第17回「おおいた魅力体験ツアー」



6月28日大分学研究会では第17回「おおいた魅力体験ツアー」を実施しました
今回のテーマは ~待望の東九州自動車道を南に走る~

一行はバスで佐伯市三の丸櫓門の下に到着です
出迎えてくれたのは佐伯市観光協会事務局長の古田さんとボランティア観光ガイドの方達です
0286573079.jpg

歴史資料館パノラマ ←クリック
rekisisiryoukan.jpg

歴史資料館を見学します
0286573080.jpg

0286573081.jpg

佐伯市は毛利2万石の城下町で中心市街地の道路は江戸時代からほとんど変わっていない点が特徴です
0286573082.jpg

次に観光ガイドお二人の案内で山際通りを散策です
0286573083.jpg

0286573084.jpg

城山登山口にあるこの看板は私の従兄のM氏が描いた絵を元に作られたものです
0286573085.jpg

これが私が従兄に昔の城下地図を渡して描いてもらった想像絵図の元の絵です
0286573128.jpg

旧山中邸の前です
0286573086.jpg

0286573087.jpg

国木田独歩館の前に「観光交流館」があり誰でも無料でお休みしたりできます
0286573089.jpg

ここは以前の旅館「つたや」を佐伯市が買い取って現在観光交流館となっております
0286573091.jpg

0286573092.jpg

0286573093.jpg

集合写真1
0286573090.jpg

歴史と文学の道を後にし 昼食会場へ向かいます
昼食会場は佐伯市鶴見の鶴見漁港の市場です
0286573094.jpg

0286573095.jpg

市場では太鼓演奏で出迎えがあり
0286573124.jpg

佐伯市では秋からは伊勢海老まつりなどありますが 夏の食の目玉にカキまつりを今年から開催
0286573123.jpg

観光協会長の渡邉正太郎氏の挨拶
0286573100.jpg

なんとトロ箱に座って前に七輪が
0286573096.jpg

今回特別に新鮮な魚介類を豪快食べ放題です
0286573097.jpg

0286573098.jpg

名物ごまだしうどんも
0286573099.jpg

箸が宙に浮いています 何故でしょう
0286573104.jpg

寿司や刺身も食べ放題
0286573101.jpg

0286573102.jpg

0286573103.jpg

豪快な昼食を終えてバスはこれから宮崎県へ向かいます
佐伯市堅田ICから東九州自動車道へ向かいますが 途中でバスの車窓から自宅が見えました

北川附近です
0286573125.jpg

日向耳川「高城川」合戦と資料にあったので 日向ICで自動車道を降りるのかと思ったら
更にバスは南下し高鍋ICで自動車道を降りたのでした
大友氏顕彰会会員で大分学会員の若杉氏による詳しい歴史の話を聞きます 若杉氏は大友家家臣田北の末流だそです
0286573119.jpg

田んぼの横に立て看板が
0286573105.jpg

戦国武将大友宗麟は延岡の土持氏が島津へ寝返った事から日向に侵攻したが
宗麟公の夢は理想国家「務志賀」ムシカを建設する事だったので更に南下し島津を征伐しようとする
ムシカは宗麟公が好きだった西洋音楽ミュージックが語源で 延岡には務志賀という地名が今でも残っている
宗麟公が選んだ現場総指揮官があまり統率力のない人間だった為 高城川の合戦ではばらばらに攻め
大友軍の死者は2万人 島津の死者は8000人という戦闘で大友軍は敗北したその激戦地がここ
更に大友軍は追い詰められ北の耳川まで追いやられたので日向耳川合戦というのだ
0286573106.jpg

