FC2ブログ

熊本城の2020年1月現在


先日熊本の親戚で法事があり妻と参加した
朝6時佐伯市の自宅を車で出発 途中道の駅でトイレ休憩をしただけで午前10時無事熊本到着
熊本大震災で立野付近の国道57号線はいまだ復旧しておらず 赤水から外輪山の
ミルクロードを経由するう回路であるが 4時間で熊本へ そんなに遠くとは感じなかった

法事が終り 熊本駅近くのビジネスホテルで宿泊

夕方から従弟同士で熊本繁華街へ懐かしい市電で中心市街地に出かけた

電車通りから見た夜の熊本城
0290004984.jpg

懐かしい下通りの繁華街
0290004985.jpg

大火災のあった太洋デパートも解体され新しいショッピングビルに
0290004986.jpg

シャンデリア
0290004987.jpg

下通を少し入った横丁の飲食店2軒で食事 自分は馬刺しはどうも苦手
0290005016.jpg

上通にも行ってみた 太平燕やスイーツを食べる
0290005015.jpg

市電に乗りホテルへ
0290005014.jpg

翌日 熊本の従弟の長男と次女と大分県から来た自分を含む従弟計7人で熊本城見学へ出発

自分は中学を卒業と同時に熊本の国立電波高校へ入学し熊本には3年半以上生活していて
熊本は自分の第2の故郷だ 自分が高校生だった昭和35年大小天守閣が鉄筋コンクリートで再建

下2枚の写真は以前撮影していた 熊本震災前の熊本城
0290004983.jpg

0290004982.jpg

この熊本城の大地震から復旧中の熊本城を見学したかったのだ

ただ今復旧中の様子を特別公開している 本丸御殿は工事中で入場できない
0290005017.jpg

石垣があちこちで崩落している
0290004988.jpg

0290004989.jpg

復旧工事中の天守閣
0290004990.jpg

かなり復旧している今の姿
0290004991.jpg

大天守閣外観は立派に復旧している
0290004992.jpg

一番古くからある宇土櫓
0290005004.jpg

0290004993.jpg

テレビでハラハラしながら見た1本脚の石垣の櫓は見なかったが反対側の飯田丸五階櫓になる
0290004994.jpg

宇土櫓越しに見る熊本城天守閣
0290004995.jpg

この櫓も石垣1本で
0290004996.jpg

0290005005.jpg

0290005003.jpg

崩れ落ちた石には位置を示す番号が振られている 組み合わせがまだまだ大変だ
0290005002.jpg

0290005000.jpg

大きな楠木の下で
0290005013.jpg

更に移築された細川刑部邸前で
0290005011.jpg

熊本市立博物館へ
0290005008.jpg

従弟の長男は現在熊本市の市立熊本博物館の館長(写真左端の人物)である 今年3月で定年である
彼がまだ館長である今の内に この大きな立派な熊本博物館を案内してもらった
0290004997.jpg

館長が監修した資料を見せてもらう
0290005009.jpg

大きな昔の像の骨格復元模型もあった
0290005010.jpg

0290004998.jpg

凄く立派な博物館だった 驚いたのが 熊本城にあった細川藩の御座船がここに引っ越して
陳列されていた もう昔佐伯市の住吉神社に奉納されていた御座船の絵を見たことがあり

御座船の事を知りたくてある時東京のお台場の船の科学館に立ち寄ってそこの学芸員さんから
大分市鶴崎は肥後藩の飛び地で御座船が鶴崎から出航していた その実際の船の一部が
熊本城の下にあると聞いて熊本まで見に来た事があった
0290004999.jpg

大分市鶴崎の剣神社に奉納された波奈之丸(なみなしまる)の大きな絵馬 ↓クリックすると大きくなります
naminasi.jpg

この御座船はもともと大分県大分市の鶴崎にあったものだ その一部を今まで熊本城の
1階に修復陳列していた 熊本城内にあった時の自分が撮影した数年前の御座船の写真
0290005006.jpg

0290005007.jpg

県護国神社前を通って駐車場へ戻る 結構歩いた
0290005012.jpg

熊本城や市立博物館の見学を終えてそば店政木屋さんでおいしい蕎麦を食べて午後2時すぎ熊本を
出発帰途につく 久しぶりに従弟たちとも会えて楽しい二日間だった
0290005001.jpg

熊本大地震の被害は 熊本城内を見るだけで想像がつく大変な事だったんだ




空の地蔵尊へ


数年ぶりに 自宅から車で30分もかからず到着する空の地蔵尊に行った
地蔵尊は佐伯市米水津の豊後黒潮ラインの空の公園にある

駐車場スペース
0290004894.jpg

説明の案内看板がひどく汚れている これじゃ読んでくれないだろう
0290004895.jpg

過去の自分の写真からいいのを探し出した
0290004896.jpg

佐伯市の観光課は何してるんだろうか 市内至る所に汚れ切った観光案内看板があるがこれでは
看板が泣いている もう少し市の関係者はあちこち見周って補修してほしい

膝が痛いので登っていなかったが 今シックスパッドを使っているせいかそんなに痛まず登れた
坂道は急ではないし階段より緩やかなのでどうにか登れた
0290004901.jpg

