FC2ブログ

バーティノフマスクを更に改良




最近ピント合わせに使うバーティノフマスクを自作してるが 筋がいくつもあるとより光条が大きくなることに気付いた
70-200ズームレンズのフードにぴったり収まる透明バーティノフマスクを作成した
0290003525.jpg

透明アクリル板に細かくカッターナイフで引っ掻いて出来るだけ数多くの線を引いた
線の間隔は滅茶滅茶だがだいたい揃ってればいい
0290003526.jpg

曇っていて星が見えないので1000メートル以上遠方の電灯を撮影してみた液晶モニター
0290003527.jpg

星よりかなり明るい光源だが70ミリでも100ミリでもピントが合うと大きな光条が出る 究極のバーティノフマスクを作れた




紙製バーティノフマスク




透明バーティノフマスクを自作したばかりだが これは直径が小さい
主に使うシグマ望遠ズーム専用の 紙で作った径の大きな自作バーティノフマスクを改良する事にした

透明バーティノフマスクは透明なアクリル板をカッターナイフで線を細かく傷つけて作った
0290003508.jpg

今回この黒い紙のバーティノフマスクでもスリットの数を増やしたら たぶん同様に良いのではと思いついた

透明は関係ないと思った 下はAmazonで売っている市販のバーティノフマスクのカタログページである
2000円くらいから4000円台までいろいろあるが どれもスリットは似たようなものだ
自分は これら既製品より優れたものにしよう
0290003516.jpg

これを見て紙でマスクを作っていたのだが このスリットの数を倍以上にしたら高精度になると考えた
今までボール紙をカッターナイフで切って作ったので工作が難しくあまり細かくするのは紙が厚く大変だった
そこでここを黒い画用紙を使って作れば 画用紙は薄いので工作できると思った
まず今のバーティノフマスクのスリットがある部分を大きく切り取った
0290003517.jpg

黒画用紙なら薄いので1mm幅でカッターで切ることが出来る
今までのは3mm幅だったので3倍の精度になるはずだ
0290003518.jpg

これが画用紙で作ったスリットのたくさんあるマスクである
実はこれは切り抜く作業が大変だった 隣までカッターで切ってしまいそうで 2度とやりたくない
0290003519.jpg

これを前面に貼り付けた 1ミリ間隔なので少し押したらちぎれて壊れそう 取扱に注意がいる
ボール紙ならできないが画用紙で薄いからどうにか工作できたのだ
0290003520.jpg

シグマ望遠ズーム150-600のフードに納める
0290003522.jpg

1等星ベガをいれてカメラ液晶モニターを撮影してみた 600ミリの場合は充分わかる 今までよりずっと解り易い
0290003523.jpg

300ミリでは像はかなり小さくなるが大丈夫だった これでシグマ望遠ズームもピント合わせがスムーズにいきそうだ
紙製だが かなり高精度なバーティノフマスクに改良できたと感じた




透明バーティノフマスク自作




天体写真を撮影する場合難しいのは正確にピントを∞に合わせる事だ
明るい星を中心にいれて液晶モニターの倍率を10倍にして星をシャープに合わせるのだ
星は点像なので あっているかモニターではわかりにくいのだ
レンズの∞マークはまったくずれていて あてにならない事がわかる

ピントを確認する為にバーティノフマスクというレンズフードに取り付けるパーツが販売されている
3方向のスリットがマスクに開いていて 星の光の開設で細長い米マークを液晶モニタで見て合わせる
自分は 金をかけたくないので全部ボール紙でこれを真似して自作したのを使っている

自作なので精度が良くないが 400ミリ以上のレンズだと充分自作のでも使える
300ミリ以下の焦点のレンズではピントが∞に合っているか分かりにくい

最近天体関係のFBで透明なバーティノフマスクを使っている人がいる事を初めて知った
この商品は広角レンズでも光条が大きくなりシャープにピントを決められるらしい

販売しているサイトを探し出したが価格が6000円以上もして自分には手が出ない
透明にするだけで広角レンズでもピントが合うとは考えられないが 薄いアクリル板で自作して実験してみた
0290003507.jpg

その結果 やっぱりこれでは駄目だった

販売しているサイトの商品写真をよく見てみて気が付いた 筋がいくつもある
これだ! と閃いて透明なアクリル板に定規でいくつも線をカッターナイフで傷をつけた
とても疲れた それに線の間隔が揃わないし 定規を動かないよう強く押さえる指が震えだす始末で大変だった
数多くの線があることで光条が解り易くなるのだろうと理解した
0290003506.jpg

