東北3大桜「弘前」「角館」「北上展勝地」を周遊



退院後 記憶があいまいになる前に今回の旅行をブログに毎日少しづつ書いてみた
今回東北ツアーに参加させる気になったのが この某旅行会社のチラシである
0290001461.jpg

4月24日出発の旅を妻と二人参加で申し込んでいた
ところが24日出発当日の朝熱がでてしまった もうキャンセルも間に合わない
車は妻に運転させて早朝6時自宅から大分空港へ向かう 大分空港は佐伯市から遠いので不便だ
一番の羽田行きJAL便で大分空港を定刻に出発 天気は晴れ
0290001463.jpg

宇和島市
0290001496.jpg

高知市
0290001497.jpg

御前崎
0290001498.jpg

富士山が左に見えた
0290001464.jpg

東京湾アクアライン 東京に近づくと大分県に比べ空気も水も汚いのが良く分かる
0290001499.jpg

0290001500.jpg

羽田空港
0290001501.jpg

九州・山口・四国から参加したツアー客参加40人が羽田空港に集合午前10時バスで出発した
最初に着いた景勝地が三春滝桜である
福島県三春町の樹齢千年以上のシダレザクラの大木であった
0290001469.jpg

写真ではよく見るこの桜の前に来たのだ
0290001470.jpg

0290001473.jpg

0290001474.jpg

最初の宿泊地宮城県秋保温泉のホテルに到着 食事はほとんど喉を通らない 舌の味覚がおかしい
0290001475.jpg

ところがここのホテルの暖房施設が旧式でコントロールできず全然寒い 結局押入れの中のふとん全部引きずり出して
ひっかぶって寝たのだ
0290001476.jpg

翌朝ホテルの裏を見ると磊々峡という渓谷だった
0290001477.jpg

ホテル近くのこけし工房を見学
0290001478.jpg

0290001504.jpg

バスはどんどん北へ遠くの山並みは雪で真っ白だ
0290001479.jpg

岩手県北上展勝地で桜見物 こんなに長い桜並木は初めてであった
0290001480.jpg

盛岡市である
0290001502.jpg

盛岡市内の昼食会場である
0290001482.jpg

ここでは名物盛岡わんこそばを食べた このソバだけは12杯食べる事が出来た
0290001481.jpg

ついに本土最北の青森県の弘前市に到着である

満開の桜のトンネルを歩く動画


なんで青森に広島の屋台が出ているのだろう
0290001483.jpg

弘前城の桜も満開だった
0290001484.jpg

脚が重かったが天守閣にも登った
0290001485.jpg

天守閣から津軽富士
0290001505.jpg

0290001503.jpg

弘前城にはいろんな桜が植えられていた
結局この2日目に歩いた歩数は16000歩に達した きつかったはずだ
0290001486.jpg

弘前を後にしホテル安比(あぴ)グランドに暗くなって到着
売店でバッファリンを見つけて飲む ここはシーズンが終わったスキー場のようだった
ここでも全く食欲が無かった 空調設備はここが一番良かったがホテルが広すぎた


翌日角館の桜と武家屋敷見物 あいにくの雨だった
0290001487.jpg

桧木内川堤防の2kmの長さの桜のトンネル
0290001494.jpg

角館から最後の宿泊地蔵王温泉へ ここのホテルも暖房設備が駄目だ 音がうるさいし暑すぎて止めると寒い
ここのホテルもやはりスキー場の傍だった
0290001488.jpg

最終日 置賜桜回廊の一つ烏帽子公園に向かう 少し小高い場所だった
0290001489.jpg

もう羽田空港に戻るだけだ 途中のサービスエリアが変わっていた
鬼平江戸処という昔の関所を真似して作ったサービスエリアであった
0290001495.jpg

0290001490.jpg

やっと東京に戻って来た 推測だがバスの移動距離は4日間で1700kmくらいはあっただろう
北海道一周より長くバスに乗っていた気がする
0290001491.jpg

最終の大分空港行へ搭乗する
0290001492.jpg

夜景が写るか試したが コンデジではぶれて駄目だった
0290001493.jpg

結局帰りも妻の運転で自宅に帰り着いたのは午後11時45分だった
翌朝すぐ病院へ 肺炎と診断されそのまま入院となったのだった

3月頃から 今回の旅はおそらく自分の人生で最後の旅となりそうな予感はしていた
それでも熱があるのにツアーに参加したのは 一度は東北の桜をこの目で見たかったから 
桜に関しては満足だった 九州では見られない風景だった ただ東北も九州も田舎の風景はどこも一緒だった
雪の多い地方は瓦屋根の家が無い事くらいが違いのようだった
熱の為食事がほとんど食べられなかったのが残念だが 九州の方がご馳走が多いと思う
18日間の入院生活でやっと自宅に帰ることが出来た 脚の筋肉も衰えてしまった しばらくは自宅療養だ
階段はきついが ほとんど寝ていたので腰の痛さは今は無い 月末にもう一度肺の検査をする事になっている