ここで左に向かう 右はNTTの鉄塔兼展望台だが少し登りが長くなる
0290004897.jpg

ここが地蔵尊のある場所だ
0290004898.jpg

地元の人が大切に守っている地蔵尊
0290004899.jpg

素晴らしい眺めだ大分県の絶景ベスト3に入る絶景と思う
0290004900.jpg

この日晴れて風も無く穏やかだったが少し遠くは霞んでいた
以前脚が丈夫だった頃 撮影したNTTの電波塔兼展望台
0290004902.jpg

こちらからの方が30mくらい高い展望台になる これも昔の写真から探した
0290004903.jpg

展望台からのパノラマ写真 ←クリック
sorako1.jpg

脚の弱い人は空の地蔵尊まで登られれば十分絶景を楽しめる
実はこの日小型デジカメで動画で撮影した
そのビデオ映像は今後すぐ発表する予定だ


追伸 空の地蔵尊の案内看板の汚れは 27日米水津振興局から電話があり
看板をきれいに掃除したそうだ お正月に間に合ってよかった




城山の紅葉


今年もあと1か月残すのみ
11月30日 天気が良かったので城山にまた登ってみる事にした

登山口
0290004870.jpg

0290004871.jpg

0290004872.jpg

紅葉が綺麗だった
0290004884.jpg

頂上に到着 すっきりして四国まで見える
0290004873.jpg

大手前を見下ろす
0290004874.jpg 新築工事中の佐伯の文化会館である
0290004875.jpg

西の丸端のもみじ
0290004876.jpg

スマホで自撮り
0290004877.jpg

友達のK社長と今回も会ったので自撮り
0290004878.jpg




水の子島灯台




11月15日寒い朝だった
雲一つない快晴で空気も乾燥し澄み切っていた

四国が良く見えるだろうと九州の最東端 鶴御崎灯台へ行った
0290004866.jpg

0290004865.jpg

四国の愛媛県が豊後水道を挟んで見える
0290004863.jpg

豊後水道の真ん中 絶海の孤島水の子島に灯台がある 水の子灯台だ
0290004861.jpg

水の子灯台は高さが海上から約60mの高さ近くから見ると大きい
ここ鶴御崎灯台の場所は約200mもある絶壁の上に建っているので
水の子灯台の方が低く見えるのだ
0290004862.jpg

デジカメズームを最大望遠にしてみる
0290004864.jpg

灯台まで約18kmから19kmあるが こんなにくっきり見えたのは久しぶりだった

船で近くから撮影した灯台のスライド ←クリック

水ノ子島灯台の完成は明治36年、初点灯は明治37年 3月20日で、光到達距離は37km
当時の灯台としては、東洋一の到達距離でした 日本の灯台50選

鶴御崎灯台は昭和56年に完成した灯台で新しい

自衛隊に道路を作ってもらい完成したのだった
0290004869.jpg

はるか下に 先の瀬と呼ばれる小島が並んでいる 絶好の釣り場らしい
0290004867.jpg

岩の島と水の子灯台が重なる場所から撮影してみた
向こうは宇和島の日振島だろう
0290004868.jpg


つるみさき半島でのパノラマ写真 ←クリック




やっと完成した弥生PA


下の写真は凧から空撮画像ではない 東九州自動車道「弥生パーキングエリア」から
眺めた佐伯市弥生の床木地区だ

6日は心臓弁膜症手術を受けた大分市の岡病院で心臓の診察を受診するためこの自動車道を通ったから
初めて出来たばかりのパーキングエリアに立ち寄ってみた
0290004823.jpg

東九州自動作動は長い区間パーキングエリアがない やっとつい先日完成した
それが ここなのだ でも上り線専用のPAである
0290004822.jpg

0290004824.jpg

自分は2008年の1月に工事中のここにきてパノラマ写真を撮影していた

それが このパノラマ ←クリック
kousokudou2.jpg

ずいぶんと時間がかかったものだ 工事現場見学から11年以上も経ってやっと完成だ
東九州自動車道は 片側1車線しかない部分が多い高速道で事故があったら大変なのだ
緊急時動作がすぐ現場にたどり着けない事がけっこうある

病院には午前9時に到着し予定通り 血液検査 胸のレントゲン 心電図
心臓のエコー画像診察などである 手術を受けた僧帽弁の逆流は無くなっていたが
心臓の別の弁から逆流する動画が撮れていた 変化の様子を1年後診察を受ける予約をした午後1時終了




カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数