いて座の散光星雲




5月20日の午前3時少し前目をさました 夜空を見上げてみる 天頂に天の川がはっきり見える

数時間前の午後10時には曇っていて 風も強く今日は天体写真撮影は無理だなと思い眠りについた
それが嘘のように晴れて風も収まり透明な夜空 最近見たことがない美しい星空だった

いて座のM8とM20散光星雲を撮影する事にした
午前3時 慌てて赤道儀にカメラを取り付ける カメラはEOS6D(HKIR改造済)に
レンズはEF300F4レンズを絞り4.5 ISO感度3200 赤道儀SWAT350 ノータッチガイド
撮影開始時刻は午前3時23分 露出は60秒で撮影開始

30枚くらいは撮影できると予想していたが 午前3時50分には空が少し明るくなり撮影中止
26枚だけをステライメージでコンポジット合成したのが下の写真
M8(干潟星雲)を真ん中にしようと思っていたが 慌てていたので少し画面下に写った
M8の上(北)には三烈星雲M20のピンクと青い星雲が写っている

写真をクリックして拡大できます
0290002828.jpg

枚数は26枚と少ない枚数だが 透明度の良い天気に恵まれ梅雨入り前に
夏の代表の散光星雲を撮影できてラッキーだった
もうしばらくすると梅雨に入るだろう 天体写真は出来なくなる
それにしてもいつの間にか夜明けが早くなっていた




音楽療法




5月21日午後から大分県南部保健所にて難病相談会があった
皆現在の状況を話したのだが食べ物を飲み込みにくいという話をする人が数人いた
自分も食べる時むせる事がある 急いで食べようとするとむせる 昨年肺炎になったが
誤嚥性肺炎だったのかもしれない

口腔機能を向上させるために
認定音楽療法士の井上直子先生の指導であいうべ体操から始まりいろんな歌を皆で歌った
0290002826.jpg

動画で「お口の体操あいうえお」


童謡の「もしもしかめよ」と「浦島太郎」の歌を一行ずつ変えて歌うのは難しい
メロディの音程がつられてしまう 頭の体操でもある これは苦手である




Aさんの天文台へ




僕が立っているここは何処でしょう?
0290002802.jpg

0290002803.jpg

最近FBでお友達になったAさんの天体観測所である
立派な望遠鏡を複数持った凄い人なので使用機材を見せていただきたいと頼んでいた
日曜日早速Aさん方に行ってみた 最高の天気だ

日曜日は素晴らしい天気で自分は3時に目を覚まし空を見ると天の川がくっきり見えた 今朝は雨が降ったようだ
早速夜明け前のいい夜空を見て慌てて赤道儀に300ミリレンズとカメラを載せた
M8M20を撮影したでも3時50分には夜空が
明るくなってわずか25枚くらい(25分間)しか写真が撮れなかった 夜明けが早い
残念! 徹夜で起きておけばよかったが前日の10時頃天気は曇りで風が強くあきらめたのだった
いずれM8M20の写真も掲載する

相当な田舎である Aさん所有のお山の頂上へ急坂なのでAさんの4輪駆動で天文台へ
Aさんが自分で切り開いた道を上り詰めた頂上に観測小屋が見える
0290002812.jpg

両側に屋根が開くスライディングルーフだ
0290002805.jpg

オーナーのAさんである 自分より10歳若い
0290002804.jpg

天体をする人々にとってうらやましいほどの眺望だ 遠くに由布岳鶴見岳が見える
0290002813.jpg

自分が40歳代前半に所有していたタカハシのNJPもある 改造されて自動追尾できる
0290002808.jpg

口径28cm 焦点距離62cm なんと明るさがF2.2なのである 真ん中にカラーCMOSカメラを取り付けている
普通に ここに一眼レフカメラも取り付けられる この明るさなら暗い天体でも数十秒で撮影できる
0290002807.jpg

冷却CMOSカメラで撮影していてこれはモノクロなのでRGBとLでフィルターで使い分けて合成する
0290002809.jpg

一眼レフも勿論取り付けられる
0290002822.jpg

友達に金属加工をしてくれる人がいるそうで サブ望遠鏡のステイなども特注で作ってもらっていた
0290002810.jpg

今惑星撮影に集中しているそうでこの日は火星が最高に良く見えたそうである
バローレンズを取り付けて高倍率で撮影できる 大型赤道儀だから
0290002811.jpg