続きを読む

シルク・ドゥ・ソレイユ

昨日12日 福岡ビッグトップで開中のエンターテイメント「シルク・ドゥ・ソレイユ」を見に行った
某旅行会社が企画していたもので、それに参加した 佐伯発午前7時のバスで福岡市の会場まで
連れて行ってくれる ただ公演を見に行くだけのツアーである

県南始発だが佐伯市や津久見市臼杵市からの参加者はツアーが正立する参加者に足らない
十数名しか希望者がなく中止かと思われたツアーだったが 急遽大分市からの参加者の希望が多すぎ
大分市そのキャンセル待ちのお客を乗せ満員の48名で福岡会場へ向かう事が出来た
佐伯市から福岡市まで片道4時間(トイレ休憩含む)のバスの旅である

以前テレビでこの世界一のサーカスエンターテイメントショーが放送されていたのを見た事があり
一度行ってみたかった
予定通り午前11時に福岡筥崎宮前にバスは到着
0290001017.jpg

このテントが会場だ
0290001018.jpg

0290001019.jpg

ダイハツが協賛なので「ダイハツトーテム」という トーテムとは人類の進化の事だそうだ
0290001020.jpg

12時開演で途中30分間の休憩があり午後2時15分には終了で2時半にはもう帰りのバスの中だった
0290001023.jpg

0290001022.jpg

会場内は撮影禁止で写真は無い Cブロックのいい席から眺められた 小型双眼鏡も持って行った
0290001024.jpg

0290001021.jpg

終了してすぐそのままバスで戻るというツアーだった
とにかく普通のサーカスとはまったく違っていた すごかった 人間も鍛えればすごいアクロバットが出来る
ステージにプロジェクションマッピングで水の流れが本物のようで美しかった
午後6時半には佐伯に帰り着いた ほんとにあっという間の日帰り旅行だった




京都と大津へ

毎年11月は電波高校13期1組のクラス会を開催している
9日から10日にかけて 今年は滋賀県に住んでいるM君と兵庫県に住んでいるM君の幹事で
クラス会が開催された 集合時間は大津駅前に9日午後4時半に集合である
滋賀県には行った事がない 今回が初めての「しが県」

自分は京都駅周辺を散策したかったので朝早い午前7時台の電車で小倉から新幹線利用で行くことにした
佐伯駅始発の博多行電車
0290000111.jpg

小倉駅で新幹線ホームへ
0290000112.jpg

弁当を買って車内で食べる
0290000113.jpg

京都駅に着いた
0290000114.jpg

小雨が降っている とりあえず京都タワーに上ろう
0290000115.jpg

タワー展望室行のエレベータ
0290000116.jpg

目の前に東本願寺が
0290000117.jpg

京都市内が一望だ
0290000118.jpg

0290000119.jpg

0290000120.jpg

外は雨だ
0290000121.jpg

少しだが虹も出ていた
0290000167.jpg

京都駅の建物はすごいなあ あとでゆっくり駅を見よう
0290000122.jpg

ヨドバシカメラの売り場も見て歩いたが ほとんどネットで買えるので見るだけだ
0290000123.jpg

東本願寺へ向かう
0290000124.jpg

0290000125.jpg

大きいなあ 木造なのにすごく大きな建築物だ
0290000126.jpg

0290000127.jpg

先ほどまでいた京都タワーである
0290000128.jpg

0290000129.jpg

渉成園にも行ってみる事に
0290000130.jpg

紅葉にはちょっと早い季節だ
0290000131.jpg

園内に入る
0290000132.jpg

0290000133.jpg

0290000134.jpg

再びJR京都駅へ戻る
0290000135.jpg

階段を歩くのは足が痛くてできないがエスカレーターで昇れる
0290000136.jpg

0290000137.jpg

0290000138.jpg

京都駅から東海道線で大津まで行く200円で行ける
地元の人は東海道線とは云わないそうだ 目的地大津駅についた 自分が一番最後のようだった
0290000139.jpg

