話しかけてみました 何か月もかかって苦労して作ったそうです
向こうも 私が誰だか全く気付かないままでした

そして昨年は会いませんでしたが 今年1月29日の凧揚げ大会で私も表彰され名前を呼ばれたことから
彼の方が気付いて声をかけてくれたのです「もしや佐伯の・・・・・・」
彼は今年の創作凧はカメの凧でしたOBS大分放送賞を受賞していたのです
024732.jpg 別府の従兄とは時々会っていますが 別所帯の息子さん家族と会うことなど無いですからね
3人もお子さんが生まれてたんだ 顔も従兄にそっくりになっていて驚きました

そんな訳で 1週間ほど前の従兄からの電話で多分3年前に見た凧だなと感じて貰いに行ったのです
場所を取るし 彼のアパートは狭く置き場がないから譲ってもいいよという事になったのです
従兄の家にあったのを貰って大事に床の間に今は飾っています
凧揚げに使うにはもったいないすごい出来です
この凧を貰って ついでに伯父さんの遺品の三味線も貰ったのです
一昨日は別府の観光港では蛇皮線を持ってるパラグライダーさんに会ったし

従兄から貰った三味線は今修理に出しています 修理が終わったら三味線も練習してみたいなあ
従兄に聞いたら息子さんの趣味は釣りだそうです
従兄はアコーディオンを昔弾いていましたが 今は指の関節が痛くて弾いてないそうです
アコーディオンはほとんど使ってないので80万円くらいで売りたいそうです 欲しい人はいないかな

来年の1月末の大分市のたこあげ大会で会えるかもしれません
世の中面白い事がいろいろあります 縁って不思議なものです



カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数