FC2ブログ

梅雨は何処へ




今年の夏は涼しい 6月とは思えない 半袖では寒いのだ
今年はまだ梅雨入り発表がないのである 52年前の一番遅い梅雨入りを更新したのである
6月24日 からっとしていて湿度が低いし 雲はあるが空気の透明度がいい
空撮の為凧揚げにいつもの河川敷へ
0290004474.jpg

風は風速2mくらいの弱風だ 風上へ向かって歩く
0290004475.jpg

青いシャツの人がドローンを操作しているようだ
0290004476.jpg

0290004477.jpg

0290004478.jpg

0290004479.jpg

0290004480.jpg

0290004481.jpg

グラウンドゴルフ今日はやっていないなあ 川の青さが綺麗だ
0290004482.jpg

0290004483.jpg

緑色が綺麗だ
0290004484.jpg

0290004485.jpg

0290004486.jpg

0290004487.jpg

2棟の家を新築するようだ 建物が出来上がった頃また撮影して見よう
0290004488.jpg

手前の建物の基礎を見ると同じ構造が3個並んでいる 小さいアパートなんだろうと思う
0290004489.jpg

以前撮影した写真では普通の空き地だった
0290004498.jpg

更に昔の写真では家が建っていたし隣の家は塗りなおした事がわかる
0290004500.jpg

建物が緑に塗り直されて建物が解体されている時の写真もある
0290004501.jpg

0290004490.jpg

0290004491.jpg

0290004492.jpg

0290004493.jpg

風が弱すぎるここで凧を降ろす
0290004494.jpg

0290004495.jpg

0290004496.jpg

凧が急に降りてきてカメラを手でキャッチ出来なかった こんな時の為に発泡スチロールで囲んでいる
0290004499.jpg

0290004497.jpg

雨が少ない珍しい6月だった そろそろ数日後には梅雨に入るのだろう




凧を揚げたまま2時間歩いた




ここは宮崎県日向市のお倉が浜と呼ばれる長いきれいな浜である
グーグルアースで見て測ったら 長さ2000m以上ある 松林の幅は200m~300mある
0290004390.jpg

この長い砂浜を左端(南)から右端(北)まで空撮したままで2時間かけて往復した
凧を揚げて空撮の状況で往復4kmも歩きにくい砂浜を歩いたのだ
それは大変だった 風速は2mから3mで良かったが 足が帰る頃痛くてたまらなくなった

砂なので普通の靴だと靴の中に砂が入り込む 足首まで長いトレッキングシューズを履いて歩いた
砂地なので少し沈むので歩きにくい 慣れない靴がきつくて硬いから還りの道は足の指が痛い
駐車場まで歩くのが大変な状態だった 立つのもやっとだったのだ
いま足を見ると足の親指の爪の下が黒くなって内出血している

何度も来ているが全部を歩いた事は今回が初めての経験だった
空からの撮影枚数も1300枚以上は撮影していた

それら空撮写真の一部を紹介する
車は総合公園の駐車場に置いて歩いてここ河口までくる
0290004351.jpg

0290004352.jpg

0290004353.jpg

河口のベロの砂丘が先端
0290004354.jpg

白い丸い大きな屋根の建物(サンドーム日向)の駐車場にいれて歩いてきた
0290004355.jpg

0290004356.jpg

小型テントを張って休んでいる人がいる
0290004357.jpg

0290004358.jpg

松林が幅300長さ2000m砂浜も幅100mくらいある 右は日向灘と呼ばれる太平洋だ
0290004359.jpg

0290004360.jpg

0290004361.jpg

0290004362.jpg

0290004363.jpg

0290004364.jpg

0290004365.jpg

0290004366.jpg

0290004367.jpg

0290004368.jpg

0290004369.jpg

0290004370.jpg

0290004371.jpg

0290004372.jpg

0290004373.jpg

0290004374.jpg

この場所は昔初めて知った時凧揚げに来ていた場所だ
0290004375.jpg

お倉が浜大橋である
0290004376.jpg

以前撮影した お倉が浜大橋360度
okuragahama360.jpg

0290004377.jpg

0290004378.jpg

0290004379.jpg

0290004380.jpg

0290004381.jpg

0290004382.jpg

0290004383.jpg

0290004384.jpg

0290004385.jpg

0290004386.jpg

0290004387.jpg

0290004388.jpg

痛い足を我慢して2時間かけて凧をあげ空撮し続けてやっと元の場所に戻った
0290004389.jpg

凧揚げを初めてこんなに長く沈む砂の大地を歩き続けたのは初めてだ
もう 砂場を長く歩くのはやめよう

宮崎県はこのような砂浜が多いが10年j探したが誰一人凧揚げしてる人を見た事ない
日向市は「凧揚げ発祥の地」の石碑があるのに誰も凧揚げしないのだ
せっかく海風が安定している土地なのにもったいない 