県庁所在地にしては小さい駅だ
0290000140.jpg

大津の歴史
0290000141.jpg

福岡からのH君も1時間くらい前に来ていたそうだ
0290000142.jpg

ホテルの出迎えのバスに乗ってホテルへ向かう
0290000143.jpg

滋賀県は寒いと聞いていたが こちらは木々が色づき始めていた
0290000144.jpg

ホテルについてテレビを見てトランプ氏が大統領確実だと知った
これから 世界はどのようになるのか心配だ
風呂に入って宴会だ
0290000145.jpg

アルコールは飲めないので自分はウーロン茶である
0290000146.jpg

記念の集合写真
0290000147.jpg

翌朝ホテルの前の琵琶湖畔から
0290000148.jpg

ホテル前で集合写真
0290000149.jpg

これから琵琶湖大橋を渡って県立琵琶湖博物館へ移動
車は幹事のM君が2台用意7人乗りなのでちょうどいい
遠くの山は冠雪のようだ
0290000150.jpg

0290000151.jpg

琵琶湖大橋を渡り
0290000152.jpg

博物館へ
0290000153.jpg

広い博物館だった
0290000154.jpg

0290000155.jpg

0290000156.jpg

0290000157.jpg

琵琶湖はもちろん日本一だ 結構滋賀県も広い
0290000158.jpg

淡水魚の水槽もある
0290000159.jpg

0290000160.jpg

0290000161.jpg

みんな73歳から75歳だから ゆっくりしている 予定より遅くなって昼食場所へ着いた
0290000162.jpg

0290000163.jpg

予定ではこの昼食後石山寺へ行く予定だったが 酒飲みは観光よりビール飲むのが好きなようだ
結局 帰りの時間が決まっている3人だけは石山寺観光はあきらめた
0290000164.jpg

京阪電車を横目でみながら帰りの切符に間に合うよう3人を石山駅まで幹事のM君に送ってもらう
0290000165.jpg

石山駅からこの電車へ乗って京都駅から新幹線で小倉 小倉から大分行き特急に乗り終点大分駅へ
大分駅から南宮﨑行き特急電車を乗り継ぎようやく9時45分我が家へ無事帰って来た
0290000166.jpg

1年ぶりにクラスの友達に合えて楽しかった さあ 来年も参加できるかそれは今後の健康次第だ




豊後森機関庫ミュージアムへ

湯布院の田んぼでの空撮を終わり昼食後どこへ行こうか悩む
雲が多くなったからだ、とりあえず先週行った玖珠町にもう一度行ってみよう
由布岳とお別れだ
0286574764.jpg

豊後森機関庫の裏側の田んぼから凧揚げ空撮しようと思ったのだ

円形機関庫の裏側から撮影したパノラマ写真
kikankoura1.jpg

凧揚げできない完全に無風である 刈り取りの終わった田んぼは前日の雨で水が多いし空撮はあきらめた
全天雲が広がった
0286574765.jpg

0286574767.jpg

0286574779.jpg

0290000000.jpg

0290000005.jpg

0286574780.jpg

玖珠といえば伐株山
0290000001.jpg

伐株山伝説 ←クリック

豊後森機関庫ミュージアムへ行ってみた
0286574782.jpg

入館料は100円だ
0286574783.jpg

0286574784.jpg

0286574785.jpg

円形機関庫の模型もあった
0290000002.jpg

ミュージアムの方とお話していたら 今日は伐株山でパラグライダー大会か講習かが行われるらしい
外へ出て伐株山の上を見たらたくさんパラグライダーが浮かんでいた
0290000003.jpg

やっと少し風が出たようだ 裏へ回っても田んぼは水浸しだし 公園内で空撮を始めたのだ
0290000006.jpg

その空撮画像は明日また発表します




豊後森機関庫へ行く

昨日 日中は天気が持ちそうなので朝から車で玖珠町へ行った

豊後森駅横の駐車場に車を停め駅へ行ってみた
02865754648.jpg

02865754649.jpg

駅の改札口正面に伐株山がある
02865754650.jpg

少し歩いて豊後森機関庫跡地へ行ってみる 扇形機関庫と転車台ターンテーブルがあるところだ
02865754663.jpg

半径48mの円弧を描く建物に放射状に13両分の機関車格納スペースがある珍しい近代遺産である
02865754651.jpg

福岡県の久留米行普通列車が通る
02865754652.jpg

豊後森駅到着
02865754653.jpg

機関庫跡地は昔と違って整備され公園になっており柵の奥には入れない
02865754654.jpg

懐かしい蒸気機関車がある
02865754655.jpg

02865754656.jpg

02865754657.jpg

02865754658.jpg

02865754659.jpg

02865754660.jpg

02865754661.jpg

02865754662.jpg

この公園内で凧揚げできそうだ 大型六角凧を車から持ってきて空撮したつもりだった
多分40分くらい空撮したので十分空撮できたはずとカメラを確認しないまま
今度は玖珠川の河川敷きへ行って 試しにどんな写真が撮れたか河川敷内の車の中で画像を確認すると何にも写っていない
大失敗! 2か月半のブランクがあったので インターバルタイマーの設定を忘れてカメラを揚げていたようだった
仕方ない もう一度この河川敷で空撮できるか試してみたのだった ここで写るのを確認して再び機関庫へ戻った

昔撮影した円形機関車庫
kikanko2.jpg

昨日撮影した機関車庫パノラマ
kikanko4.jpg

昨日撮影した機関庫360度パノラマ写真
kikanko360.jpg


明日以降から河川敷と機関庫公園での空撮写真を発表いたします




カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数