FC2ブログ

M16散開星団と散光星雲




5月30日早朝 1時10分~2時10分くらいまで
梅雨入り前に撮影したかったM16を撮影出来た 散開星団と散光星雲が重なっている星雲だ
カメラはEOSX7i(IR改造) レンズはシグマ望遠ズームの600ミリで絞りF7.1 ISO感度3200
赤道儀はSWT350ポータブル赤道儀 M-GEN使用 露出は2分30秒間
19枚使用できそうなのをコンポジット合成した
0290004413.jpg

星雲の中心部に細長い暗黒星雲があるが 自分のカメラレンズでは これ以上に詳しくは写らない




NGC6334 出目金星雲




5月29日 さそり座の尻尾部分にある散光星雲NGC6334を撮影した
撮影場所は自宅ベランダ SWAT-350赤道儀 にM-GENで1軸オートガイド
時刻は23時10分から24時13分 レンズはいつものシグマ望遠ズームの600ミリで
絞りF7.1 ISO3200 露出時間は各2分30秒を24枚撮影してステライメージ8でコンポジット合成した

その形から出目金星雲と呼ばれるそうだ 今回が初めての撮影だった
0290004412.jpg




M4球状星団




天気が悪くて梅雨になったようだが 天気が悪くなる前5月29日撮影したさそり座の球状星団M4である
撮影カメラはEOSX7i(IR改造) レンズはいつものシグマ望遠ズームの600ミリである
撮影時刻は10時28分から ISO感度6400露出は90秒を11枚 f7.1
赤道儀もいつものSWT350ポータブル赤道儀 90秒なのでオートガイドなし
出目金星雲をこの日撮影したかったから 短時間で撮影した
0290004411.jpg

出目金星雲は次回に発表する




M5球状星団


5月24日午後9時頃から午後10時までへび座(頭部)にある球状星団M5を撮影してみた
カメラはEOS X7i レンズはシグマ望遠ズームの600ミリで絞りはF7.1 ISO3200
露出は各150秒であるが 流れていたのもあり23枚をステライメージ8でコンポジット合成した
赤道儀は自宅ベランダのSWAT-350赤道儀 M-GENにて一軸自動ガイド
0290004327.jpg

球状星団の直径は130光年らしいがもしこの中の一つの恒星に惑星として地球があったらどうなるんだろうか
考えても想像も出来ない風景だ




NGC6357




5月11日M17を撮影後 さそり座の散光星雲NGC6357にレンズを向けた
この散光星雲はその形から彼岸花星雲と呼ばれる 今回初めての撮影だった
撮影時刻は1時50分から2時40分まで 湿気が多かった
撮影を初めてしばらくした時 南の空が突然明るくなった

肉眼では星が見えないのだが晴れていたのでカメラにはさそり座の形がわかるように写っている
0290004200.jpg

ハウスの電照が点いていない時と点いたときでこんなに違う
0290004201.jpg

光害がある時の1枚の写真 これが10枚撮影できてた
0290004202.jpg

電照が消えていれば この写真は8枚あった
0290004203.jpg

結局電照が無い暗い時に撮影できたのが8枚だったので その8枚をコンポジットした
撮影条件はM17と同じで600ミリF7.1ISO3200 150秒露出
合成画像は下のようになった 赤を強調したので結構はっきり写った
0290004199.jpg

暖かくなったのにまだハウスの光害がある たぶん今度は苗を育ててるのだろう
近くに出目金星雲というのもあるらしい 次回狙ってみよう
もうすぐ梅雨にはいるから7月後半から8月になりそうだ




カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数