それでも何とか頑張って下の写真のような物を作った
0290003508.jpg

左が今回作った透明バーティノフマスクで 右側は今まで使っていた厚紙で作った自作バーティノフマスク 黒く塗っている
0290003509.jpg

レンズフードの中に入れて使う
0290003515.jpg

昨夜上弦の月が輝くなかで ベランダに出して月の傍に見える火星をいれて試験してみた
0290003510.jpg

今までの黒いバーティノフマスクでは105mmの焦点ではピントが確認できない
0290003511.jpg

透明な自作バーティノフマスクではどうにか確認できる事がわかった
0290003512.jpg

恒星ベガで試したら 精密にできていないせいなのだろう このくらいの画像だった でもなんとか分かる
0290003513.jpg

∞遠のマークとくらべるとこれだけずれているのだった カメラはEOS6D レンズは24-105の105mm
0290003514.jpg

贅沢は出来ない身なので 自分はこれで今までよりは良くなったから我慢しよう
お金のある方は やはり販売されている製品を買われた方がいいと思う




輝星の光条




前日 望遠レンズ前に十字線を張って撮影する実験をしたが
昨日は6本の光の筋を出そうと思って 同じくボール紙で丸い枠をつくり針金で3方向に張ってみた
0290003499.jpg

何でも自分は紙か板で工作している
下の写真のAは今回の3方向 Bは一昨日作った十字線 Cは以前から使っているピント調整の紙製マスク
0290003500.jpg

まずBの十字線で撮影したすばるの写真
0290003501.jpg

次にAの3方向に張ったので撮影したすばる
0290003502.jpg

何もない状態のすばるの写真
Aの枠を外した時に カメラ全体が動いてずれてオートガイダー失敗した 枚数は倍くらい多い
0290003504.jpg

自分でもどれがいいか分からないが面白い実験だった
普通の方はどの写真が好みなのだろうか 知りたい




星のクロス


時々星の写真を見ると 星が十字に写っている写真がある
反射望遠鏡などで星を撮影すると斜鏡を支えている金具の回折現象で明るい星がクロスに写る

カメラのフィルターの中には「クロスフィルター」という明るい光の点を十字に輝いて見えるようにするのもある

カメラレンズを絞ると絞り羽根の形で少し輝いたように写る場合もある
自分のカメラレンズの前に十字の線を置けばクロス線が出るという事で

昨日早速作って見た 紙を丸めた輪にテグスを十字に張っただけである
0290003494.jpg

これを自分のシグマ望遠ズーム150-600のフードに被せるだけだ 後方は自作露除けヒータ
0290003495.jpg

これは自作した十字線をフードに取り付けて撮影した昨日の1枚の写真
0290003497.jpg

下は11月6日撮影コンポジットした写真だ
1枚では散開星団とわかるが 画像を多数重ねてコンポジットしてみたいが なかなか周辺の星雲が淡くこれを
出そうと強調して画像を処理して 小さい散開星団が恒星のように写ってしまう
ο星の下にあるのがそうだ クロスフィルター無しの場合
小さなIC348やngc1333は恒星かと間違うように写っている これを防ぐためクロスを付ける事にしたのだ
0290003496.jpg

今回昨夜 もう一度この十字線を張ったのを取り付けてコンポジットしたのが下の写真
恒星だけ十字線が出ていた
0290003498.jpg

クロスの方向は考えずそのまま撮影したので画面としてはおかしいが 恒星と散開星団や星雲の白いガスは
十字が現れず 実験は成功だった

ただ 自分のシグマ望遠ズームは値段も安いレンズで星の描写は良くない点にならずどうしても
星像がおおきくなるので こんなものだ 周辺の散光星雲は大変淡く 自分の簡単な画像処理技術では
描き出せない 難しい これ以上できなくても自分では満足だ

撮影データは 撮影日11月9日20時15分くらいから22時40分まで SWAT-350で撮影M-GEN使用
レンズはシグマ望遠ズームを400ミリにして絞りは開放の6.3 ISO感度3200
3分間露出を58回したのだが 雲がでたりして 使えたのは32枚のみだった


カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

カラスの目

Author:カラスの目
パノラマ写真
立体写真
凧から空撮写真
天体写真
などで遊んでいる大分県在住老人

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
訪問者数