FC2ブログ

小さな凧揚げ大会




大分市鶴崎の友達Kさんから 凧揚げ大会するからと連絡がきていた
Kさんから昼食を奢ってもらい午後から公園での小さな凧揚げ大会へ
0290003856.jpg

0290003846.jpg

0290003847.jpg

児童たちはほとんど自作の折り紙で作った凧を揚げている
風が6m~7mもあり空撮凧は揚げられないので 自分も小型の凧を数種類持参し揚げた
0290003848.jpg

目玉もくるくる回っている 羽ばたきカラス凧のオレンジ色の凧も飛んでいる
0290003849.jpg

奴凧は強風ですぐ頭の部分の骨が折れたが 揚がることは揚がる
0290003850.jpg

0290003851.jpg

タコとイカの絵を描いた凧は風が強く引きが強い
0290003852.jpg

引きの強さを数人に体感してもらう
0290003853.jpg

0290003854.jpg

小型の六角凧も揚げてみた
0290003855.jpg

奴凧と羽ばたき鳥凧は会で真似をして作るというので寄贈した
0290003857.jpg

記念の集合写真
0290003858.jpg

喉が渇いたので大会が終ってK氏のお店に行きお茶を頂く K氏はお茶の北川園会長である
最近店の建物を塗り直された 角の瓦の下の赤い線は昭和18年の洪水でここまで水が出たという線である
この時の洪水は佐伯市でも番匠川が氾濫し当時市の中心の中村で薬屋を営んでいた我が家は1階は完全に
水没したそうである 自分はまだ生まれたばかりで2階で助かった
自分の記憶には当然無いがこの水害の話や 空襲で臼坪の防空壕におんぶされて逃げた事は何度も聞かされている
0290003859.jpg

今は次男さんが店を継いでいる 自分より9歳も年長さんであるが今もお元気で活躍していられる
運転免許証を最近 返納したので今はその事を後悔されている
0290003860.jpg

自分は最近天体写真に凝っていると伝えると 伊能忠敬みたいだという
K氏が伊能忠敬記念館で買った伊能地図全体縮小版 本物は全部広げると体育館にも収まらない
0290003861.jpg

伊能の地図が完成する前の日本地図はこの程度のものだった これもK氏所蔵の図
0290003862.jpg

この地図のいい加減さはひどい たぶんポルトガル人の作った地図がもとになっていると思う
0290003864.jpg

伊能忠敬は家業を息子に委ねてから 老後は死ぬまで日本中を歩いて地図作りをしたのだ
K氏は家業を息子さんに譲り今は鶴崎の歴史研究家の第一人者である
K氏の店のすぐ裏が 伊能忠敬が鶴崎で宿泊した場所の跡地である
0290003863.jpg

自分も伊能忠敬には敬服している
自分のホームページないにも大分県南の伊能図があるから是非
ここをクリック ←クリックしてご覧ください





高齢者教室




12月11日高齢者教室の講師として出席した
テーマは「生きがい学習」という事で 自分が今発信しているホームページの
 パノラマ風景写真で観光する大分県や 立体写真

 凧から空撮や 星空撮影を自分のノートパソコンで
プロジェクターを使って紹介説明したのだった 場所は木立の公民館である
0290002078.jpg

赤青メガネで立体写真を見る方法を説明
0290002079.jpg

結構受講者がおりほとんどが女性
0290002080.jpg

自分の空撮用六角凧も持参した
0290002081.jpg

少しは興味を持ってくれたかな




大分市の公園で凧揚げ

2月18日 大分市鶴崎の友達Kさんから凧揚げに来ないかと誘われていました
午後から凧揚げ大会ですが風がとても不安定で時々強風になります 春一番なのかな

動画を再生してご覧ください



友達のKさん 昭和の一桁代生まれですが元気です 自分は昭和10年代
0290000885.jpg

このプチプチ鳥凧をKさんにプレゼントしましたが 強風で竹骨が折れてしまいました
0290000884.jpg

吹き流し凧はほったらかしでいいので ゴールポストに縛り付け
0290000886.jpg

こちらの自作フローフォームカイトを揚げてみましたが骨なしカイトなので風が横から吹くとつぶれてしまい落ちてしまいます
0290000887.jpg

風でぐしゃぐしゃに こんなに丸まって落ちてしまいます
0290000888.jpg

0290000889.jpg

以前自分が作って持ってきた羽ばたきカラス凧を持ってきてくれた人もいます
0290000890.jpg

凧を持ってきてない児童には主催者から折り紙凧がプレゼントされます
0290000891.jpg

0290000892.jpg

カラス凧と空撮用デルタカイトの競演
0290000893.jpg

0290000894.jpg

0290000895.jpg

Aさんに凧の引きの強さを体験してもらっています
0290000896.jpg

僕は小型の六角凧を揚げていますが 安定するはずの六角凧でも不安定です
0290000897.jpg

0290000898.jpg

公園の端っこでは自分が持って行った吹き流し凧で子供達が遊んでいます
0290000899.jpg

0290000900.jpg

天気が良くて面白かったが風が強すぎた凧揚げの日でした という訳で凧からの空撮は全く不可能でした




参勤交代九州横断(豊後街道)徒歩の旅始まる

8月15日 熊本城を出発した約240名余りの方が鶴崎公民館へバスで来られました
野津原を出発し125km先の出発点熊本城まで昔の街道を歩いて帰るためで もう39回目です