大きな三脚やピラー脚などどれも桁外れだ
0290002806.jpg

この観測室から真南はスライディングルーフが邪魔になりオメガ星団とか南に低い天体は
撮影できないので外にもピラー脚を設置してあり 必要な時は赤道儀を載せるそうだ
0290002814.jpg

天体導入からカメラのピント合わせから撮影までパソコンで出来るというのが素晴らしい
0290002815.jpg

とにかく天体ファンには素晴らしい場所と機材だった

Aさん方から帰る途中国宝臼杵石仏前の広場から前日作ったばかりの立体凧を揚げてみたが
風がくるくる周っていて全く駄目だった
0290002824.jpg

0290002825.jpg

Aさん有難う 徹夜明けのところをお邪魔しました 昼寝してください
自分はポータブル赤道儀でしばらく頑張ろう 今の自分のシステムでは天体を導入するまで
時間がかかりすぎるのが難点だ 暗いしファインダーでも見えないし でも頑張って星図と見比べて探そう

今はもう無いけど 自分も30年以上前にはこんなスライディングルーフの観測小屋を建てていたんだ
周囲は杉の木なので 少しでも高くと小屋を2階建てにしてブロックを積み上げて望遠鏡を置いた
真ん中のジャンパー姿が若かった頃の自分だ40歳代前半
0290002823.jpg

0290002817.jpg

0290002818.jpg

当時のNJPとMT200とFC76だよ 当時はフィルムで一発勝負 30分以上のガイドも手動で大変だった
若かったからできた

0290002819.jpg

当時スターサークルを作っていた 女性会員が多く毎月の例会や観測会をした
0290002820.jpg




カラフル立体凧を作って見た




昨日は朝少し雨が降っただけで 曇っていた
先日佐伯市のごみぶくろで簡単な立体凧を作ったが 良かったので少し大きく作る事にした
探してみると2か所つないだカーボンパイプがあった
長さは141cmだった これを横骨にする 

縦骨3本は9mm角の細い角材3本を使う 長さは180cmだが これをすべて長さ141cmに短くした
正三角形のボックス凧に翼を取り付けた見た目にも安定したシンプルな形である

翼面は昔買ったカラーポリシートがあったのでこれを使う
全て10mm幅の両面テープで接着 1本10m巻きをすべて使った
ポリシートの縁も全部1cm幅で折って両目テープで止めている
0290002794.jpg

立体凧の三角の一辺の長さは141÷3=47cm 47cmとした
0290002795.jpg

広げると結構大きい 縦横ともに141cm
横骨は両端だけ差し込む方法で固定し 横骨は2本の縦骨には結んでいない
中学時代習ったピタゴラスの定理を思い出すような幾何学的形の凧になった
0290002796.jpg

横骨は外されるので丸めて簡単に持ち運べる
0290002797.jpg

重さは315g 翼面積は1.54㎡ なので翼面荷重は約2となり使いやすい凧となるだろう
0290002798.jpg

とにかく自分はせっかち 晴れてきた 風はものすごく不安定だがすぐ揚げてみたくなる 
0290002799.jpg

0290002800.jpg

風が良ければ安定して高く高くあがるだろう
0290002801.jpg

動画でも撮ってみた 風が不安定である 水田に落とすと大変なので少しだけ揚げてみただけで試験飛行は止めた
凧が頭を下にした場合揚げ糸をさらに伸ばして風任せにすると安定する
今回もくるりと頭が下を向いたが糸を緩め事なきを得た


空撮用凧には力不足だが 持ち運びが便利で 遊ぶのには面白い凧が半日で完成




アサギマダラ




2000kmも海を渡る事で有名な蝶「アサギマダラ」がそろそろ見られるはずだ

秋にもみられる 昨年11月には蒲江の高平キャンプ場で見た ←クリック

佐伯市米水津の空の公園でこのアサギマダラが羽根を休めて遊ぶ姿を見に行く

日時は5月17日の午前8時頃
0290002778.jpg

いるいる
0290002779.jpg

0290002780.jpg

0290002781.jpg

地面の一か所に集まっている 何だろう
0290002782.jpg

0290002783.jpg

0290002784.jpg

0290002785.jpg

0290002786.jpg

0290002787.jpg

0290002788.jpg

0290002789.jpg

0290002790.jpg

0290002791.jpg

0290002792.jpg

南方で生まれ島や岬を北上しこれからも長い旅が続くのだろう
今回マーキングされた蝶はいなかった
0290002793.jpg




カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数