集合写真2
0286573107.jpg

高城城山公園に行ってみる
0286573108.jpg

山頂へ徒歩で向かう
0286573109.jpg

0286573110.jpg

メロディ時計台という展望台へ登る
0286573111.jpg

時計台の文字盤は昔の十二時辰
0286573112.jpg

合戦場が一望できる
0286573113.jpg

0286573114.jpg

  ↓古戦場のパノラマ文字をクリックして大きなパノラマ写真をご覧ください
古戦場跡地のパノラマ ←クリック
takajyou.jpg

近くにある宗麟原供養塔へ
0286573115.jpg

0286573116.jpg

0286573117.jpg

集合写真3
0286573118.jpg

帰りは都農ICから東九州自動車道で大分市まで
やはり宮崎県は遠かった7時過ぎまだ自動車道だ 夕陽が沈む
0286573120.jpg

夕方なのにモーターパラグライダーが飛んでいた
0286573121.jpg

車窓に鶴見岳が
0286573122.jpg

藤田会員が大友宗麟という菓子を配った
0286573126.jpg

大分駅でも売っているそうだが これは藤田氏の近くのお菓子やさんが何十年も前に商標登録してたそうだ
県内の菓子屋メーカーはこの商標を欲しくて買に来たそうだが今まで売らずにいたのだが
黒田官兵衛ブームもあり今回新しく「大友宗麟」を作ったそうだ
車内では大友宗麟という歌も披露された その歌詞である
0286573127.jpg

大分駅到着は午後7時20分頃 自宅に帰り着いたのは午後9時40分頃だった

実は私事だが 「おおいた魅力体験ツアー」を毎回自分のブログに記事として投稿してきたが
今回を持って 大分学研究会を退会させてもらう事にした
変形性膝関節症や腰椎のすべり症で神経が痛いからである 「おおいた魅力体験ツアー」には
ブログに記録したりする事で無料で参加させてもらっていた 今後は体をいたわり養生していこうと思っています
大分学研究会の会員の皆様本当にお世話になり 有り難うございました
ブログ(凧と空中散歩Ⅱ)は今後とも続けていきますので是非ご覧続けてくださると嬉しいです




佐伯の殿様浦で持つ

昨日は第17回「おおいた魅力体験ツアー」でした 写真が多いので 後程まとめて発表します
今日のツアーの目的は 宮崎県と高速道路でつながったので 大友宗麟が理想の夢を見て
南に兵を進めますが、大友軍は惨敗し、凋落のきっかけとなった高城・耳川の合戦場跡地を
巡る旅です

高鍋は遠いので まず最初に佐伯市に行く事になりました
0286573075.jpg

0286573076.jpg

1810年の3月の時点で佐伯藩の人口は5万2480名でした
佐伯藩は2万石でしたが 5万2千人余りが生活できたのは 浦々のあった事でした
0286573077.jpg

佐伯市の特徴は280km近い長い海岸線を持つ事です 当時魚を遠くまで冷凍して送る
技術は無かったので イワシを干して「干鰯」として関西に運んでいたのです
佐伯の干鰯は綿花の肥料として最適でした  それで「佐伯の殿様 浦で持つ」という言葉が生まれました

まず佐伯市には開館したばかりの歴史資料館で清家館長のお話を聞きました
0286573078.jpg

今日もこれから用事があるので 詳しい話は別の機会にいたします




大分学研究会例会

本日 5月23日大分県立図書館視聴覚ホールに於いて
大分学研究会 第24回例会が開催された

テーマは 大分の交通の現状と今後の展望を考える
基調発表は 陸海空交通アナリストの栗林会員である
028657244.jpg

日本中で新幹線が通っている県は29県である 17の県だけ新幹線が無い 大分も新幹線が無い県だ
宮﨑市からは高速バスで新八代駅まで行けば新幹線で3時間で博多に着く 日豊本線だと5時間以上かかる
だから宮崎県は東九州新幹線の必要性を感じていないのかもなどの話
交通関係に詳しく昔の列車や船他乗り物の写真をプロジェクターで見せた

関連発表として私は自分のホームページから大分駅の今と昔
プロジェクターで見せて昔と今の大分駅の変化を見せた
028657253.jpg

佐伯観光協会の古田会員は 佐伯と蒲江間の東九州自動車道開通の話など
028657246.jpg

宮﨑からだけでなく県北の中津からの観光客も増えたなどとの話
028657247.jpg

事務局からは隣でありながら遠かった宮崎県へ来月の「おおいた魅力体験ツアー」で行くという話があった
大友宗麟と島津の軍が日向の耳川付近で戦い島津に敗れた戦場跡を見に行く予定です
028657248.jpg