鶴崎小学校児童や鶴崎文化研究会の方がお迎えしおもてなしの交流会が開催されました

私は熊本の方へ自分のホームページを使ってパノラマ写真で大分から熊本までの風景を
見せるという役割で公民館にやってきました
ちょうど鶴崎小学校の生徒がエールを送る練習をしています
02865754338.jpg

熊本からたくさんの参加者が公民館に到着です
02865754339.jpg

これから125km歩いて熊本城へ帰るのです今日から6泊7日間徒歩の旅です
02865754340.jpg

公民館集会室
02865754341.jpg

みんなバスで到着したばかりで元気です 手前の列は鶴崎小6年生
02865754342.jpg

鶴崎公民館合沢館長のあいさつ
02865754353.jpg

この九州横断の旅はNPO法人「自然を愛する会JOC」主催の旅です
その会の理事長兼旅の団長でもある齋藤誠治氏のあいさつ
02865754343.jpg

齋藤さんのお話では 熊本地震でほとんどの方が「熊本城の壊れ方がひどい」と思ってらっしゃるが
現実には熊本城全体の13%くらいでしかない それも新しく修理した個所が壊れているだけだ
清正時代に作られていた古い個所は大丈夫だ それに 自分たちが江戸時代から参勤交代で
使っていた古くからある街道は地震の影響はほとんどない 地震で57号線のう回路として
この街道が車が今は通っていて警察からこの道を歩かないよう指導されたのでさらに別のう回路
を通って熊本まで7日間の旅をするんだとおっしゃっていました なかなかパワフルな指導者です

鶴崎文化研究会の北川氏が4月の熊本地震に対する義援金を渡しています
02865754344.jpg

海舟と龍馬の石像について外山氏がお話しします
02865754345.jpg

その後私が 「パノラマ風景写真で観光する大分県」のパノラマ写真を見せながら
佐賀関から熊本城までのパノラマ風景写真をプロジェクターで見せました

鶴崎踊り保存会のみなさんが 鶴崎踊りの披露をして歓迎します
02865754346.jpg

02865754347.jpg

熊本からの皆さんも踊りの好きな方は輪になって一緒に踊ります
02865754348.jpg

鶴崎小の生徒がみなさんにエールを送ります
02865754350.jpg

今回の旅が無事に達せられるようお守りを渡します
02865754351.jpg

集合記念写真
02865754352.jpg

団長の齋藤氏からくまもん型の名刺をいただきました
02865754349.jpg

参加した児童は小学生と中学生188名でそれに 大勢の大人のスタッフがつきます
なんと6泊7日ですから 1日3回の食事の世話だけでも大変でしょう 総勢240名以上という事でした
驚くのは この九州横断(豊後街道)徒歩の旅が毎年続いており今回が39回目という事です

この旅の目標は 細川公が参勤交代した当時の街道を通る歴史体験学習
九州を徒歩で横断するチャレンジ 集団生活や沿道の方とのふれあい 自然災害を学習する
すごいプログラムです

この大集団の集合写真をパノラマで見せます
大集合写真 ←クリックしてご覧ください
kaidoutoho.jpg


動画もご覧ください


皆さん全員で熊本城まで帰られることを祈ります
毎年解散式は熊本城天守閣ですが 今年は地震で出来ません熊本市長がお迎えに熊本城で待っているそうです




飛行艇を見に行く

18日は海の記念日である 海上保安庁の巡視船「さちかぜ」に乗って飛行艇を見たくて
佐伯分遺隊の桟橋にやってきた 人数に制限があり3回目の12時半出発だった
朝は霧だった 遠くは靄っているが快晴になった やっと九州も梅雨明けしたようだ 
02865754084.jpg

いよいよ乗船だ このタイプの救命胴衣は初めて着用した
02865754085.jpg

船内は狭い
02865754086.jpg

海洋少年団の子供達がけっこういた
02865754087.jpg

最近竣工したフェリーだが佐伯重工のドックに入っていた
02865754088.jpg

沖に停泊中の洋上救難や災害派遣に使う飛行艇US-1Aを近くからみたかったのだ
持って行ったのは邪魔にならないようにコンパクトデジカメである
02865754089.jpg

02865754090.jpg

02865754091.jpg

02865754092.jpg

02865754093.jpg

02865754098.jpg

潜水艦も停泊中だった
02865754094.jpg

後方から煙が出ている
02865754095.jpg

02865754096.jpg

02865754097.jpg

体験航海の時間は30分だった
02865754099.jpg

一人でロープを引っ張って巡視船を着岸させている
02865754100.jpg

会場を出て 東浜に行って望遠ズーム600ミリで飛行艇を撮影してみた
02865754103.jpg

02865754101.jpg

02865754102.jpg

600ミリに1.4倍エクステンダーを付けて撮影
02865754104.jpg

もう一機のUS-2が飛んで来た
02865754105.jpg

02865754106.jpg

02865754107.jpg

02865754108.jpg

02865754109.jpg

02865754110.jpg

02865754111.jpg




カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数