サーファーを空撮




宮崎県日向市の海岸から空撮開始
サーファーの集まる海水浴場だ 看板の黄色い丸のなかに来たのだ
0290004280.jpg

0290004310.jpg

動画を見る


ビーチハウス
0290004281.jpg

砂が入らないようにS90をケースに入れて吊り上げる
0290004282.jpg

風は弱風で2mくらいか 凧は高く揚がらない
0290004283.jpg

以下の空撮写真はクリックして少し大きくなる
0290004284.jpg

0290004285.jpg

0290004286.jpg

0290004287.jpg

砂浜が広くて波打ち際まで遠いのでかなり歩く
0290004288.jpg

ロングボード禁止エリアだ 夏休みには家族連れの海水浴客がいっぱいになる場所
0290004289.jpg

波も穏やかで高くないがサーファーはいっぱいいる
0290004290.jpg

0290004291.jpg

0290004292.jpg

0290004293.jpg

0290004294.jpg

0290004295.jpg

0290004296.jpg

0290004297.jpg

風が弱くなり凧をいったん降ろす
0290004298.jpg

もういちどチャレンジして揚げるが凧は低い 北へ歩いていく
0290004299.jpg

0290004300.jpg

0290004301.jpg

0290004302.jpg

川の流れがありこれ以上北へは進めない
0290004303.jpg

吉野川の河口であった
0290004304.jpg

0290004305.jpg

0290004306.jpg

0290004307.jpg

0290004308.jpg

0290004309.jpg

戻って来た 凧とカメラ回収 湿度が低いのでまだ暑くない




弥生の河川敷から




3日間毎日暴風のような雨が降っている 風が強い 多分佐伯市もこの3日間でかなり雨量があった

屋久島で縄文杉を見に来た観光客が 300人以上もいた事に驚いたがみな助かって良かった

この前天気が良かった時の空撮写真を今日は掲載する
弥生の番匠川の河川敷である 井崎川が合流する地点だ
風はやや不安定だったが空は青空で気持ちがいい
0290004264.jpg

支流の井崎川
0290004265.jpg

0290004266.jpg

右が番匠川である
0290004267.jpg

0290004268.jpg

0290004269.jpg

0290004270.jpg

0290004271.jpg

0290004272.jpg

0290004273.jpg

0290004274.jpg

0290004275.jpg

0290004276.jpg

0290004277.jpg

多分ここも今は増水している事だろう





道の駅きたうら




臨海パークでの空撮を終えて 下阿蘇ビーチの道の駅「きたうら」にやって来た
ゴールデンウィーク中には大勢のお客さんでいっぱいだっただろうが今はほとんど人はいない

砂がカメラに入らないように防塵対策済保護ケースのリグをここでは使用する
0290004229.jpg

0290004240.jpg

風が弱かったのでここで1時間ほど風が吹くまで食事をとりながら待った
0290004241.jpg

ここから下の空撮写真はクリックして大きな画像で見られる
0290004242.jpg

鯉のぼりが泳いでいる
0290004243.jpg

0290004244.jpg

0290004245.jpg

0290004246.jpg

0290004247.jpg

0290004248.jpg

0290004249.jpg

0290004250.jpg

0290004251.jpg

0290004252.jpg

0290004253.jpg

0290004254.jpg

0290004255.jpg

0290004256.jpg

0290004257.jpg

0290004258.jpg

海の色のグラデーションが美しい
0290004259.jpg

0290004260.jpg

0290004261.jpg

0290004262.jpg

0290004263.jpg

ここの海岸も美しかった 風も穏やかで波もまったく無かった 空撮だからこそ写せる絶景があった




カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数