第16回「おおいた魅力体験ツアー」



4月19日 大分学研究会主催の「おおいた魅力体験ツアー」第16回が実施されました
今回のテーマは「おおいたの豊かな海が育てる魚たちを訪ねる」です

大分県は「温泉県」でもありますが 魚の種類が多い「お魚県」でもあります
最初に向かったのは大分マリーンパレス水族館「うみたまご」です
028656684.jpg

うみたまごの学芸員である星野会員が講師として案内してくださるはずでしたが 急に体調を壊され
庄司さんが説明くださいました
028656685.jpg

028656686.jpg

普段は入れない水族館のバックヤードを案内してもらいます
028656687.jpg

大回遊水槽の上です 下に魚が泳いでいます
028656688.jpg

ここで全員ひとりひとり餌をもらって上から餌をやってみます
028656689.jpg

028656690.jpg

028656691.jpg

028656692.jpg

ここの回遊槽で泳いでいる魚はすべて大分県の海で獲れた魚です
028656693.jpg

028656694.jpg

魚の搬入口はここです
028656695.jpg

今朝別府湾で獲ったクラゲ
028656696.jpg

配管が多い 全部つなぐと長さの延長は16kmを超えるそうです
028656697.jpg

028656698.jpg

水族館の動物の餌はここで作っています 一日10万円の餌代がかかるようです
028656699.jpg

冷凍庫の凍ったサメを触ってみました
028656700.jpg

頭から尾になでたり 反対に尾の方向からなでると「サメ肌」を体験できます
028656701.jpg

028656702.jpg

マゼランペンギンの卵です
028656703.jpg

これは体温計 動物の体調にいつも気を付けているそうです
028656704.jpg

セイウチのショーを見ます
028656706.jpg

集合写真1
028656705.jpg

18日にオープンしたばかりの施設「あそびーち」へ行ってみます
028656707.jpg

水に入ってイルカなどと触れ合って遊べます
028656708.jpg

028656709.jpg

028656710.jpg

あそびーちパノラマ ←クリック
asobeechi.jpg

028656711.jpg

イルカのショーを見物
028656712.jpg

動画で見るうみたまごのイルカショー



水槽内での餌やりショー動画



うみたまごのパノラマいろいろ ←クリック


一行は津久見市内の浜茶屋で昼食
028656713.jpg

ここで津久見市長の吉本市長が待っていてくれました
028656714.jpg

市長の隣は地質学を勉強した白水さん
028656715.jpg

028656716.jpg

いよいよ昼食
028656717.jpg

ジュージュー音をたてるマグロステーキ定食
028656718.jpg

イルカ島へ
028656719.jpg

戸高さんが案内してくれます
028656720.jpg

なまこやアメフラシがいます
028656721.jpg

028656722.jpg

イルカやアシカと触れ合える場所です
028656723.jpg

028656724.jpg

同行のSさんは初めてなのにもうイルカの調教師気分
028656725.jpg

かなり訓練されたイルカなんでしょう Sさんの手にキッス
028656726.jpg

養殖場もあります
028656728.jpg

028656729.jpg

小雨のなかでの集合写真
028656727.jpg

イルカのショーを見ます
028656730.jpg

サーフボードに乗ったイルカ
028656731.jpg

028656732.jpg

イルカ島のイルカショー動画



イルカと記念写真
028656733.jpg


四浦半島のパノラマページ ←クリック



次に向かうのが網代島
028656734.jpg

元中学校跡地にバスを留めて島へ
028656735.jpg

吉本市長の話では 地球の生物がほとんど全滅した時代が2億5000万年前で
酸素が無くなった時代がありその時にできたのがこの黒い岩なんだそうです
028656736.jpg

ここから地質学を勉強した職員の白水さんのお話
028656737.jpg

028656738.jpg

大潮で干潮なので歩いて島へ渡れます普段は海水で覆われていて渡れません
028656739.jpg

層状チャートは海洋プランクトンが集まってできた潰瘍性堆積岩 1000年に数ミリしか堆積しない
028656740.jpg

この赤いチャートは地球上でそのままみられるのは この網代島とアメリカのシアトルだけという
大変珍しいのだそうです ふつう地球の奥深く沈んでいて見られない層なんだそう
028656741.jpg

赤くなったのは酸素の量が増えてきたからだそうです
また この層のなかに 宇宙塵がたくさん見つかり当時膨大な量の宇宙のちりが降り注いだことを
証明できるものだそうです
028656742.jpg

028656743.jpg

津久見は質の良い石灰岩が採れるし大変貴重な2億5000万年前の地層も見られる
地質学的にはすごい場所なんだそうです
028656744.jpg

吉本市長の手に持っているパイプは 広島の養殖牡蠣のパイプが壊れてここまで漂着したのだそうです
市長曰く広島に持っていきたいくらいだ プラスチックで燃やせないし困ったゴミだそう
028656745.jpg

