FC2ブログ

心臓の検査




心臓弁膜症の手術をして1年以上経過した 昨日31日検査日なので大分市の病院へ行った
血液検査や心電図や心臓エコー検査などである 手術前は40%くらい逆流していた
それが血液の逆流はゼロではないがほぼ無くなっているそうだ
0290003447.jpg

胸のレントゲン検査で心臓の位置に輪ゴムのようなものが写っている
僧帽弁の枠の輪で心臓の中に縫い付けられているのが白く見える人工リングである
0290003446.jpg

心臓外科の先生にスマホの映像を見せて質問してみた
今いつも腕時計型心拍計をつけている スマホのアプリでこの心拍計と接続できる
歩いている時の自分の心拍数をキャプチャーした映像だ

左はゆっくり歩幅を狭く歩いている場合 ほぼ90台である5分間のグラフは横ばい
右は大股で急いで歩いている場合 時々150を超える時がある グラフでは130~150の間で変化
0290003448.jpg 0290003449.jpg

多分150越えの時は坂道を歩いた時だろう 先生に心拍数が150になっても大丈夫か聞いたのだ
「今は 心臓は元気で良くなっているから少々無理しても大丈夫でしょう
また1年後に検査しましょう」 来年の診察日を予約した
先生のお答えに安心したのだった




肺炎予防接種




丁度1年前の5月の今頃 肺炎で入院し大変苦しかった事を思い出す
もうすぐ75歳になるので 佐伯市から「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種のお知らせ」が届いた

このワクチン接種していれば肺炎にならない訳ではない 3割くらいの肺炎を起こす菌に対して有効らしい
普通は接種費用は8000円だが 今回5000円を市が負担し 個人負担は3000円との事
また肺炎になるのはコリゴリなので 病院でワクチンを接種した

その証明書
0290002777.jpg

ワクチンは5年間有効だそうだ 5年後また接種を受けるには全額自己負担である
5年後までは生きてるだろう がんばろう!
肺炎球菌は90種類以上あるそうなので 皆さんもご注意を




寒いと心拍数は上がる?




今日は寒い ちょっと小雪が舞ったが今は降っていない
0290002273.jpg

 今日正午から「別大マラソン大会」開催されている 今別大国道を走る選手はこの寒さは大変だろう

昨年夏 心臓弁膜症の手術で入院しているとき
リハビリ指導員の方から心拍計で心拍数を時々確認するといいと云われていて退院と同時に昼間は
エプソンの腕時計・心拍計を腕に付けている HRの数値がリアルタイムの心拍数だ

スマホにアプリケーション(パルセンス)をいれておくと スマホの画面に心拍数がリアルタイムに
表示されるので 心拍計が袖口に隠れていてもスマホの画面で見られる
0290002274.jpg

この腕時計の裏側には緑の発光LEDがありこれで血流を計測しているのだ
腕からはずしているので 今は計測していないから空白である
0290002275.jpg

午前10時20分雪もないし太陽が出ているので今日もウォーキングに出かけた
6分くらいで小さな峠(馬越し峠)を超える 少し坂道で少し息が早くなる 脈拍も140を超えていた
いつもなら下り坂になれば普通90から100に下がるのだが 少し下がって130台を上下してる
下の折れ線グラフはスマホを画面キャプチャーした時刻から過去5分間の心拍数を表している
0290002276.jpg    0290002277.jpg

数分おきにスマホの画面をキャプチャーしながら歩いた
寒いからなのか 平地を歩いているのに心拍数が下がらない 息は普通にしているのに画面には無酸素
0290002278.jpg  0290002279.jpg

心拍数150を超えると最大強度の文字が出ることがわかった
0290002280.jpg  0290002281.jpg

家を出て42分後自宅に帰り着く 約5200歩のウォーキングである
家で静かにしていると 3分程で心拍数は60台にさがった 普通の平均80より下がるのである
0290002282.jpg  0290002283.jpg

毎日こうして有酸素運動のウォーキングで心肺機能を鍛えているが 今日は寒いからなのか
理由は分からないがほとんど130以上だった 何故だろう?




朝のウォーキング




毎朝30分くらいのウォーキングをしている
午後もウォーキング20分くらいしている 健康を維持するには高齢者は一番歩くのがいいからだ

朝の風景では 夜中に露が草について輝いて見えるのが美しい
蜘蛛のエバ(巣)に露がついているとクリスマスツリーの飾りの電球みたいにきれいだ
0290002003.jpg

0290002004.jpg

朝は当地ではたいがい霧である
0290002005.jpg

ウォーキング中は腕時計型心拍計のデータをスマホに送っている
普通歩いているときは1分間の心拍数は120から130くらいの間だが
ちょっと大股にするか急ぎ足だと心拍数が上がるのがリアルにスマホで見られる
横軸は時間変化で縦が心拍数の変化を読み取れる 右が左の3分後のスマホ画面
0290002008.jpg  0290002009.jpg

ウォーキングで脚の筋肉の衰えを防いで死ぬまで自分の脚で歩けるようになりたい

今年の春 肺炎にかかった頃からだが ほとんど鼻で匂いを感じなくなった
肺炎の時はまったく味も感じない時があったが 今はそれは無く味は分かるし美味しさも分かる

ただ匂いが分からないので 食べ物の味が以前よりうまく感じないのだ これは高齢化とは違うと思うのだが
原因は良く分からない 最近見たNHKの番組「ためしてガッテン」で訓練で少しずつ元に戻るらしいから
鼻うがいがいいと聞いて一日一度は鼻うがいもしている
最近は食べる前に匂いを嗅ごうと嗅いで匂いを嗅ぐ練習をしている メンソレータムのような匂いは分かる
まだ料理の匂いや花の匂いは感じにくいところである




暑さ寒さも彼岸まで




やっと涼しくなった 昔から「暑さ・寒さも彼岸まで」といわれるが全くその通りだ
先日は母の33回忌だったが 彼岸参りもお寺さんが来る
お彼岸は昼間と夜間が同じ長さではなく 昼間の方が少し長い でも夏に比べかなり日が短くなった
今朝の5時だがまだ暗い 今日は雨になるらしい
0290001738.jpg

先日の朝 スマホを持ってウォーキングしてみた 最近は毎朝霧である
この前テレビ番組でカビの発生や食中毒は秋の方が梅雨時期より多いと云っていた

秋は湿度が高いのは昔から知っている 今頃盆地では雲海が見られるのはそのためである
9月から11月末までは天体撮影にも向かない夜になると霧が出てくるからだ

夜明けも遅くなった 今は午前6時頃やっと少し明るくなる もうイチゴ栽培ハウスでは夜間電気照明がはいる
霧の朝
0290001732.jpg

彼岸花は秋の彼岸になると忘れずにちょうどあちこち赤い花を咲かせ彼岸を知らせる
0290001733.jpg

涼しい朝にエプソンの腕時計型活動量計で歩きながら時々心拍数を計測する
スマホのアプリでデータを見られる
歩き始めは90以下だが グラフを見るとすぐ120前後に達する
0290001734.jpg  0290001735.jpg

0290001736.jpg  0290001737.jpg

そんなに急ぎ歩きではないのに 心拍数のグラフを見ると20くらいの幅で上下変化が激しい
でも別に息苦しくはないので心臓はこれで良いのだろう 最近脚の筋肉がすぐ疲れやすい階段上りもきつい
健康補助食品が各社からいろいろ出ているが 今までもいろいろ試したが どれも効果はあるのかないのか不明だ
サントリーの「ロコモア」を半年飲んだが 効果は不明 今度は味の素の「アミノエール」に変えてみた 




カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数