2億年以上前の地層を背景に記念写真
028656746.jpg

今回網代島へ渡れたのは非常にラッキーでした 世界でもまれな地層が大分県で見られたのです
028656747.jpg

夕方5時半頃 無事大分駅前に戻ってきました 今回も有意義な旅でした
028656748.jpg


大分学研究会第23回例会



3月28日大分学研究会の第23回例会が県立図書館視聴覚ホールで開催されました
基調発表のテーマは「おさかな県おおいた」です
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」の学芸員星野和夫会員です

会員だよりの部でお友達の鶴崎の北川氏が発表するというので 例会に先立って北川氏のところへ寄ります
北川氏は勝海舟と坂本龍馬の銅像を鶴崎に建てようと頑張っておられます

海舟・龍馬の銅像と歌碑を建てる会 ←ご覧ください

今年11月には銅像を披露できるようにしようと今一生懸命に行動されています
大分市から毛利空桑の像がある場所を使わせてもらう事が決定し建てる場所も決定しました

北川氏が立っているこの奥に建てる予定です
028656395.jpg

ここは毛利空桑記念館の前です 記念館の中
028656407.jpg

この木彫は地元の方が彫刻した海舟と龍馬の像です
これを等身大で建てようと計画しています
028656394.jpg

北川氏と一緒に県立図書館へ行きます

028656400.jpg

星野先生の基調発表 大分県は「おさかな県」である もちろん県が打ち出してるのは「温泉県おおいた」
大分県の源泉数も湧出量もダントツの日本一しかもラジウム温泉以外のあらゆる温泉の種類がある
028656396.jpg

日本は四方を海に囲まれているだけあって魚の種類が多い国です
028656397.jpg

大分県には約700種の魚がいるそうです 沖縄を除けば多い方です
海岸線が性質の違った海に面しているからです
028656398.jpg

星野先生のお話では メダカ・鮎・ウナギなどは淡水魚ではないそうです メダカも海産魚
淡水魚というのは塩分のある水では生きられない
そういう理由で純粋な淡水魚は少ないが 大分県には80種の淡水魚がいる
028656399.jpg

淡水魚は淡水の中しか移動できないので 淡水魚の生態は地球の歴史を(主に地殻変動)を
知る手掛かりになるそうです 日田の方は中国大陸と同じ淡水魚が住んでいるが
大分の北東部は瀬戸内と同じ淡水魚が住んでいてかっては大きな湖や川でつながっていたのだそう
一方津久見市から南は純粋な淡水魚は少なく特に津久見市は大きな川がないので
淡水魚は住んでいない 今いるのは人が放流したものだそうです
028656402.jpg

「うみたまご」では4月18日「あそびーち」がオープンするそうです
028656401.jpg

会員便りでは北川氏が
海舟・龍馬が佐賀関、鶴崎、野津原 にその足跡を遺して今年は150年の記念の年に当たります
また両人の干支羊年でもあり、この記念すべき年に両人の像と海舟の歌碑を建てるべく計画しております
昨年9月、鶴崎行政センターにおきまして勝海舟の玄孫でガラス工芸家の高山みな子氏の講演会を
開催致しました
高山女史はガラス工芸部門で全国一位になった方であります この高山女史製作の記念グラス
像と歌碑の建設資金に役立てたいと念願いたしております
ご賛同とご協力、何卒よろしくお願い申し上げます
028656403.jpg

グラスの注文書 ←クリック

028656404.jpg

5000円です購入者の名前を底に彫ります
028656405.jpg

こちらのページをご覧ください ←クリック


建設資金が今少し不足しています 是非皆様この記念グラスをご購入ください お願いします


続いて二村沢行会員から「おおいた花と緑のオープンガーデン」参加の呼びかけ
028656406.jpg

山路しのぶ会員から 大分は磨崖仏の県である 「大分磨崖仏分科会」を作るので
参加してほしいとの事
028656408.jpg

別府観光港に大きな船が停泊中との事を栗林会員から聞いて 例会終了後すぐ別府へ行きました
夕方5時半に出港 夕方5時に現場に到着あわてて空撮開始
凧から観光船を空撮したが あまりにも船が巨大で全体を撮影する事は出来なかった
マリナー・オブ・ザ・シーズです 128000トン 長さ310mもあり港からもはみ出しています
028656409.jpg

デッキに立って私の揚げる凧を不思議そうに皆眺めていた
今日も大事な用事がありますから 別府での写真はまた別の日に発表します


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数